« 夜空ノムコウ。 | トップページ | やっとゴミが捨てられる! »

介助の指導。

7日までお休みをいただいております。

8日より営業になります。



今日はリハビリ病院に行ってまいりました。

お見舞いではなく、介助の指導を受けるため。

今月末に母の退院が決まったのですが、予想通り自力での歩行はかなり難しいので、家族の介助が必要になります。

リハビリの先生の努力で初期の頃に比べていろいろと体を動かせるようにはなりましたが、やはり介助は必要。


間違ったやり方で怪我をさせたら困るので、先生に適切なやり方を指導してもらいに行ってきたんです。



先生の指導の元やってみるんですが、これがなかなか難しい。

現実にやることはほぼ無いんです。

一番は注意を払うこと、二番は必要に応じて手を貸すこと。

左半身が動かないので、足を置く位置をうまく決めないとバランスが保てないんですね。

ほんのちょっと位置の違いでバランスを崩すので、こちらが注意深く見ておく必要があります。


立つことと座ることはなんとか出来ます。

ただ、バランスを崩すと困るので、いつでも掴めるように手を添えておきます。

介助する人間の体格により、上からがいいのか下からがいいのか、これも実際にやって見ないとわからない。

何度か練習をして自分に合った位置を見つけるわけですね。


で、介助の難しさだなあ、と思ったのは、手を出しすぎるとほんにんのためにならないっ事なんですね。

立つ、座る、これらもこれからの日常のリハビリになります。

退院してしまうと、今までのようなリハビリが出来なくなるので、ともすれば出来るようになった事ができなくなる可能性もある。

そうならないように、日々の行動自体がリハビリになるわけです。



で、ここであまり手を貸しすぎると負荷が掛からなくなるのでリハビリにならなくなってしまう。

かと言って、適切な介助は必要。


こけさせないように、と楽にやらせようとすればするほど本人のためにはならない、という難しい話。

楽と安全はある意味イコールですから、どうしても本人に負荷が掛からなくしてしまう。


そこをぐっと我慢できるか、みたいです。



うちは介助の指導だけですけど、中にはヘルパーの資格を取る人もいますよね。

お客様の中でもいらっしゃったのを思い出しました。

きっと、介護をするにあたり、正しい知識を求めて行き着いた先が資格だったのかな、と今なら思います。


この休みはいろいろと準備で時間が取られます。

明日は、やっとゴミを捨てられる。(笑)

|

« 夜空ノムコウ。 | トップページ | やっとゴミが捨てられる! »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜空ノムコウ。 | トップページ | やっとゴミが捨てられる! »