« 仕分ける。 | トップページ | 地震速報に驚きましたね。 »

クリーニングの話をしました。

チョウさん宅の宴会の終わりに、いろんな話をしたのですが、そこでクリーニングの話をしまして。


ワイシャツの話をしたんですよね。


やはり、日常に着ているものだから興味があるらしく、前のめりになって話を聞いてるので、みんな困っているのかな?と思ったりしました。



そもそも、クリーニングに出すほうがいいのか、自宅で洗っていいのか、みんな迷うと思います。

形態安定のシャツも出てますから、アイロン掛けも必要ない、と思ってるんですよね、皆さん。


皆さん、形態安定に期待をしすぎ。


売り始めの頃は、形状記憶シャツとか言って売り出していましたが、今は形態安定に変わってきましたかね。

そりゃそうです、形状を記憶しているわけではないし、永久に続くものではないから。


形態安定のシャツの寿命は、もっても15回くらいの洗濯にしか耐えられないんですよ。

そのあとは、普通のシャツと同様にシワが付いたまんまになるんです。


最初の頃はシワの少ないシャツを着ていたのに、気付かずにそのまま着てて、シワだらけのシャツを着ているサラリーマンの方は沢山いらっしゃいます。



形態安定加工はいずれとれてなくなったしまうのでこれは避けられませんが、少しでも長く効果を持続させるためのやり方は存在します。

その辺の話を少ししてみたり。



あとは、クリーニングをしたほうが得だよって話をしましたかね。

それもいいクリーニング屋さんを抱えたほうがいいよってお話。


いいクリーニング屋さんを知っていて、定期的にきちんとクリーニングをすると、服が長く持ちます。

一年、二年で、買い替えなんてことはなくなるので、服を買う時に高めの服を買うことができる。

それって、カッコ良かったり、体にあったラインで作られていたりするので、疲れにくくなります。


常に買い替えをするよりも断然にコスパがいい。


服の扱いについてはこの20年で変わってしまいました。

買い替えの文化もありだと思うし、クリーニングをしながら長く着用する文化もありです。

今は、長く着る知恵が継承されていないんだな、と思います。

それを知った上で、どちらを選ぶか、考えてもいいのかな、と思いますね。

どちらを選ぶにしても、やり方がある、ということですね。

それを学んでもらいたいなあ。

|

« 仕分ける。 | トップページ | 地震速報に驚きましたね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕分ける。 | トップページ | 地震速報に驚きましたね。 »