« 洗濯の工程では何をやっているのか? | トップページ | 高齢者が車の運転で気をつけていることとは? »

服が傷むのはなんで?

よく、服が傷む、という言葉を聞きます。

特に、洗う事で、服が傷むと考えている人が結構いらっしゃるイメージです。

 

 

僕も、クリーニング屋さんになる前は同じように思っていました。

他人の手が加わると、何か別のものになってしまう、そんな感覚があったのを覚えています。

特に記憶にあるのが、高校野球のユニフォーム。

最後の試合のユニフォームや帽子を、いつまでたっても洗わないでいたんですが、ある日、両親がもうダメだと洗ったんですよ。

その時に、思い出も何もかもが流れていってしまうようで、怒ったのを覚えています。

 

そのままにして置くと、思い出もへったくれもなく、カビが生えたり悪臭を放っていたと思うんですけどね。

今ならわかるのは、僕がクリーニング屋さんになったからだと思います。

 

思い出とは別に、服が傷むのはどんな原理なんでしょう?

何を傷んでいる、というか?にもよると思うんですが、おそらく傷むというのはこんな感じだと思うんですよね。

 

 

擦り切れる。

ヨレヨレになる。

しわくちゃになる。

型が崩れる。

縮む。

表面の目が詰まる。

色が褪せていく。

 

 

こんな感じですかね。

この中のいくつかは、傷んでるのではなく、縮んでいるのが原因なのですが、おそらく、その区別はついていないのではないか、と推測します。

 

例えば、色があせるとか、ヨレヨレになる主な原因はいくつかあるんです。

 

 

例えば、汗。

汗は、服の色を壊します。

汗の成分の中に色を壊す成分が含まれているので、汗をかいて放置していると、服の色が褪せていく。

 

また、陽の光も色を褪せさせます。

たまにいらっしゃいますが、部屋に服をかける時に、カーテンレールに掛けている人がいて、陽の当たるところだけ色が褪せてしまうケースがあるんですね。

 

 

他にあるのが、着用中の擦れ。

よく手が触るところ、生地と触れるところに起こりやすいです。

 

たとえば、ポケット周辺、お腹周り、襟元、袖先。

黒や紺の色だと、白っぽくなったことがありますよね?

あれは、擦れて色が抜けていくんです。

 

で、ここで思う人もいると思います。

 

擦れて色が落ちるなら、洗ってたらなるんじゃね?と。

 

 

はい、なりますよ。

特に、全自動や二層式はなりやすいです。

その理由は、服同士を擦り合わせて汚れを落とす仕組みだから。

汚れも落ちますが、濃い色の服は色が剥げやすい。

何度か洗っていると、服がヨレヨレになったり、色が薄くなってきたりする経験から、洗うと服が傷む、と思う人が多いんだと思います。

 

 

実際は、洗い方の他にも、服自体の染色の強さ、染色堅牢度というものがあって、色がどのくらい耐えられるか、強いものと弱いものがあります。

弱ければ簡単に色が落ちていきますしね。

 

 

じゃあ、ドラム型は?とドラム型の洗濯機を持っている人は不安に思うはず。

 

ドラム型はですね、汚れを落とす仕組みがちょっと違うんです。

全自動や二層式と違い、ドラム型は、たたき洗いをするんですよ。

洗濯物を縦に回転させることで、上から落下させて、その重みで服を叩いて汚れを落としています。

このやり方は、生地を擦れさせないので、生地が傷みづらい。

 

色もあせにくくなります。

 

このように、どんな機械を使って洗っているか?も服が傷む原因の1つになる、という事を知って置くと、洗う時に工夫ができると思います。

 

色を褪せさせたくない時は、なるべくこすらないようにする、とか。

その方法で有名なのが、桶に水をためての、押し洗い。

最初は、ウールのセーターなどの洗い方で紹介されていましたが、最近はいろんなものを押し洗いするようにそこかしこで書かれていますね。

 

こすらないで洗えるのが利点なんですが、あれ、汚れはそんなに落ちてないですよ?

押し洗いで汚れを落としたい時は、汚れる前に洗わないとダメです。

シーズンオフにやるには、ちょっと心もとないですね。

汚れを残して保管をすると、変色や虫食い、カビの原因になりますから。

 

しまう前に洗ったのに、黄色くなっちゃった、というお話を聞いた時に、どんな洗い方をしました?と聞くと自分で洗った、という人がちらほら、と。

 

 

洗い方は適切に選ぶの基本です。

その服がどのくらい汚れているのか?を考えて、服の特徴を維持した洗い方を選びましょう。

なんでも自分で洗う必要もありません。

クリーニングも併用してくださいね。

|

« 洗濯の工程では何をやっているのか? | トップページ | 高齢者が車の運転で気をつけていることとは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗濯の工程では何をやっているのか? | トップページ | 高齢者が車の運転で気をつけていることとは? »