« 噂の行列の絶えない、乃が美の生食パンを買いに行ってみました。 | トップページ | 水とドライクリーニングの溶剤、傷むのはどっち? »

クリーニングの難しい服。

クリーニング屋をしていて、時に厄介な服がやってくることがあります。

いろんな条件で洗うのが難しいものがあるんです。

 

大抵のものは普通にクリーニング出来ます。

汚れも大抵のものは落ちてしまう。

しかし、中にはこれはどう扱おう?と悩むものも出て来ます。

 

ありがちなのが、薬品の耐性のない服。

このシミ抜き剤を使いたいんだけど、接着剤が使われていて薬品が使えなかったり。

このケースは意外と多くて、安く服を売るために接着剤などを使い簡単に作られたものほど、洗う時、シミを抜く時に障害があります。

 

ちゃんと作っていれば普通に洗えたのに、と言う商品があるんですね。

ファストファッションの多いか?というとそういうわけでもないんですよ。

ファストファッションはシンプルな作りが多い分、実はこちらが悩むようなことは少なくて

逆に、有名なブランドが安く作ろうとすると、シンプルではなく簡易に作ろうとして難しくしているケースが目立ちます。

 

 

洗いだけでなく、仕上げで厄介だな、と感じるものもありますね。

変なシワが入り、アイロンをかけてもシワの取れない服があります。

シワを取るテクニックも色々とあるんですが、それも生地によって出来るものとできないものがあるんですね。

普段より高熱でアイロンを掛けたいんだけど生地の性質上、かけることが出来なくてシワが取れず、どうやってシワを取ろう?と悩んだりします。

 

こうなってくると、常に試行錯誤です。

過去の経験や友達との話など、頭をフル回転させて問題を解決しようとします。

20年もクリーニング屋をやっていて未だに色んな壁にぶつかるんですよね。

まだまだ勉強が必要って事なんだと思います。

 

 

そうそう、もう一つ厄介なものがあって、それが型崩れをした服。

多分、みなさんが思っているのとは少し違うと思うんです。

 

みなさんが思う型崩れって、肩にハンガーの跡が付いたとかそういう話でしょう?

 

ぼくらはそれは型崩れとは思いません。

だって、普通に直るもの。

でも、本当の型崩れは、そもそも服の形を維持できてないんですよ。

 

服って、復元力があって、多少シワが付いたりよじれても、元に戻る力があるんです。

だから、仕上げているとわかるんですよ、ああこの服はまだ全然平気だ、と。

アイロン掛ければ直る、と。

 

でも、本当に型崩れをすると、アイロンを掛けようとしてもそもそもの形が戻らないんですね。

アイロンをかける前に、整形をしてからかけるんですが、そもそも元々の服の形に戻らないんです。

 

原因は色々とありますが、自宅で水で洗っていて、生地の腰が抜けたからだろうな、と思います。

 

生地の腰が抜け、服本来の復元力が失われてしまったんでしょうね。

こうなると、なかなか難しい。

 

なるべく、元の形になるよう、その形を維持できるように、仕上げていくんですが

水ってすごい負荷が掛かるんだよなあと改めて思います。

 

 

そういえば、水の負荷の話を書いた事なかったでしたっけ。

では、明日はその辺りを書いてみようかと思います。

|

« 噂の行列の絶えない、乃が美の生食パンを買いに行ってみました。 | トップページ | 水とドライクリーニングの溶剤、傷むのはどっち? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 噂の行列の絶えない、乃が美の生食パンを買いに行ってみました。 | トップページ | 水とドライクリーニングの溶剤、傷むのはどっち? »