« 電話三昧。 | トップページ | 服を扱う人たちに足りないものは? »

大掃除から見えるもの。

年末最後の日曜日は臨時営業をしています。


営業といっても、大掃除がメインでその後に仕事をする、と言った感じ。

今日も子供達と一緒に掃除をしながら、お客様が来たらお預かりしたりお渡ししたりして、その間色々と大掃除をしていました。



掃除をしていると色んなものが見えてきます。


うちの汚れ方って家ごとに違うと思うんですよ。

で、クリーニングと同じでその汚れにあった落とし方をしないときれいになりません。



単なる埃なのか、油分を含んだ埃なのか、砂が多いのか、全然違いますよね。


うちはクリーニング屋なので、やはりお店の中は埃がどうしても多くなります。

衣類から出る繊維の埃ですから、積もりやすいんです。

また、ドライクリーニングをしている事で、油分を含んだ汚れになり、また鎌倉街道沿いなので、排気ガスなどの汚れも付いています。


つまり、掃除をするときには油を含んだ汚れを落とす必要がある、という事。

壁も床も、機械についているほこりも全部落として行きます。



家の汚れを知るって大事だと思うんですよね。

だってね、それをふくにも付いている、という事なんですよ。



埃は床や壁だけにつくわけではありません。

クローゼットにしまっている衣類にも当然つくわけですね。



ただ仕舞っているだけなのに汚れる、ってこういう事。

何もしてないから、というのは大きな間違いです。

そこで生活をしている事、周辺の環境も影響を与えるので、当然仕舞っている服にも影響があります。


大きな道路沿いなら排気ガスの影響は免れませんし、近くに学校があったり、運動場があったり、河川敷が近ければ土埃がどうしても入ってきます。

そういった事を掃除をしながら、自分のうちの特徴として覚えておくと、服の管理にも活かせると思いますよ。


今はどこのご家庭でも油汚れが多いと思うんですよね。

料理をしているとどうしても油煙が家の中に蔓延しますから。



お店の中の大掃除は終わりました。

生活スペースは今後の事もあるので、お正月休みの間に模様替え含めてやるようかな。

年明け待ち遠しいのは府中市リサイクルプラザの営業日。

年明け早々、ごっそりと捨てることになりそうです。(笑)

|

« 電話三昧。 | トップページ | 服を扱う人たちに足りないものは? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電話三昧。 | トップページ | 服を扱う人たちに足りないものは? »