« どうやって保管しているの? | トップページ | 外国人の雇用問題。 »

やって見ないとわからないことがあります。

クリーニング屋さんの機械は、基本的に服にダメージを与えないように配慮されて作られています。

しかし、どんなに配慮していても、その規格から外れる商品があるのも事実な訳で

そこを工夫しながら洗うのが僕らクリーニング師の仕事の一つ。


経験から、事前にその規格から外れたものと分かる時があります。

そういう時は、別で洗ったり、機械ではなくハンドアイロンで仕上げたりするんです。



先日、とあるワイシャツをお預かりしました。

事前にご相談がありまして、ボタンが普通のものより厚いので割れるんじゃないか、とのこと。

確かに厚手のボタンは割れる事があるのですが、そんなに頻繁に割れるわけではないので、普通に対応できるんじゃないかな、と考えたんです。



ところが。



お預かりしてみてみると、僕の想像を超えていまして、ちょっと危険。

ボタンが割れる可能性があるなら、と、ハンドアイロンでの手仕上げに変更してお届けしたんです。



ハンドアイロンで手仕上げになると、クリーニング料金もかなり上がります。

日常的なクリーニング料金とは言いづらい料金になってしまうんです。


お客様と相談をしまして、機械で試しに仕上げてもらえないか、と。


ボタンの割れる可能性をお伝えして、予備のボタンをあらかじめたくさんお預かりしておくことで、試してみることに。


そして、機械でプレスをしてみたんですよね。



最初、これはいけるかな?と思ったんです。

でも、よく見ると、ボタンの端っこがかすかに欠けている。


その欠け方がいやらしいんですよね。

全部割れるわけではないんです。

1枚のシャツで、一個か二個、よく見ないとわからないレベルで欠けている。


クリーニングの仕事をしていると、ボタンが割れてしまうことがたまにあるのですが、その時の割れ方とちょっと違うんですよ。

普通は、もっとはっきりと割れるものなんです。

欠けるにしてももう少し厚く欠けるのでパッと見てすぐわかる。


でも、今回のは、じーっと見てみないとわからないほどのかすかな欠け。



もうね、内心、チッキショー!ってな感じです。

やり方を工夫すれば欠けないんじゃないか、向き?位置?何かしらの工夫で完璧に機械仕上げが出来るんじゃないか?

なんなら、最初から上手くやれたんじゃないか?と思うくらい、だったんです。



ボタンは交換をすればいいんですが、手仕上げだと日常的にクリーニングに出すのは難しくなるので、なんとかしたいんですよねえ。



厚手のボタンでも大抵のものは平気なんだけどなあ。

あー、くやしい。



でも、クリーニングの仕事って、こういう試行錯誤が割と多いんですよ。

それは、服がそれぞれ全部違うから。

大まかなくくりでまとめて洗ったりしますが、それに合わない品物もあります。

洗う前に見分けて、適切な洗い方をしないといけないんですが、その目を養うのも、いろんな失敗を繰り返してきて、身につけてきた技術だったりします。


今回も、色々試行錯誤をすることで、また新しい技術を発見できると信じで、もう少し頑張ってみようと思っています。


やって見なければわからない事ってありますからね。

頭使いながら挑戦します。

|

« どうやって保管しているの? | トップページ | 外国人の雇用問題。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうやって保管しているの? | トップページ | 外国人の雇用問題。 »