« その服の汚れは? | トップページ | とある芸能人の、とあるブランド品の、クリーニングトラブルについて。 »

洗いたくないもの。

はっきりと書きますが、取り扱うのが嫌な服ってあります。

また、嫌なメーカーってあります。

 

 

取り扱うのが嫌な服っていわゆる洗うのが困難な服。

洗ったら色が出そうだ、っていうのが一番嫌ですかね。

色が出る、クリーニング屋さんがよく使いますが、洗おうと水や溶剤につけた時に、生地から生地の色が染み出すことを言います。

 

これ、かなり厄介で、服に色が移ったり、他の服を染めてしまったりするんです。

事前に気づけば単品で洗いますが、気付かないと大変なことになってしまいます。

こちらのケースは、どのメーカーというのではなく、服ごとに違う話。

 

 

で、問題はこちらの方で、扱いたくないメーカーというものがあります。

 

 

洗うようにできていなかったり、作りが粗雑だったり。

ちゃんとテストして作ってる?と何度口から出そうになったか。

いや、出しているクリーニング屋さんはたくさんいます。

 

アパレルにはアパレルの考え方があって、それは服のデザインや触感などに集中しています。

その中には、メンテナンスは残念ながらはいりません。

 

 

この風合いが面白いから、とか、このデザインが面白いから、この色が面白いから、という理由で無茶な作りをするメーカーさんってあるんです。

さらに、製品テストをしていなかったりすると、表示通りに洗ったのに大変なことになってしまう、事が起こる。

 

先ほども書きましたが、仮のその服だけおかしくなるならメーカーさんと交渉になるんですよね。

でも、他の服にも影響が出てしまったら、メーカーさん、責任とらないんですよ。

 

洗えると書いてあるから他の服と洗ってるのに、おかしくなるなんて。

クリーニング屋からしたら、本当にありえない。

表示の大切さを理解してないのか?と怒りたくもなります。

 

 

これもね、経験をしていくうちに、事前に予防をするようになり、危ないメーカーさんを頭の中に入れておいて、そのメーカーの服が出たら、別に洗うようにするとか、対策を取るようになったり。

 

 

あ、あと、こんなのも嫌です。

 

偽物が多く出回っているメーカー。

人気な商品に多いのですが、偽物が多く出回っていて、当然僕らクリーニング屋さんにも偽物がやって来ます。

 

偽物でもちゃんと作られていればいいんですけどね、、偽物ほど作りが甘くて洗うと変になるものがある。

 

本物がいかにきちんと作られているか?実感する瞬間でもあるんですが、偽物と本物の区別がつかないほど、リアルに作られているなあと思う瞬間でもあります。

 

 

安心して洗える商品が欲しい、これ、クリーニング屋さんの願いの1つです。

|

« その服の汚れは? | トップページ | とある芸能人の、とあるブランド品の、クリーニングトラブルについて。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その服の汚れは? | トップページ | とある芸能人の、とあるブランド品の、クリーニングトラブルについて。 »