« 大掃除、開始っ! | トップページ | 介助の指導。 »

夜空ノムコウ。

大掃除2日目でございます。


昨日、なんとか介護用のベッドが入るスペースを作ったのはいいのですが、その代わり部屋の中は収納から出したもので足の踏む場もありません。

まずはそれらを新たに収納するところから今日はスタート。



いるもの、いらないもの、使えるもの、使えないものと分けていくんですが、どれもこれも微妙なんですよね。


微妙な理由は二つ。



一つは、保存状態があまり良くない事。

埃まみれだったり、汚れていたり。

そのまま使えないので、なんらかの手を加えないといけないものばかりです。



もう一つ微妙な理由があります。

それは古すぎる、という事。

10年以上前のものばかりなんですね、あるものが。

すると、例えばかばーたけこうかんすればつかえると思っても、もうすでに廃盤になっていてカバーが買えなかったりとか。

部品が一つないので、それを取り寄せれば使えると思っていたら、すでに部品もないとか。


どれもこれもそんなのばかり。

まだ使えるんですけどね。

こうして、部品の交換ができなかったり、側を替えられなかったりで、すてなければいけなくなるんだな、と実感。


僕らは諦めも付きますが、果たして両親たちはどう思うのか。

諦めてくれればいいんですけどね。

どうしようもないものは捨てて、なんとか工夫でできるものは工夫して使う事にしました。



片付けていると、色んなものが出てきます。

子供たちのノートだったり、手紙だったり。

中には、とてもセンシティブな内容のものもあったりします。


まあ、そこは大人ですからね。

確認はしますけど、本人には告げず、そっとしておきますけど。



すると今度は、とても古い、茶色くは変色した紙の束が出てきました。

なんだこれ、とめくって見たら、なんと僕が小学生の頃に書いたやつ。

クラス全員で書いたものを文集のようにまとめてあったんですね。


めくっていくと、僕の聞いたものもありました。


内容は、未来の僕の話。

未来の僕はこんな事をしている、というような事を書いてあります。


汚い字でね、書いてあるわけですよ。

自分が書いた字でも、読むのが難しいくらい汚い字。

しかも、漢字が全くない。(笑)

他の子は漢字を書いているのを見ると、漢字の書ける年齢だと思うんですけどね。


僕はこんな事を書いていました。



未来の僕はクリーニング屋さんになっている、と。

洗い場に行ったり、お店で仕上げをしたりとても忙しいです、と。

でも、一番忙しいのは配達。

休めなくて大変で、アルバイトを雇わないといけないかなあと思っているって。



確かにクリーニング屋さんにはなりましたけどね。

現実はなかなか厳しい。

あの頃の未来に果たして僕は立っているのか?

SMAPの曲のような事を考えてしまいました。


忙しいかどうかは別にして、こうしてクリーニング屋さんになっているんだから、夢は叶ったという事でいいんではないかな、と思っています。

あとは、書いてある通り、忙しくしていけば、ね。



せっかくなので、写真に撮って、また仕舞っておくことにしました。

掃除をしているといろいろ出てきますね。(笑)

|

« 大掃除、開始っ! | トップページ | 介助の指導。 »

クリーニング」カテゴリの記事

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大掃除、開始っ! | トップページ | 介助の指導。 »