« リハビリってスゴイ。 | トップページ | Always-SOBA »

片付けを考える。

そんな年頃なんですかね、親が倒れた、亡くなった、と言う話をよく聞くようになりました。


皆さん、あまり口にしないだけで、色々と苦労されている。

家族の中で1人入院をすれば、いろんな事が起きるわけで。

今までの日常とは全く変わってきます。


また、亡くなられると、その後のことで色々と大変だ、と言うお話もたくさん聞いています。



今は終活だ、といろんな準備をされている人もいると思いますが、それでも残されたものがやる事は沢山あって。



役所の手続きなんかはとても大変。

同じ地域に住んでいればまだいいのですが、離れて暮らしていると半年から一年くらい、手続きの処理のために通わないといけない事もあります。



クリーニング屋さんでも終活をされている方がいらっしゃいまして。

その方の悩みは薬品の処理でした。



自分の代でクリーニング屋をやめる、それは決めているそうです。

で、やめて片付けてからこの世を去るなら問題はないのだけど、もしやめる前に何かあったら、色々と大変だ、と話しているんですよね。


機械類の処理は、まあ解体屋さんに頼めばなんとかなるでしょう。

でも、洗剤や染み抜き剤などの薬品は、簡単には捨てられません。


どこが扱ってくれるのか?お子さん達には全くわからないだろう、と考えているようです。


似たような話はお客さんからも聞いていて、農家をやっていたお父さんが亡くなられて、農薬をどうやって捨てればいいのか?わからなかったそうです。


親の終活と共に、僕らの世代は残された物をどう片付けるか?というのも考えていかなきゃいけなくなりそうです。



今までは、継ぐという事が当たり前だったから、捨てるというよりはそのまま引き継ぐだったんでしょうね。

でも、今の時代、継がずに別の事をしている人もたくさんいるわけで。

改めて、捨てる、処分する、という事を真剣に考える時期だと思います。


ゴミも捨てづらくなってますからね。

そんな商売も出てくるかな?

|

« リハビリってスゴイ。 | トップページ | Always-SOBA »

クリーニング」カテゴリの記事

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リハビリってスゴイ。 | トップページ | Always-SOBA »