« 年末年始のお休みのご連絡です。 | トップページ | 最後のクリスマスプレゼント。 »

修理が先か、クリーニングが先か。

クリーニングに出すときに、悩むことがあると思うんです。



ズボンの裾がほつれているんだけど、クリーニングをしてからの方がいいのか、クリーニングする前に直した方がいいのか。



直してからならどこへ持っていけばいいのか?



これに悩んでいる人は結構いらっしゃいます。


実はそんなに難しい話ではなんですよ。

考え方はとても簡単。



洗ってから直す、これが正解なんです。



その理由は、服は着ているうちに、体に合わせて歪んでしまっています。

クリーニングや洗濯をすると、生地の復元力で元の形に戻ろうとするんですよね。

歪んだ形の時に修理をしてしまうと、洗って元の形に戻ったときに歪んでしまう可能性があります。


だから、先に洗って、形を元に戻してから修理をすると、その後も歪まずに綺麗な状態を維持できる、と言うわけです。



でも、洗う前に直すか?悩んでいるのにも理由がありますよね?

洗ってるときに、傷やほつれが広がったらどうしよう?と。


大丈夫、もし広がるような傷やほつれなら、クリーニング屋さん、洗う前に仮留めをしますから。

洗っても広がらない最低限の処置をして、クリーニングをします。

そして、洗い終わってから修理に回す。



服の修理はクリーニング屋さんに任せた方が楽ですよ。

修理屋さんと提携をしていたり、自分で直したりするので、安心して任せられます。

何よりも、洗いと修理をセットで出来るってりにかなってるしか、楽ですから。


修理をしなければいけない服があるときは、迷わずにクリーニング屋さんに持ち込んで相談してみてくださいね。

|

« 年末年始のお休みのご連絡です。 | トップページ | 最後のクリスマスプレゼント。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末年始のお休みのご連絡です。 | トップページ | 最後のクリスマスプレゼント。 »