« 健康診断へ。 | トップページ | 朝ラー、千思萬考さん。 »

職人は当たり前のことは言いません。

これは職人あるある、なのかも知れませんが、職人ってわざわざ言わないんですよね。

だから、同業者で、わざわざ声に出していう人を見ると、本当にそう思ってるのかな?と思ってしまうんです。



丁寧にやっている、お客様のためにやっている、それを言葉にして発信する人たちがいます。

お客様に言うならまだ分かるんですよね。



それをテレビやラジオ、雑誌でいう人がいる。


一応、ちゃんと見るんです。 

本当なのか?ビジネスとしての言葉なのか。



で、あー、やっぱり言葉に出すのはね、と思ってしまうんですね。



クリーニング屋さんって、職人なんですよね。

経営者である人もいるけど、その中に職人としての意識を必ず持っています。

あ、現場でやっている人は、ですよ。

で、現場でやっていれば、各々仕事に対する考え方や矜持みたいなのがあって、根底にはお客様のためにとか、きちんとしたいとか、そんな思いをみんな抱えて仕事をしています。


ちょっとした事なんですよ。



例えば、お客様には多分見えないだろうけど、僕らにはシミが見えたり。

そのままお渡ししても多分問題がないもの、でも、やっぱり気になるから洗い直そうか、とか。


特別な事でもなければ、お客様のために!と大上段を構えて話す程の事でもない。

だから、口に出す必要もないわけで。




出さないからたまに誤解を受けるんだけど。



本当のサービスってそんなものだと思うんです。

皆さんに、気づいてください!こんな事しました!って言わなきゃいけないってなんかおかしいんですよ。

だって僕らが必要だと思ってるからやってる事で、言われてやっとることでもないわけですからね。



どうしても派手な人ほど目立ちます。

私はこんな事をしてる!

皆さんのために!

そういうと、お客さんもそういうものだと思うし。


でもね、自分の事に置き換えて見てください。自分の仕事、家事、アピールしますか?

アピールする時間あるなら他の事をすると思いません?



僕らも同じです。



仲間を見てても、丁寧でいい仕事をする人ほど変なアピールはしない。

逆にアピールする人って、プロから見たら、それは言わなきゃいけないことかな?という事を大げさに話してるケースが多い。



いい仕事をするクリーニング屋さんは沢山いるんですよ。

ただ、話さないだけで。

当たり前のように普通にお預かりし、お返しをしてるけど、その間にものすごい気持ちがこもっているクリーニング屋さんは沢山あります。


そういうクリーニング屋さんにもっと光が当たってくれるといいなあと思います。



|

« 健康診断へ。 | トップページ | 朝ラー、千思萬考さん。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健康診断へ。 | トップページ | 朝ラー、千思萬考さん。 »