« だし道楽の自販機が調布駅前に!! | トップページ | 引き取り忘れはありませんか? »

ニットが窮屈になってしまった!

衣替えの時期になると、色んなクリーニングのご相談があります。

その中で、意外と多いのが、他店でクリーニングしたらこうなっとんたけど、というご相談。


今回お持ちになられたお客様は、他店でクリーニングしたら、ニットのセーターが縮んだ、と言うんですね。

せっかくクリーニングしたのにそれが気に入らない、と。


ニットの縮みって2種類あるんですよ。

防げるものと防げないものがあります。


で、一つ質問をしたんですね。

どのくらい縮みましたか?と。



例えば、大人サイズのものが子どもサイズになったのか、きたらなんとなく窮屈に感じるのか。

これ、全然違うものなんですね。


今回は綿のニットのセーターだったので、子どもサイズまでは縮みません。

なので、窮屈に感じる、と言うものでした。



ニットって、実に不安定な服なんです。

皆さん、着ていて、伸びたことってありますよね?

普通の布と違って、ニットは編まれて作られているので、非常に繊維が動きやすくなっています。

なので、簡単に伸びるんですよ。


先程、縮むのに二種類あると、書きました。

その一つ、防げないもの、と言うのは、実はこれの事で。

着用時に体に合わせて伸びたものが、洗う事で元のサイズに戻る、と言うもの。

ある意味健全な事なんですよね。


これね、戻るって事は、繊維自体が弱ってない証拠でもあるんです。

これが長年の着用で弱っていると、復元力が弱まり、伸びだままだらんとなってままになります。


僕らクリーニング屋さんは、ニットのこの性質を知っているので、仕上げをする時に、多少伸ばしながら仕上げます。

今回のケースだと、他のクリーニング屋さんでは、伸ばして仕上げなかった、もしくは仕上げそのものをしなかったんじゃないかな、と思います。


クリーニングしたからこうなった、というのは原因がはっきりしないとなかなか言えないです。



でも、ひとつだけ、可能性もあります。

高温で乾燥をしてしまうと縮むんですよね。

この場合、子どもサイズまではいかないですが、結構ぎゅっ!と縮むので、仕上げてもなかなか元に戻りません。

この場合は、クリーニング屋さんの工程に問題がある、と言ってもいいと思います。


どちらせによ、クリーニング屋さんにどんな状態か、相談をしてやり直してもらうのがいいですね。

やり直して元に戻るか?戻らなければ何らかの補償をすると思いますし。

原因を探るためにも、一度相談することをお勧めします。



ドライクリーニングをするので、どうしても乾燥工程は必須です。

ここをおろそかにするといけませんからね。


形は同じでも、ニットと普通の生地とは全く性質が違います。

少しきついかな?と思ったら、クリーニング屋さんに相談してみてくださいね。

|

« だし道楽の自販機が調布駅前に!! | トップページ | 引き取り忘れはありませんか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だし道楽の自販機が調布駅前に!! | トップページ | 引き取り忘れはありませんか? »