« それはクリーニング事故です。 | トップページ | 突然ですが、VRゴーグルを買いました。 »

脱水で服は縮みません。

クリーニングや洗濯に関する話はたくさんあります。

最近は、ライフハックの特集とかで、クリーニング屋さんが洗濯の話をする機会が増えているように思います。


さて、先日、テレビを付けていました。

テレビでは、それをやっちゃダメ!という特集を番組でしてまして。

そこに、とあるクリーニング屋さんが出ていました。



家でニットのセーターを洗うときの注意点などを細かく教えています。


その中で、あれ?と思うところがあって。

それは、洗った後の脱水の場面。


ニットのセーターを脱水するのに、脱水時間は短めに、と言うんですね。

で、その理由は、長く脱水すると縮むから、と。


えっ?何言ってんの?


と思ってよく見てると、クリーニング屋さん本人が言ってるんですよ。

今までも似たようなことはあって、間違ってる情報は、えてして番組のナレーションで説明されていました。


クリーニング屋さんは決してそんなこと言ってないのに、勝手にナレーションで違う説明をされる、と言うことが多いんです。


ところが、今回ははっきりとクリーニング屋さんが言っている。


困った人たちだなあ、と思っていたんですよね。


すると、クリーニング屋さんの友達から電話が。



いろんな話の最後に、テレビの話になりまして。

同じ所を指摘するんですよね。(笑)




脱水で縮むとか、ありえない話をしている、と。



僕の周りのまともなクリーニング屋さんは絶対そんな説明をしません。

だって、脱水で服は縮まないもの。

縮む原因が何一つない。


絡むわけでもなし、叩かれるわけでもなし、さらに水も無くなっていくわけです。


脱水してる時、服はどうなっているか?といえば、洗濯機の中の壁に張り付いているんですよ。

遠心力で貼り付いてて動かないんです。

洗いと違って、脱水は高速で回るので、服が踊るようなこともありません。

遠心力で水を絞っているのに、どこをどうすれば縮むことになるのか。


いい加減だなあ、本当に。


テレビ局もちょっと考えればわかる事を、そのまま放送しちゃダメですよね。

いくら本が売れてて、今人気だと言っても、それが正しいとは限らない。



ふと、友達と話してて、正しい情報はお客様が理解してくれない、と言う話になりました。

いくら、正しい情報を伝えても、間違った情報の方が理解されやすいんですよね。


なぜなんだろう?と話してまして。


きっと、洗濯とか服ってよくわからない存在だから、わかりやすい情報の方を信じちゃうんではないか、と。


原因や理由はどうでもいいんです。

答えだけ明示してくれたらわかったような気になってしまう。


でも、自分の仕事で置き換えてみたらわかると思うんですけど、そんな竹で割ったような事ってあんまりないでしょ?

実際は、微妙な塩梅で、ケースバイケースで変化をするのでそれに対応をしている。


これはダメ、あれはダメ、と言うのは簡単だけど、実際はもっと細かい理由でダメと出来るを分けているので、場合によってはダメなものも、やりようによっては出来たりするわけです。


僕らはプロだから、その細かい所もわかるけど!専門でもない人が細かい話はなかなかわからない。

知りたいのは結果だけなんだ、と言うのは、僕もその立場になればよく分かります。


僕は専門外のものは、プロの指示を仰ぐようにしています。

だって、プロ以上に知ってるわけないから。

そのプロよりも知っているなら聞かないでやるし、知らないから頼むんですから。

だから、相談してぷろにまかせてしまいます。


知らないのに下手に知ったかぶると痛い目にあう、というのは今までたくさん経験してきましたからね。


でも、今回のように、プロを名乗る人が間違った話をしてしまうのはねえ、困ったもんで。

テレビに出るクリーニング屋さん、伝えたいことが変わって困る、と聞いてたんですけど、そもそもが間違ってる人まで出てきちゃったらいけませんねえ。

影響力を考えても、正しい情報を伝えて欲しいなあと思います。

|

« それはクリーニング事故です。 | トップページ | 突然ですが、VRゴーグルを買いました。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それはクリーニング事故です。 | トップページ | 突然ですが、VRゴーグルを買いました。 »