« エアコンの取り付け。 | トップページ | ファストファッションの功罪。 »

並べて比較しないとわからないもんです。

クリーニングと洗濯は同じでしょ?と言われる事があります。



アイロン掛けないなら家で洗うのとクリーニングするのと変わらないわよね?



そんな話をされる事があるんですが、これの説明って結構大変なんですよね。

というのも、現物があれば見ればわかるんです。


クリーニングをしたもの、家で洗ったもの、両方を並べれば違いは一目瞭然。

でも、これが並べられないと違いがわからなくなります。


洗ってる、という事で綺麗になってると思い込んでいる人は沢山います。

全体的に黒ずんでいても気付けないものなんですよ。

なので、同時に比較をしないとわからない。

クリーニングしたもの、自分で洗ったものを別々に見ると違いに気づける人はそんなに多くはありません。



クリーニングと洗濯は何が違うのか?



よく、洗剤が違うのよ、という人がいますが、それは合っているけど違うんです。

僕らの使っている洗剤を家庭で使っても綺麗にはなりません。

僕らは洗う環境に合わせて洗剤を選んでいます。

高温で洗うのでそれに適した洗剤と言うものがあります。

この洗剤は、温度が高くて初めて洗浄力が発揮されるもの、なので家庭で洗うような温度では洗剤の能力を使い切れません。


またこれもなんども書いてますが、僕らクリーニング屋さんは科学的根拠に基づいて、洗っています。


汚れや繊維の種類などを考慮して、適切に洗う。

その結果は、ただ洗剤を入れて洗濯機に任せて洗う洗濯とはまるで違うものになるのは当たり前の話です。



例えば、アイロンをかけるとか、ノリをつけるとか、そう言うもの1つ1つに意味があります。

それをしないと服にデメリットが起きてしまうんです。

でも、それを知らないから、それらを省こうとします。

それらをしなくても変わらない、と思っている。


でも、アイロンをかけないと服は持たなくなるし、ノリをつけておかないと服は傷み始める。


そういう意味では、クリーニングって、先人の知恵の塊だと思います。



最近は、服は一年二年で着れなくなると思っている人もいるらしいです。

本来、そんな短い間しか着れないようなものではないんですけどね、服って。

そんな不経済なものではないはずなんですよ。


ファストファッションが出てきて、服の価値が一気に下がって、まるで使い捨てのような着方もされていますけど。

その感覚が他の服にまで浸透していってるような気がしています。


服に対する考え方が変わり始めてますよね。

それは年齢を問いません。


テレビや雑誌、ネットもなんとなくそれに加担しているんだろうなあと思います。

みんなそんな風だから、で流されていっちゃうのがこわいなあ。


|

« エアコンの取り付け。 | トップページ | ファストファッションの功罪。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エアコンの取り付け。 | トップページ | ファストファッションの功罪。 »