« クリーニングしてあります。 | トップページ | ドライクリーニングのにおいがしちゃダメ! »

イメージを膨らませるために必要な事。

今日は朝からドライクリーニングのカートリッジフィルターの交換をしていました。



ドライクリーニングは、洗浄液をろ過しながら洗います。

そのため、とても大きなカートリッジを付けてあるのですが、これを定期的に交換をする必要があるんです。

洗浄液を管理する、と僕らは言うのですが、この管理をきちんとする事で、きれいに洗うことができます。



今まで、僕が1人で交換をしていました。

洗浄中の汚れや埃などを吸着しているので、ものすごく重いんですよ。

女性にはかなり厳しいんです。

昔でいう、男の仕事って奴ですね。


今回は、初めて交換するところを嫁さんに見せました。

自分で洗っている汚れがどのくらい出ているのか?目で確認です。



いつもドライクリーニングして機械から出てくると、きれいになっているので気付きにくいのですが、洗ってきれいになっているということは、その汚れが洗浄液の中に溶け込んでいる、という事になります。

それを吸着しているカートリッジフィルターを見ると、いかに服が汚れているか?という事を確認することが出来るんです。

普段、目で見ている以上の汚れがある事を確認する事はとても大事なんです。

なぜなら、見えない汚れが沢山あるから。


クリーニングって、見えているものだけ考えていてはダメなんですよ。

どのくらい来たのか?

暑かったのか、寒かったのか、どこへ着ていったのか、などなどいろんな事を想像しながら洗わないといけない。


今年の夏は暑かったからね、と洗い方を変えたりします。

湿度が高かったから、とカビが生えてないか、虫食いはないか、念入りに見たりします。



つまり、想像力が必要って事。



そのために、どのくらい汚れが取れているのか?を把握するのは大事なんですよ。


普段なら、交換中は嫁さんは他の事をしていますが、今回は呼んで交換した際のカートリッジフィルターを見せ、今年の汚れがどんなだったか?考えさせようと思いました。

この経験がいいクリーニングに繋がりますように。




|

« クリーニングしてあります。 | トップページ | ドライクリーニングのにおいがしちゃダメ! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリーニングしてあります。 | トップページ | ドライクリーニングのにおいがしちゃダメ! »