« 浸水の被害は大きい。 | トップページ | 消臭剤は汚れを落ちにくくさせる。 »

浸水被害の洗濯物の取り扱いは、洗濯王子をチェック!

1日ごとに台風の被害が報告されています。

長野では千曲川が決壊し、あたり一面浸水の被害が出ていました。


多摩川の下流の方でもありましたしね。


浸水すると家財道具が全てダメになります。

でも、服とか、洗ってみよう、と思う人もいるはず。



いろんな業種の人たちが動き出していますよね。

クリーニング屋さんの中でも動いている人たちがいるようです。



昨日から、洗濯王子こと中村くんが、浸水で汚れた服の取り扱いについて、発信をし始めました。



扱い方、洗い方など事細かく、丁寧に発信をしています。

もちろん、彼一人でやっているのではなくて、彼の周りのクリーニング屋さんの仲間が協力している。



今までも災害が起きても、中々クリーニング屋さんは貢献できることが少なかったんです。


災害の時の衣類の洗い方について、きちんとした知識がなかった、というのもあったと思うんですけどね。

積極的にクリーニング屋さんから発信というものがありませんでした。


今回の洗濯王子の発信はそういう意味でも、とても貴重で大事なもの。

彼も、思考錯誤しながら発信をしています。


普通の泥汚れの想定では対応しきれない、というのとも分かっていて、ならどうやって対処すればいいのか?一生懸命頭を使い、人脈を使い、発信している。



僕も友人の息子さんの浸水した現場に行って、粘土のようなものすごい泥汚れを見て、これは難しいと思いました。

汚れを落とすだけでなく、殺菌、除菌をしなければいけませんしね。

また、洗う時にも注意をしなければいけない。

素手では触れないですしね。



これから色んな情報を集め、クリーニング屋さんの知恵も集め、さらにいい情報として発信していくと思います。



今回の災害で洗濯物の扱いに困ってる人がいたら、洗濯王子、中村くんのツイッター、Facebookをチェックしてみて下さい。



|

« 浸水の被害は大きい。 | トップページ | 消臭剤は汚れを落ちにくくさせる。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浸水の被害は大きい。 | トップページ | 消臭剤は汚れを落ちにくくさせる。 »