« クリーニングの難しい服。 | トップページ | こんな所にもキャッシュレス。 »

水とドライクリーニングの溶剤、傷むのはどっち?

昨日の話を書いていて、水が服に与える影響の話を書いてなかったな、と思いまして、今日はその話を書いてみることにします。

 

 

水って、ものすごくいいもののように美化されがちですが、実はそうでもないというお話です。

 

服を洗う時に水を使って洗います。

ぼくらはトライクリーニングをするので、ドライクリーニングの溶剤を使って洗います。

この二つの違いは、水か油か、というと違いで、それ以外特に違いはありません。

 

液体に洗剤を溶かし、その中で服を洗い、汚れを落とす。

 

 

この仕組みは水洗いもトライクリーニングも同じです。

よく、ドライクリーニングの溶剤は油を落とすと言いますが、逆にいうと水も水に溶けるものを落としています。

この部分は溶媒として使っているのが水か溶剤かの違いでその溶媒の特性の違いになります。

 

みなさんはドライクリーニングの方が服が傷むと思っているでしょう?

油を取るからパサパサになる、そういう話を聞いたことがある人も多いと思います。

実際、パサパサになるほど油を取る力はなくて、知識のない人が憶測で話を作ったみたいですけどね。

パサパサになんてならないし、トライクリーニングの方が傷まないんですよ。

 

その理由は主に2つあります。

 

 

1つは、服との相性。

先程、水は水に溶けるものを落とすと書きました。

これ、汚れに限らないんですよね。

生地を作った時についてた糊、服を染めた時の染料など、水にとけるものは全部落ちてしまうんです。

ほとんどの服は、水と相性がいいので、いや良すぎるので水の影響がモロに出てしまうんです。

 

汚れは落ちて欲しいけど、落ちて欲しくないものまで落ちてしまう、それが水洗いの現実なんですね。

 

片やドライクリーニングは、水に溶けるものが落ちにくいという性質を持っています。

となると、服の腰の元になっている必要な糊とかが、落ちないで洗うことが出来る。

つまり、洗っても元の形を維持したまま洗える、ってことなんです。

また、水に溶けやすい染料も、ドライクリーニングだと溶け出さないので、安全に色落ちしないで洗えます。

 

実際は、水洗いもドライクリーニングも洗剤を添加したり、糊を添加したりするので、少しマイルドになるんですけどね。

 

水洗いをしてもだらんとまではならなくて、糊を新たにつけるので柔らかくなったかな?と感じる程度に収まることが多いですし、ドライクリーニングも水の溶ける汚れを落とすために洗剤を入れるので少しその分影響は出ます。

 

 

もう1つの理由ですが、実はこちらの理由がドライクリーニングは服が傷みづらい大きな理由になります。

 

 

水とドライクリーニングの溶剤は比重が違うんです。

水の方が重くてドライクリーニングの溶剤方が軽いんですよ。

これは大きな違いなんですね。

 

服を洗うと濡れるじゃないですか。

すると、濡れた分だけ服が重くなる。

その状態で洗うと服にはその重さがずしりと掛かるわけです。

これが服が傷む原因の1つ。

 

できるだけ軽い方が服に対する影響が少なくて済むんですよ。

 

すると、ドライクリーニングの溶剤は、水より軽いので濡れた服の重さも当然変わります。

水に比べて軽くなるのでドライクリーニングで洗うとソフトに洗える、というわけです。

 

ドライクリーニングの溶剤にも種類があって、中には水よりも重いものもあります。

その時は洗浄時間を短くして対応をしています。

今、日本のクリーニング屋さんで使われている溶剤のほとんどが水より軽いものを使っています。

だから、ドライクリーニングでは服が傷みづらいんです。

 

 

水洗い神話みたいなのがありますが、実にナンセンス。

水洗いは手段の1つで、万能ではありません。

水洗いにもデメリットがあって、ドライクリーニングにもデメリットがある。

良いところばかりなわきゃないですよね。

悪いところを補いつつ、汚れを落としていく、これが洗濯やクリーニングの現実だと思いますよ。

水のデメリットはあまり聞きませんが、これを知っていると、服を洗う時にクリーニング屋さんに出そうか、自分で洗おうかの目安の1つになると思います。

 

長く着たい服はクリーニングへ。

 

 

ぼくらかそういう風にいう意味、ご理解いただけたでしょうか?

 

 

|

« クリーニングの難しい服。 | トップページ | こんな所にもキャッシュレス。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリーニングの難しい服。 | トップページ | こんな所にもキャッシュレス。 »