« タイヤ交換と群馬への旅。 | トップページ | 福永紙工。 »

聖イリナモンテッソーリスクールに通わせるか?で迷ってる人がいたら?

うちは子どもたちが大きくなりましたが、数年前までは幼稚園に通わせていました。

長男から最後の三男まで、実に7年間お世話になっています。


うちがお世話になった幼稚園は、聖イリナモンテッソーリスクール。

僕が子どもの頃は、桜ヶ丘幼稚園と呼ばれていましたっけ。

僕はその頃通っています。



先日、今のイリナにお子さんを通わせている方からこんな話を聞きました。



幼稚園に入園のお問い合わせが来るらしいんだけど、とある質問で難色を示す方が結構いらっしゃる、と。


その内容は、父兄がお手伝いとかをしますか?

と言うもの。


幼稚園に通わせている間に、園の行事などで親が駆り出されるか?そんなことを聞きたいみたいです。

で、なるべくなら駆り出されない幼稚園がいい、と言うことみたいですね。


まあ、なんとなく分かります。

共働きも多いですし、仕事を休むのも難しいでしょうしね。

また、休みだとしても貴重な休みですから、他に用事がたくさんあったりします。

そっちで大変なのに、さらに幼稚園のお手伝いまで出来るかどうか。



参考になるか?分かりませんが、イリナに子供を通わせていた一親の意見として読んでみてください。



イリナは他の幼稚園とは少し違います。

人数が極端に少ないですし、教育も少し違います。

通わせるとすぐにわかるのですが、子どもたちが自発的に考えて、行動するようになるんです。


人数が少ないと、楽しくないのでは?と思う方もいらっしゃるようですが、子どもたちからすれば、大人数でも一緒に遊ぶのは数人の子なので、人数が多い少ないはあまり関係ありません。


友達と仲良く遊ぶときもあるし、もちろん喧嘩をすることもあります。

そのときに、イリナの教育の凄さが見れるんですよ。


きちんと話しをする。


これ、出来るようでなかなか出来ません。

これを丁寧に繰り返し教えていくことで、何をするにも話し合いをし、みんなで協力して物事を出来る子達に育ちます。


で、親ですが

少人数の幼稚園ですから、当然、先生方も少ないわけで

例えば運動会、遠足、イリナ祭りなど親の協力が欠かせません。


ここで1つ誤解をされると困るのですが、親の協力と言っても、少しニュアンスが違うんですね。


園に協力をする、と言うよりも、子どもたちに協力をする、そんなイメージです。


たしかに時間を作って、手伝うのは家族の協力もいるし大変なんですけどね、でも、自分たちのかわいい子どもたちの行事ですよ、子どもたちが喜ぶなら、お父さんもお母さんも頑張っちゃうじゃ無いですか。(笑)


それに、子どもたちの大事な思い出の中に、自分たちも一緒にいて作れるって中々経験出来ることでは無いです。


僕らも子育てが始まったときに、いろんな方に言われました。



子どもと一緒に遊んだり出かけたり、何か出来るのは短いよ、と。

大きくなったら、親なんて振り向きもしないで、遊びに出かけちゃうから、と。

今のうちに、たくさん関わってあげなさいって。



はい、今それを実感しています。



振り返ると、我が家の7年ってものすごく長いんです。

普通の家庭は3年から5年くらい、そのくらいしか子どもに関われません。

あっという間ですよ、本当に。


この時間に、園の行事とはいえ、子どものために関われるなら、僕はいいことじゃ無いのかな、と思います。


子どもに近いところで関われる、イリナの教育は親にとっても嬉しい教育ですよ。



もし、イリナに興味を持ったけど、迷っている方がいらっしゃったら。


そんな時は、遠慮なく、幼稚園に行ってみてください。

イリナにいる子どもたちを見て、先生を見て、こんな風に育てたい!と思えると思います。


かわいくてかわいくて、大事なお子さんのことだから、いろんなことに敏感で慎重になってしまいますが。

みんなが通う大きな幼稚園の方が良さそうに見えるかもしれませんが。


贔屓目に見ても、イリナはいいですよ。


ぜひ、ご検討くださいませ。



ちなみに、今年高校受験のうちの娘、高校を選ぶのに文句垂れてまして、本当に行きたいのはイリナだ!と言うくらいなんです。

卒園して高校生になると言うのに、ですよ。

これを見ても、どれだけ子どもたちにとって素晴らしい教育をしてくれるか、わかってもらえると思います。


そろそろ、園の前にあるもみの木に、デコレーションされる頃かも知れません。

それを見にいくついでに、覗いて見てもいいかもしれませんね。

|

« タイヤ交換と群馬への旅。 | トップページ | 福永紙工。 »

中河原の話」カテゴリの記事

日記・その他」カテゴリの記事

府中の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイヤ交換と群馬への旅。 | トップページ | 福永紙工。 »