« クリーニングは本当にクレームが多いのか? | トップページ | これは、事故です! »

みんな、逆ですよ。

プロと消費者はいろんな違いがあります。
仕事をする人と依頼する人で立場も違うし、その立場の違いから考え方も全然違ってきます。


また、消費者はその道のプロではないので正しい知識があるわけでもなく、また技術に詳しいわけでもありません。
プロは知識も持ってるので、同じものを見ていても消費者とは違った見方をします。


例えば、消費者はぼやっとしたイメージで話をされることが多いんです。


洗剤を多くすれば、洗浄時間を長くすれば、1日つけおきすれば、と割とパワーで押し切ればいい、みたいな考え方をする傾向があります。
ぼくらは力技でしようとは思わないんです。
なぜなら、適切な処置をしないといくら力をかけても綺麗にならないから。
1日つけおき、なんて考えないししないし。それに意味がないことを知っているんですね。


最近、思うのは消費者とぼくらは逆のことを感じるような気がしています。


とあるクリーニング屋さんの宣伝を見て、クリーニング屋さんが見たら、それは言い過ぎでしょ?と思えるものも、消費者の方が見るといいものに見える、らしい。
ツッコミどころ満点なのに、と思うのですが、そこを見抜けるのはプロとしての知識があるからかなあと思います。


また、たまにご相談があるんですが、聞いてみるとものすごい小さなものを見つけて、おかしくないですか?と言うご相談を受けることがあります。
わからないから不安、と言うこともあるんでしょうけど、そこまで不安に思うことでもないのになあ、と思うようなことも。


逆にこんな事もあるんです。


お預かりして、明らかに衣類が変化していて、しかも事故レベルのものなのに、おかしいとは思っていなかったり。
服の寿命と思ったとか、洗って貰えば直ると思ったとか、いや、ここはとても大きな問題ですよ?と思うことほど、スルーしているような気がしています。


逆なんだよなあ、と思うんだけど、それを相談するところがないから不安になる、わからないから諦めるって事なのかもしれません。


相談できる関係はやはり大事だなあと思いますね。
明日はちょっと関連したお話を。

|

« クリーニングは本当にクレームが多いのか? | トップページ | これは、事故です! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんな、逆ですよ。:

« クリーニングは本当にクレームが多いのか? | トップページ | これは、事故です! »