« 洗えるの? | トップページ | 八王子 竜泉寺の湯。 »

溶ける糸。

昨日の続きのような話。(笑)


お湯で洗うと糸が溶ける、そんなタウンが発売されるんだそうで。



ダウンを廃棄するときに、服を解いて、中のダウンを取り出すのに通常だと7時間もかかるとか。

それを、お湯で洗う事で、糸が溶け、簡単に中のダウンを取り出せるらしいんですね。


羽毛の再利用が出来てエコロジーらしいです。



さて、お湯で洗うと溶ける、と聞くと、またまたクリーニング出来るのかな?と考えてしまいます。(笑)



70度のお湯で溶けるらしいんですよね。

じゃあ、70度まで上げなければ洗えるじゃないか、と思いますよね?

はたしてそうなのかな?


普通に考えれば、70度で完全に溶けて、それまでは緩やかに溶けていくんじゃないか、と思うんですよね。

すると、何度か洗っているうちに強度が弱くなるんじゃないか、と思うんです。


また、家庭での洗濯は水ですが、クリーニング屋さんの水洗いはお湯で洗います。

70度で洗うことは普通はないんですけど、注意表示に気付かないクリーニング屋さんが高温で洗う可能性も出て来そう。



このダウンの洗う限界はどこだろう?


その限界さえ見極められれば、安全に洗う事が出来るはずなんです。

どのくらい市場に投入されるのか、僕らの手元にクリーニングとして出てくるのはいつなのか、とても気になります。



いろんな商品が出てくるので、アンテナを立てて情報を集めておかないといけません。

その集めた情報が活きてくるまで数年かかるんです。

なぜなら、お客さんが買って、クリーニングに出すまでにタイムラグがあるから。

その時に慌てないように、日々情報収集は欠かせません。


|

« 洗えるの? | トップページ | 八王子 竜泉寺の湯。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗えるの? | トップページ | 八王子 竜泉寺の湯。 »