« 嘘と本当の間。 | トップページ | アイロンを細かく動かす理由。 »

服を傷める方法。

僕らは服のメンテナンスにとても詳しいです。

どうやったら服が傷み、どうやったら服が綺麗になるか?それを知っているのがクリーニング屋さんなんですね。



服を傷めてください。



もし、こう言われたら。

クリーニング屋の僕ならこうします。



まず、洗わない。

洗って汚れを落としてしまうと、服が傷みにくくなります。

だから、洗って汚れを落とすようなことはしません。



そして、連続で着用をする。

なるべく同じ服を着用するように心がけます。

汚れを蓄積させ、着用中の摩擦で服はどんどん傷んでいきます。


季節にもよりますが、数週間も着ていれば汗をたっぷりと吸い込み、臭いも出てくるでしょう。


そして、日に当てる。

カーテンレールなどに服をかけておいて、日光がなるべく当たるようにします。

汗の成分と反応して変色したり脱色をします。

また、生地も脆化と言って、脆くなるので破けやすくなります。


ここまでくれば、裾が切れ始めるかもしれません。

また、襟やポケット周辺、お腹周りは少し変色をし始めているてましょう。

生地によっては毛羽立っていると思います。



ここまでは洗わないで傷める方法。



では、クリーニングで、服を傷めるとしたらどうやるか?



まず、有無を言わさずに、水洗いをします。

これは汚れに関係なく、です。

その理由は、水は服に対して負荷が大きいんですね。

また、ドライクリーニングと違い、服がヨレヨレになりやすいんです。

ソフトに洗わずに、高温のお湯にして、たくさんの服と、結構な長い時間、洗いまくります。

長時間、たくさんの服と洗うと、一度落ちた汚れが服に再度戻ります。

これを逆汚染と言うのですが、その現象を起こすために長時間、洗濯機で洗います。

そして、絶対アイロンで仕上げをしない。


これでヨレヨレの服の出来上がりです。



こんなクリーニングは絶対したくない



ありえないご依頼ですよね、服を傷めてください、なんて。

実際はこんな依頼は来たことありません。

来ても断るでしょうけど、でもね、これって実は綺麗にするための大きなヒントになっているんですよ。



服を傷めないためにはどうすればいいか?



さっきまで書いていたことをやらなければいいんです。

逆の事をすると、綺麗になります。



服はクリーニングして汚れを落とす。

ドライクリーニングの方が服に負荷がかからない。

連続して着用をしない。

保管時は日に当てない。


クリーニングするときは、ドライクリーニングをする。

洗う時間は適切な時間を守り、長く洗い過ぎない。

たくさんの服と一緒に洗わない。

最後、アイロンで整形をする。



これが服を傷めないようにして着る方法。

服がヨレヨレになってしまう、と言う人は、この中のいくつかをやってしまっているんですね。

全部をやるのは難しくても、出来ることから改善をしていくと、服は傷まなくなります。


服が傷むような扱いをしているから。


1年で着れなくなるよりも、2年着れた方が嬉しいじゃないですか。

ぜひ、試してみてくださいね。


|

« 嘘と本当の間。 | トップページ | アイロンを細かく動かす理由。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嘘と本当の間。 | トップページ | アイロンを細かく動かす理由。 »