« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

連休後半はお休みになります。

今年のゴールデンウィーク、どう休むか、ずっと悩んでました。

29日の水曜日はいつもどおりに営業してましたし。


問題は日曜からの後半です。



色々と話をした結果。


3日から6日までお休みをすることにしました。



暦通りですが、お休みになります。

ただ、新型コロナウイルスの問題で、どこに出かけると言うこともありませんので、お問い合わせなどありましたらお電話をいただければ対応をします。



この連休の間にクリーニング に出したいんだけど?



という様なことでしたら、お電話をいただければ対応をしますので、遠慮なくお問い合わせください。



多分、中で掃除したり片付けしたり、お昼寝したりしているはずです。


東京都の感染者数も自粛の効果か、だいぶ減ってきてますね。

もう少しの辛抱、がんばらましょう。

| | コメント (0)

透明シートの別の効果。

色んなお店でコロナ対策をしています。

もう店員さんのマスクは普通になりましたし、スーパーに行けばカゴを消毒している人もいるし。


コンビニに行くと透明のシートを天井から吊り下げてますよね。

クリーニング屋さんでも導入をするところが増えています。



、うちもようやく導入。



必要となるとみんなが一気に買いに行くので、透明のシートが手に入らなかったんです。

どこのホームセンターに行っても売り切れ。

ないからと探し回るわけにもいかないと、途方に暮れていたら、友達が消毒のアルコールと共に送ってくれまして。


本当に助かりました。


やはり、東京は日本の中でもコロナウイルスの影響をモロに受けている地域なんでしょうね。

どこよりも動きが早い。

東京で品不足で見つからないものも地方に行くとまだ買えるから、いざという時には友達に頼ることになります。


本当に助かりました。



さて、天井から吊るした透明シート。

一つ難点が見つかりまして。

今はまだいいけど、もし長引く様なら別の問題が起きるな、と今から怖くて仕方ありません。



店の中が暑いんですよ。

シートがカウンターのところにあるから、熱気が篭るんですね。

他所よりもいち早く夏が来るクリーニング 屋ではあるんですが、これはちょっときつい。

6月もこれをしていなければならないとなったら、熱中症の対策をしなければいけなくなります。



コロナよ、早く終わってくれ。

熱中症で病人が出てしまう。(笑)

| | コメント (0)

不織布のマスクを洗う意味は?

不織布のマスクの洗い方が色んなところで拡散されています。

長野市のファッションケア明和の小池さんが作った動画。

雑誌に載ったり、テレビで報道されたり、ネットではシェアされたり真似する人が続出しています。


それだけマスクの入手が難しくて困っている人がいる、という事なんでしょうね。


さて、たくさんの人が見ると、反対意見の人も当然出てきます。

僕が見た中で反対意見はこんな感じ。



マスクは洗ってはいけない。マスクの効果がなくなるから。


専門家でもないのに勝手にやるな。



そもそもアルコールが手に入らないから出来るわけない。


言いたいことも分からなくはないんですけどね。

面と向かって言われていれば、説明も出来るんですが、何しろネットでのコメントは言いっぱなしだし誰だか分からないし。

説明のしようがないのが難しいところ。


でも、見ている人はいるだろうし、それを見て不安に思う人も出てくるでしょう。


ちょっと説明をしていいですか?(笑)



まず、専門家でもないのに、というご意見、確かに僕らクリーニング 屋は医療関係者ではありません。

しかし、僕らは洗う専門家なんです。

テレビでたくさんの医療関係者が色々と説明をされていますが、洗うということに関しては、残念ながら僕ら異常とは言えません。


界面活性剤で落としているのか、ウイルスそのものを不活化させているのか、消毒、殺菌という曖昧な言葉を使って説明をしているんですが、結構間違っている事があるんです。


ウイルスの知識は医療関係者の方の方が詳しい。

でも、洗うのは僕らの方が詳しい。

今回のマスクの件は、色んな情報を集めて、マスクの衛生環境を守る、という視点で、汚れを落とす、除菌する、というレベルで洗いの専門家であるクリーニング 屋さんが考案したものです。


どうしてこの様な作業を?と言われたら、僕らは全部説明が出来ます。

一つ一つの作業には意味があるし、洗剤ひとつとっても、それを選んでいる理由があるわけです。


テレビで、簡単に石鹸で、とか界面活性剤で、とかいう人がいますが、そんな簡単な話ではなく、洗剤、石鹸も特性が違うので、なんでもいいわけではないんですよ。


洗い方、落とし方、というのは僕らの方が一日の長があると言うことはご理解いただきたいと思います。



マスクの性能が落ちる件、はおっしゃる通り、洗うとマスクの性能が落ちます。

これはマスクがどうやって花粉やウイルスを捕まえているか?という話につながるんですが、簡単に説明をするとですね、そもそもマスクの穴の大きさとウイルスでは大きさがかなり違うんです。

ウイルスはマスクをすり抜けてしまうくらい小さいをですね。

で、それではそれをどうやって捕まえているのか?というと、静電気で捕まえているんですね。


今のマスクには、静電気を貯めておいく機能が備わっているんです。

これを帯電性と言います。

帯電性を生地に付与して、本来通り抜けてしまうウイルスや花粉などをキャッチしている、という訳です。


で、洗うとこの効果が薄まる理由ですが、洗剤って、必ずほんの少しだけ生地に残るんですよね。

で、この洗剤が電気を逃してしまう性質を持っています。

つまり、洗剤が残る事で、帯電性がなくなり、小さいものをキャッチできなくなる、という訳。


では、洗わない方がいいじゃないか、と思うかもしれませんが、違うんですよね。


そもそも、不織布のマスクって使い捨てでしょう?

その理由は、ウイルスや花粉をキャッチすると、帯電性がなくなるからなんですよね。

つまり、普通に使っているだけで、マスクそのものの効果は薄れているんです。


では、なんで不織布のマスクを洗って使うのか?というと、唾や唾液などを飛ばさないため。

唾や唾液は大きいので、帯電性がなくてもマスクで捕らえられます。

効果はあるんですね。


ただ、1日使うと、マスクにはものすごい菌が付いてしまうんですよね。

それを放っておけば、マスクの中で繁殖しかねませんし、それを吸い込んで他の病気を呼ばないとも限らない。

だから、衛生環境を守るために、洗う必要がある訳です。



実は長野の小池さんは、着用したマスクと、洗った後のマスク、この2つを検査に出しているんです。

洗う前と洗った後で、どのくらいの菌が残るのか?



そして出た結果驚くものでした。


洗う前のマスクと洗った後のマスク、その差は20分の1

使ったマスクには20万を超える菌がいて、それを洗うと1万台にまで減るんだそうです。

これは立派な除菌のレベルになってると、太鼓判を押してもらっています。


洗わないで20万の菌を口につける方が不衛生ではないですか?



アルコールが手に入らない、というお言葉。

僕も探しても手に入らないので、その気持ち、よくわかります。

僕らはプロなので、一つ一つの工程を知っていますから、アルコールがなければ他の代用品で、となりますが一般の方にはそれは難しいと思われます。


小池さんの方で新たにアルコールの代替品のやり方をアップされていました。

先週発売の女性セブンに載っていましたか。

そちらに詳しく載っているので見てもらうといいかと思います。


アルコールを最後に吹き掛ければさらに除菌はできると思いますが、洗うだけでも全然違うと思いますよ。



数日前より、所々でマスクが買えた、という話を聞く様になってきました。

ただ、少し高いんですよね。


新型コロナウイルスのための自衛がこの先いつまで続くか?わかりませんけど、色んな知恵と工夫で乗り切っていきたいですね。

僕らもそれに協力したいと思っています。


| | コメント (0)

クリーニングの技術が無くなるかも。

新型コロナウイルスの影響で、たくさんの業種で存続が危ぶまれています。

自粛要請をされているわけですからね、影響をしていてもお客さんは減るわけで。

でも、家賃やリース、従業員の給料など支払いはあるから皆さん不安の中、営業をされているようです。


今、そんな大変な業種を助けよう!という動きがあって。

でも、そのほとんどが飲食店向けのもので。

飲食店以外の業種のこと、みなさん忘れてますか?と言うくらい、話題にも上がりません。



このままで行くと、いろんな業種で倒産が起きると思うんですよね。

特に、零細個人事業主、いわゆる商店の方々もやめてしまう可能性があるわけです。



先日、とある友人と話をしていた時に。



もし、クリーニング屋の多くが倒産をしたら?と言う話になりました。

もし、そんなことが起きたらどうなるのか?


クリーニング業自体は無くならないと思うんですね。

数少なく生き残ったところがクリーニングを受け付けるようになると思うんです。

また、そうなると、大手チェーン店みたいなクリーニング屋さんもできると思いますしね。


でも、おそらく、その時のクリーニングは、今までのクリーニングとは違うものになっていると思うんですよね。


技術系の職種に多いと思うんですが、長い時間をかけて積み上げてきた技術というかノウハウがあって、それを継承しないと途切れてしまう、そんなことが起きてしまいます。



クリーニングにも教科書みたいなものがあって、それに沿ってやればクリーニングは出来るんです。

資本のある会社が、それを元に大手チェーン店を経営する、それはできるとおもいます。


でも、問題はその教科書に載ってない技術は、消えてしまったらもう誰も継承できない、と言うことなんですよ。


クリーニングの技術が消えて亡くなってしまう可能性があるんですね。


元々が開かれた業種ではなく、かつ法律の壁があって新規参入がそもそもしづらい業種なので、既存のクリーニング屋さんの中でしか、技術が継承されてこなかった、と言う経緯もあります。



以前、とある会社で、ウェディングドレスを自前でクリーニングをしようと、ドライクリーニングの機械を買ってやった所があったんですね。

ところが、どう洗っても綺麗にならず、しかもおかしくなってしまって、断念した、と言う話があったんですよ。



クリーニング屋さんは普通に洗っているように見えますが、そこには綺麗にするための、またおかしくならないようにするための、細かいノウハウがあるんです。


もし、クリーニング屋さんの多くが廃業、倒産をしてしまったら。



クリーニングという技術は無くなってしまうかもしれません。



他でも似たような業種はあると思うんですよね。

今やっている人たちがやめてしまったら、その業界は終わり、そんなところもあると思います。



通常、その業界がなくなる理由は、新しい技術が開発されて必要なくなったから、と言うのがあると思います。

でも、今回は違う。

コロナウイルスのせいであり、世界は何も変わっていません。

コロナウイルス収束後も、コロナ以前と同じようにクリーニングも必要になります。



服の技術が上がるわけでもなく、汚れない服が作られるわけでもない。


今持っている服は洗わないといけませんしね。

アパレルの倒産がニュースで流れるのを見ていると、僕らよりも深刻で、秋物とか冬物が生産されるのかな?と思うし。

すると、今持っている服を大事にしなきゃいけなくなりますからね。



クリーニング屋さんが残るために、少しだけ協力してあげてください。

飲食をテイクアウトするように。

いつもなら自分で洗うようなニットをクリーニングに出してあげるだけで、存続できると思います。


ぜひ、クリーニング屋さんを利用してあげてください。

| | コメント (0)

連休はいつもパソコンの修理をしているなあ。

思い起こすとですね、長めの連休に入る前にパソコンの調子が悪くなる傾向があったんですよね。

なので、おやすみの間何をしてるか?と言うと、パソコンの修理をすることが多かったんですね。



昨日からですね、パソコンの調子が悪くて。(笑)

多分、おかしいのに昨日気付いたんでしょうね。

前から怪しいとは思っていたんですが、昨日、DVDを焼いてたんです。

でも、なぜかエラーが出て焼けない。

安いデイズクを買ったので、それが原因かな?と思い、色々と試してみたりしたんですが、効果なし。

配達の時間もあるので、いったん保留して配達に出掛けました。



で、また今朝、いじっていたんですね。


根本的な問題か?とパソコン側を色々と弄り、更新できるものは更新をし、そして焼いてみたんですけど、またダメで。



念のためと、パソコンのパーツを検索し直してみたんですよね。

DVDのドライブ、いつ買ったのかなあ?と。



そうしたらなんと2014年製。

6年も前のモノでした。

しかもこの間、結構使い込んでたんです。

データをメディアに頻繁に移したりしてたので。

あー、こりゃ、寿命だな、と。



この連休はまたパソコンの修理になることが決定しました。(笑)



まあね、修理と言ってもパーツの交換だけですから。

大したことはないんですけどね。

自粛要請で家で大人しくしてるわけですから、色々と弄ろうと思います。



やることができてよかった。(笑)

| | コメント (0)

来週は1週間通常営業しています。

新型コロナウイルスの事ばかりで頭がいっぱいなうちに、なんとゴールデンウィークに突入してしまったようで。

びっくりしましたよ、今日から連休の始まりだと聞いて。


ずっと悩んでいたんですよね。

連休中のお店をどうするか?

開けるのか?休むのか?


東京都からは今日から12連休をして欲しい、みたいなお話も出ていますし。


かと言って、クリーニングはこの時期、衣替えで皆さんが一年で1番多くやってくる時期。

開けておかないと、衣類をたくさん持ってきて、店の前で呆然と立ち尽くしちゃうんじゃないか、と思うと、開けておいたほうがいいかな?とか考えています。


今年のゴールデンウィークは本当に悩ましい。


とりあえず、今の段階で決めたのは、来週水曜日29日は普通に営業をします。

その後は、またここで告知しますね。



来週は1週間通常営業をしますので、冬物をたくさん持ってお越しください。

| | コメント (0)

人を責めるのはやめましょう。

配達の途中にコンビニに寄ります。

飲み物を買ったりトイレを借りたり。

配達のルートの途中に寄りますから、大抵同じコンビニに寄るんですね。


すると、自然と店員さんと仲良くなったりします。(笑)



ただでさえ目立つので、覚えられやすいんでしょうね。(笑)

今日も配達の途中に寄ったんですけどね、店員さんが寂しそうな顔してるんですよね。


どうしたのかなあ?と思ってると話しかけてきてくれまして。

その話がこんなのでした。



コロナ対策でカウンターに透明なシートを貼っているし、マスクもしているけど、お釣りを渡すときに露骨に嫌がられる時がある、と。



このご時世なので、仕方ないとは思うんだけど、無言で指を刺してここに置け、と言わんばかりの態度をされると、自分はバイ菌なのか、と悲しくなってくる、と言います。


また、お客様によっては露骨に舌打ちする人や嫌そうな顔をする人もいるんだとか。

衛生に最大限気をつけて、頻繁にアルコール消毒もしているのに、まだ何が足りないのか?と話をしていたんですね。



新型コロナウイルスの影響でみんなが疲れていますね。

マスクをしてない人を見ると避けるようになったり、外に人がいると露骨に不機嫌そうな態度を取る人もいたり。


日に日に感染者が増えていって、府中のこのあたりにも感染者が出ていますから、身近な恐怖になっているのかもしれません。


働いてる人たちも同じように怖いんですよね。

舌打ちしたり、起こるお客様は、店員が怪しく映るのかもしれません。

でも、怪しいのはお客様も同じではないのかな?と思うんですよ。


店員さんからすれば、どこからきたかわからない人で、新型コロナウイルスの特徴である無症状の人もいる、と言う事を考えると、お客様が感染者の可能性もあるわけですね。


消毒をしている数で言ったら店員さんの方が圧倒的に多いです。

コーヒー作るときに消毒し、ホットスナックをとるときも消毒をする。


見ているとら僕がコンビニに入ってから出るまでに何度も消毒していたりするわけですね。

お客さん、そこまでしてる人はいないですもんね。



不安なのはわかるんだけど。


注意をするのと、不安で攻撃するのは違うと思うんですよね。

相手だけでなく、自分も感染させる可能性がある。

お互い気をつけましょう、なら分かりますが、一方的にバイキン扱いするのはそれはいくら何でも違うよなあ、と思うんです。



今ね、至る所で自警団みたいな人が出ていてらみんな疲れているんだなあ、と思います。


そとをふよういにであるいているひとがいる、スーパーに子どもを連れてきている人がいる、そんな風に人の行動を見て、寒村を広げているのではないか?と責める人がかなりいるんですよね。


中には、警察や役所に通報する人までいると聞いています。



あのね、やり過ぎ。



皆さん、少し冷静になりましょう。

すればに人がたくさん来ているからよろしくない、本当にそうですか?

きちんと距離を取っていませんか?

距離を取っていても人が集まれば密集しているように見えます。


また、お子さんを連れてきている人を見て、非常識だ、エチケットがなってない、本当にそうですか?

その人に理由があるとは考えられませんか?


お子さんを家に置いておけない家族もいらっしゃいます。

平日は働いてて土日しか買い物に来れない人もいます。


今見たその瞬間を切り取って、勝手に想像を膨らませて、悪い奴らだ!と言うのは本当に正義でしょうか?


もしかしたら、スーパーにいるのはほんの10分くらいかもしれませんよ。

たまたまあなたが見た瞬間が密に見えただけかもしれませんよ?


コロナに負けるな、とたくさんの人がいいますが、こうして人の行動を見て責め立ててるのはすでにコロナに負けてませんかね?


コロナに負けるのは病気にかかることだけではないでしょう?

心が負けて、人を責め立て、普段の生活が送れない方がよほどまかだと思いますけど


新型コロナウイルスが日本に来て、2ヶ月ほど経っています。

その間、テレビで、ニュースで、ワイドショーで、ネットで、新聞で、人との会話で、色んなところでコロナの怖さを聞き、なるべく接触を減らそうと嫌と言うほど聞いてきて、理解してない人がいるでしょうか?


どうしても外に行かなきゃ行けない人もいるし、子供を外に連れ出さなきゃ行けない人もいます。

本当に危ない事をしてる人ってそう言う人たちじゃないですよ。

責める相手を間違えています。



不安に負けないように。

自分も辛い、働いてる人も辛い、みんな辛いんです。

みんなの辛い部分をお互いがフォローし合う事で乗り切れると思いますよ。


責めるのはやめましょう。

いいことなんて一つもありません。


| | コメント (0)

公衆衛生の最後の砦。

週一でネットで会議をしているんですが、昨日がその会議の日。

やはり、コロナの話題で持ちきりでした。


世間では飲食業の悲惨さが多く伝えられていますが、クリーニング屋さんも似たようなもので、どこもひどい状況です。


本来なら衣替えの時期なので、忙しくなってきて、さらに通常のワイシャツなどもあるので、一年で一番クリーニング屋さんに活気のある時期のはずなんですね。

それが冬物も集まり始めてはいるものの、まるで閑散期のよう。

みんな、不安を感じているようでした。



では、いっその事こと、休業をしてしまえばいいじゃないか、と思うかも知れません。

でも、それはやはり出来ないんですよ。

昨日も最後はそこに話が落ち着いたんですけどね、クリーニングの根本の話になりました。



クリーニングは公衆衛生の最後の砦。

みんなの衛生環境を守らないとね。



これ、クリーニングの本来の目的なんです。

今でこそ、風合いとか色合いとか仕上げとか、いろんな話をしていますが、クリーニングが本来行うべきものは、衛生環境を整えることなんですよ。


今の日本を見ていると想像もつきませんが、昔は日本もとても汚くて。

ドブ川はあるし、その辺で立ち小便はするし、お風呂もそんなに入らないし、服も汚かったんですよ。


それを徐々に変えて今のように綺麗な国になってきたんですね。

クリーニングもそれを支えるように発展してきました。


綺麗って当たり前ではなかったんです。


クリーニングの国家試験には、衛生法規という項目があります。

感染症のことなどをしっかりと学ぶんですよ。

そして、それが試験にも出てきます。


当然ですが、感染症にかかると僕らは仕事をする事ができなくなります。

周りに移してはいけないからです。


先程、公衆衛生の最後の砦、と書きましたが、まさに今がその状況で。

どこのクリーニング屋さんも休めない理由があるんです。



この時期に働いている人がいます。

その人たちのワイシャツをクリーニングしなければいけない。


また、病院の白衣やシーツを預かっているところもあります。

うちでも白衣を預かっているので、絶対休めません。



クリーニングの洗い方は、家庭では出来ません。

ドライクリーニングもそうですけど、水洗いも熱をかけてやるので、効果が全然違う。

これは僕らがやらなければいけない事なんですよね。


と、そんな話を会議でしていまして。

みんな、頑張ろうね、という事で話は終わりました。



だんだんと新型コロナウイルスにこうかてきなほうほあごわかってきたようで、やはりクリーニングは効果的みたいですね。

そして、コロナだけでなく、他の感染症などもあるので、洗うのはとても大事です。

今の時期は、他の病気になるのもハイリスクになってしまいますからね。


出来るだけ健康にいられるようにしていきましょう。



| | コメント (0)

ネット会議にも影響か?

もう何年になりますかね?

毎週水曜日の夜はクリーニング屋さんの友達とネット会議をしています。

僕が参加して10年くらい、その前からやってますから20年以上はやってるんじゃないでしょうか。


会議と言っても堅苦しいものではなく。

お酒飲みながら1週間の出来事を話したり、気になったニュースを話したり、時には業界内の出来事を議論したりしています。


今流行りのオンライン飲み会、のはしりみたいなもんですね。




そのネット会議。

先週から少しおかしいんですよね。

どうも繋がりづらくなっている。

繋がって話してても途中でぶつぶつ途切れたり。


何が原因かなあ?と話をしていたら、思い当たる事が。



そう、それこそオンライン飲み会ですよ。



すごい楽しいらしく、何時間も繋げっぱなしで飲み会をするらしいですね。

で、音声だけじゃなく、カメラを繋いで動画を見ながら飲み会をしている、と聞きます。



それ、すごいネットに負担かけてるだろうなあ、と思うんですよね。

流行れば多くの人が同時に使いますから、動作も不安定になる。


今日の会議もみんなが揃うまでに時間が掛かりました。


これもコロナの影響なのかな。

まさかこんな形で影響を受けるとは。



今話してるのは、やはりコロナの話。 

徐々に広まっていくので、地域差がまだあります。

やはり、東京は他の地域に比べて、感染者も多いし対策も早い。

なるべく情報を共有して、これからの変化に対応できるように、と思い話をしています。


ネットも対策を取ってくれると思うんですけどね。

来週は普通に会議ができるといいな。

| | コメント (0)

冬物の服が集まるんですよ。

衣替えが始まってるんですよね。

ここでも何度か書いてきましたけど、寒の戻りが結構あって、日中暑いくらいで、もう冬物はいらないよね?という話をしていたのに、翌日、かなり冷え込んだり。

気温差10度なんて何度来たことか。

これではまだまだ衣替えなんて考えられないよなあ、と思っていたんですよね。



でも、ちゃんと季節は変わってて。

衣替えで冬物の衣類が集まって来てるんですよね。


集配のご依頼もあるので、お伺いすると、冬物のセーターやコート、オーバーのクリーニングのご依頼を受けます。



新型コロナウイルスで自粛モードではありますが。

かと言って、これでこの世が終わりというわけでもなく、必ず次の冬もやってくるわけですね。

すると、今回着ていた冬物のお手入れもちゃんとしておかないと、次の冬に着るときにおかしくなってしまうわけです。


こんな時でも、やる事はやっておかないと。



もし、外に出歩きたくない、のでしたら、遠慮なくお問い合わせください。

引き取りにお伺いします。

応対が不安でしたら、品物をその場で預かって、こちらで検品をして伝票に書いてからご連絡をすることも可能です。

本来なら、お客様の目の前で、確認をして必要な説明をして帰るのですが。


今はいつもと違いますからね。


これを信用取引、と言うんだろうな。

大変なときだからこそ、知恵と工夫で乗り切りましょう。

| | コメント (0)

ふしょくふのマスクにアイロンを勧めない理由。

不織布のマスクがなかなか手に入りにくくなっているので、皆さん自分で洗っているようで。


ネットにも洗い方の動画が複数アップされています。

先日、ここでも長野のファッションケア明和の小池さんの動画のリンクを貼りました。


あの動画、各地のテレビ局で放送されているらしくすごい反響です。

それだけマスクが手に入らず、洗いたい人が多くなっているということなんでしょうね。



あの動画の中でも、マスクにアイロンはかけていません。

不織布のマスクにアイロンはかけないんです。



その理由とは?



それはマスクが溶ける可能性があるから。

不織布とは、ポリプロピレンを使った生地なんです。

ただ、普通の生地のように綺麗に織ってあるのではなくて、絡み合わせて熱や化学的な力で接着をした生地のことを言います。

ガーゼのマスクはよくみると縦横きれいな目をしていますが、不織布のマスクにはそれがありません。

一枚のシートのようになっています。


ポリプロピレンという繊維が元々耐熱温度が低いのもありますし、接着で使われているものが弱い事もあります。

低温のアイロンをかけられるものもあるらしいですが、やはり溶けてしまう不織布のマスクもあるようです。


アイロンかけられるか?試してみるのもいいですが、熱以外に消毒が出来るので、溶けるかもしれないけど、とチャレンジを無理してする事もないと思います。



布のマスクはアイロンをかけられますからね。

お間違い無く。



いろんな人が知恵を絞ってコロナに立ち向かっています。

まだまだわからない事だらけですけど、その中でプロが各々の知識をフルに活用しながら対処法も出てきてますね。

もう少しの辛抱かな。

| | コメント (0)

仕入れから料理へ。

不要不急なお出掛けはやめてください。

と言われて気を遣ってはいるものの、必要な買い出しはしにいかなければならないわけで。


どこも同じだと思うのですが、育ち盛りの子供が四六時中家にいれば食料がどんどんなくなっていくわけですね。



と言う事で、朝早くから市場に買い出しへ行ってきました。

ここ最近の買い物は短時間勝負!です。


なるべく悩まず、必要なものを買ってお会計を。

食べ物と、紙類の購入をしてきました。


来るたびになくなるものが変わってくるんですよね。

前回はトイレットペーパー、ティッシュペーパーがなくなっていましたが、今回は手袋が少なくなっていました。

あと、テイクアウト用の容器も。

相変わらず、アルコール類、ハンドソープの類はほぼ品切れです。


この棚が満たされる日は来るんだろうか?

ふと、そんなことを考えてしまいます。



時間ができたので、今回は色々と仕込もうかな、と。

昨年、低温調理機を買ったので、それを使って何か作ろうと画策しています。


美味しいものができるといいなあ。

今、料理をしている男性が増えているらしいですね。

流行りに乗ってみましょうか。(笑)

| | コメント (0)

クリーニング、気にしないでどんどんご利用ください。

新型コロナウイルスの件で、クリーニング屋さんがメディアに出ていました。

発端は、Twitterのとあるアカウントだと思うんです。



頼むからクリーニングに持ってこないで!



ということを呟いているアカウント。

見てると、従業員の方みたいですね。

日々、コロナウイルスの恐怖と闘っている、今クリーニングをする必要なんてない、と書いています。



新型コロナウイルスに関して、わかっていることがとてもすくないです。

だから、怖い、というのもわからなくもない。

僕らも毎日、新型コロナウイルスについて調べてますからね。



服にどれくらい残存するのか?

その期間は?

気になることはたくさんあります。


また、ウイルスが感染しなくなる不活化の条件に関しては、かなり調べています。


おおよその傾向は掴めていますが、はっきりと言い切るエビデンスは残念ながらまだありません。


少ない情報の中からも、やはりクリーニング洗剤で洗う事、ドライクリーニングの油脂溶解力などは効果がある可能性は出てきました。


他の商売が休業要請をされているのにクリーニングは営業をしてもいい、と言われているのも、公衆衛生を守る社会的な意味があるからだと思っています。


実際にはテレワークも進み、クリーニングをする品物も減ってきています。

しかし、働いている人がいて、クリーニングを必要としている人がいる。

ワイシャツもクリーニングをしなければいけませんし、スーツもクリーニングが必要です。

また、病院の白衣もクリーニングをしなければいけません。


クリーニング屋さんから今言いたいことがあるとするなら、安心してクリーニングにお持ちください、と言う事。



変に気を使われて利用されない方が困ってしまいます。



これは今頑張って営業されている飲食業の方も同じですね。



営業していますから、普通にご利用ください。


| | コメント (0)

使い捨てカーテン。

クリーニング屋さんは普通に営業をしています。

うちも今までと変わらず、同じように営業中。

働いている人もいるので、クリーニングは必要なんですよね。


とくに、病院の白衣やシーツのクリーニングは、新型コロナウィルスとは関係なしに、衛生を保たなければなりませんから、クリーニングは休めないんです。



実は病院の中のもので、クリーニングの必要なものがあります。



それは、カーテン。


年に何度も洗うわけではありませんが、定期的に衛生を保つためにクリーニングに出されます。

そりゃそうです、カーテンが汚れてないわけがない。

仕切りに使うと言う事は、そこに菌やウイルスが付着する、と言う事。

洗わなきゃ衛生的に問題が出てきてしまいます。



昨日、面白い記事を見つけました。



医療用に使い捨てのカーテンを開発、と。



不織布のマスクのように、頻繁に交換できるように使い捨てのカーテンを開発したらしいんですね。

使い捨てですから、値段も安く設定をして。

善の交換をしていると大変なので、下半分の交換にするとか工夫をされているようです。


さらに、施設のカーテンは防炎加工といって、燃えにくくなるような加工がされていないとダメなんですが、それもきちんとされている、と言う事。


色々工夫されているなあ、と感じました。



クリーニングをするよりも頻繁に変えることでコストは掛かってしまいますが、その都度こうかんとこんごえると確かに衛生的だと思います。



今後、これが主流になるのか?

気になりますね。



新型コロナウィルスの出現で色々な工夫が生まれていると思います。

新しい価値観が生まれるかもしれませんね。

| | コメント (0)

マスクの行方。

夕方、外に出たんです。

久しぶりに接骨院へ治療に行こうと思って。

で、その前に、とコンビニに寄ったんですよね。


レジでコーヒーを買っていたら、店員さんが裏から出てきて、カウンターに体温計を置いたんです。



体温計も売ってるんだなあ。



そう思った瞬間、あれ?体温計もいま品不足だって言ってたよな?と。

もしかして、マスクも並べるのかもしれない。



そう思ったので、コンビニの駐車場で、コーヒー飲みながら中の様子を見ていました。


5分後。



店員さんが歩いてきたなあと思っていたら、さっとマスク売り場にマスクを置いて行ったんです。



一つだけ。



どうやら入荷したのはのその一つだけだったみたい。

普通に歩いてて、まさか何か持っているようには見えなかったんですけど、一つしか持ってなければそう見えますよね。

逆に言えば、コンビニですらマスクの入荷は難しい、という事。



で、ぼくはどうしたか?というとですね、その場でじっと観察していたんです。(笑)



いったいどのくらいで売れるんだろう?と。

お客さんはひっきりなしに入ってきます。

入り口から入り、皆さん、一度左に折れるんですよね。

雑誌のあるコーナーの方に曲がっていきます。

目の前にマスクが売っているんですが、誰も気づかない。

見る人もいません。


5分、10分経っても、誰も気づかず。

マスクが必要ないのか、マスクが売っているとは思っていないのか。


その間、友達から電話が来て話をしながら、マスクを観察。(笑)


そして、とうとう、マスクに気付く人が。



その人は、一度素通りしていったんです。

で、レジで買い物を済ませ、外に出ようとした時に、振り向いてマスク売り場を見たんですね。


で、外に出ようとして、驚いて二度見をしてました。(笑)



ま、まさかマスクがあるなんて!


そんな感じ。


で、踵を返してマスク売り場に行き、マスクを手にとり、本当に売ってる?本物?みたいな感じでしばらく手に取っていたんですが、購入されていきました。



マスク、無事完売。(笑)



皆さん、マスクはもう売ってない、と思い込んでるんでしょうね。

だから、見もしないし、確認もしない。

でも、案外売っていたりするんだなあと今回思いました。



圧倒的に量は少ないですが。



普通に買えるようになるのはいつなのかなあ。

まだまだマスクの品不足は続きそうです。


| | コメント (0)

免許の更新が延期になります。

免許の更新をどうしよう?と先日書いたら、試験場の業務そのものが休止となってしまいました。



あまりにも早い展開。

なる可能性はあるだろうなあ、とは思っていたものの、まさかすぐこうなるとは。



という事で、僕のように近々に更新の手続きの必要な人は、延長を申し込む事で、更新が先に伸びるようです。

有効期間の延長と言うらしいです。



詳しくは後日通知が来るらしいです。

警視庁のホームページにも詳細が載っています。


免許の更新のある方、更新ではなく延期なので気をつけてくださいね。

| | コメント (0)

石鹸はクセがあります。

マスクの洗い方で検索をすると、いろんなやり方が出てきます。

洗浄や消毒は、いろんなやり方があるので、これが正解!というのは少し無理があって。

アプローチの仕方が違うので、手順や使うものに差があったりします。



ただ、基本的な考え方は同じで、汚れを落とす、消毒をする、この手順は変わらないわけですね。


汚れを落とす部分で、石鹸を推奨するやり方を見ることがよくあります。

石鹸は体に優しい、自然由来のもの、エコ、いろんないいイメージがあると思うんですね。

一見、良さそうな石鹸ですが、石鹸って結構クセが強い洗剤なんですよね。


例えば、こんな経験をされた方はいませんか?



洗濯石鹸で服を洗ったら、だんだんと黄ばんでしてしまった。



これ、一見、汚れが落ちてないからのように見えるんですけどね、石鹸が原因のこともあるんですよ。


石鹸は、溶けにくいんです。

最近は液体タイプの石鹸もあるんですが、粉や固形のものはとにかく溶けづらい。

この石鹸で洗うと、実はすすぎがものすごく大変で。

濯ぎも工夫をしないと、服に石鹸の成分が残ってしまって黄ばんでしまうんですよね。


たとえば、マスクの洗浄で石鹸を推奨すると、どうなるか?



石鹸の場合は、浸けただけでは汚れが落ちきらないので、擦ったり揉まないと汚れが落ちないんです。

同じ洗剤でも台所用の中性洗剤は油汚れや水に溶けづらい汚れにとても強くて、汚れを自分からキャッチしにいくんですよね。


ところが、石鹸は、なかなかそうはいかなくて。

揉まないと汚れが落ちてくれないんですよ。

そのかわり、揉むと汚れ落ちが良くなります。


ようやく洗った後に、今度は濯ぐんですが、石鹸の成分が残ってしまうので、やはり水につけただけでは石鹸の成分が落ちない。

水を取り替えて、3回は濯がないとダメでしょうね。

出来るなら、洗う時と同じ温度のお湯で濯ぐとさらに良い。

そして、やはり濯ぐ時も少し物理的な力を加える、つまり揉んだりする必要はあると思うんです。



ね、石鹸って結構クセがあるでしょう?



高度経済成長の時に、なんで合成洗剤が流行ったのか?



それは使いやすかったからなんですよ。 

水に簡単に溶ける、汚れ落ちがいい、簡単にすすげる。

だから、みんな石鹸から合成洗剤に変わっていったんです。


石鹸はこれとは逆に、水に溶けづらい、簡単に濯げない、と扱いづらかったんですね。



汚れを落とす時に、僕らはその汚れや洗うものに合わせて洗剤を選びます。

石鹸を選ぶこともありますけど、他の洗剤を選ぶこともあります。

適材適所、適した場面が洗剤にもあるんですよね。



石鹸って良さそうなイメージがあるんだけど。

必ずしもそうではない、と言う事は覚えておいていいと思います。

服の洗い方、マスクの洗い方、いろんなのがありますが、そこには必ずそれを使う理由があります。

合理的な化学的な理由です。

たまにスピリチュアルな、気持ちの持ちようで変わるかのような説明をする人がいますけど、僕らからするととても怪しいですね。(笑)

念を込めてきれいになるなら、僕はずっと念を飛ばしますよ。(笑)


大事にしたい気持ちは大切に、でも、やるときは化学的に、です。


| | コメント (0)

洗って色が出る製品はおかしいんです。

またまた寒くなってきていますが、一応衣替えの時期に入ってきています。(笑)


この時期になると、クリーニングに出す人もいれば、自分で洗う人もいると思うんですね。

その際に、ネットの情報を調べることもあると思います。


先日、たまたま見つけたものに軽い目眩を感じまして。

おいおい、それは無いでしょ?というものがあったんです。


内容はこんな感じ。



ニットを製造販売している方なんですが、大きなメーカーではなく、どうも個人でやられている様子。

染めとか編みとかこだわりがあるようです。


その中で、やはり衣替えの時期ですから、洗濯の方法が書いてありました。


手順はそんなに違和感はなかったのですが、文中に、親?と思う箇所を見つけてしまいまして。

それがこんな事なんですね。



当店のニットは色が良くなるように2度染めをしているため、このように洗濯をすると、色が出ます。

生地に乗らない染料があるからです。

いい品物ほど、出てしまいます。



えっ?

ええっ?

それはおかしいですよ?

それは明らかに製品不良。

そんな事はあってはいけないんです。


ここでは何度も書いてますが、服の基本的な性能として、着ることができて、洗うことが出来ないとダメなんです。


洗える、という事は、洗っても変化がない、色が出ない、という事。

つまり、この方が仰っているような事は起きてはいけないんですね。


実は昔からこういう事はあって、アパレルでは事故事例集に載るほど有名な話なんです。

生地に過剰に染料をのせてしまうのが原因で、販売する前に洗って余分な染料を落とさないといけない。


作る側は、良い色を出したくて、生地に載る以上の染料を使ってしまう事はたまに有ります。

でも、そのままにしておくと、洗った時に余分な色が出て、他に滲んだり、最悪一緒に洗ったものを染めてしまいます。


これを良い製品の特徴みたいな言い方をするなんて、有り得ません。



服を作る人が増えるのは良い事だと思います。

ネットでも販売できるようになったし、今まで以上に個性的なものも出てくるでしょう。


でもね。


製品として世に出すなら、最低限守らなきゃいけない事ってあるんです。

いつの頃からか、こういう製品が本当に増えてしまいました。

大手の製品でもたまに起こりますからね。


洗っておかしくなる服って、消費者から見れば、長持ちしない服、悪い服なんです。

服が長持ちしないと思えば、誰が良い服を買おうと思うでしょう?

一年でダメになるなら、安いので良い、となると思いませんか?


アパレルが本気を出せば、きちんとした製品を作れるはずなんです。

だって、ものすごい年数をかけて、たくさんの服を作ってきて、経験を積んでいるんですから。

今までに数え切れないほど問題のある服がありました。

アパレルもそれを認識しています。

それを糧にいい商品を作ることが出来るはずなんですよ。


服を作る側に、洗濯やクリーニングのことを視野に入れる風潮が出てくれば、個人で制作するものにも変化が起きると思っています。


色が出るのが当たり前、そんな話はしてちゃいけません。



先ほどのニット製品を買ったお客様が、他に色移りすることなく無事に洗えるといいなあと願っています。

最悪、1枚で洗えば、他に被害は出ないですしね

こういうのを見ると、悲しくなりますね。

| | コメント (0)

免許証の更新。

免許証の更新の通知が来ました。


車の免許証です。

なんとかこの5年、乗り切りまして今回もゴールド免許。

試験場に行く機会がどんどん減っていきます。(笑)



さて、適当な所で更新してくればいいんですけどね、普段なら。

今は状況が状況なので、いつ更新しよう?どこで更新しよう?と色々と頭を悩ますわけで。



ゴールド免許なので、更新できる場所が複数あります。

府中試験場、最寄りの警察署、東京都以外でも更新できるみたいです。


ゴールド免許だとおそらく更新の際に受けるものも少なくなると思うのですが、それでも交付されるまで時間がかかると思うんですよね。

さらに、たくさんの人がやって来るわけで。

確か誕生日のひと月後まで平気なはず。

それならば、ギリギリまで遅らせる方が安心なのか?とおもうんですが、じぶんが感染しない保証もありません。

もし、ギリギリまで待って換算してしまったら。


免許を失効してしまうかもしれませんよね。




さあ、どうしよう?

いっその事、東京から離れて、比較的少ない地方の試験場で更新してこようかな?



配達で府中試験場の前は通るので、しばらく様子を見てこようと思います。

人の集まり方次第で決めようかな。


車の免許はまだ必要ですからね。

次の更新はわからないな。

子供たちがクリーニング屋をやってたら、配達とか子供たちがやっているかもしれないし。


噂では、高齢者の技能講習がなかなか予約が取れなくて大変になっている、と。

それによって失効する人も出て来るのかもしれません。



通常なら問題のないものも、今は早いうちに調べたり動いたりしないと、困る事も出てきそうですね。



やはり、早いうちに更新しておこうかな。

心配だし。

| | コメント (0)

日向夏。

毎年、この時期になると宮崎の友達から日向夏が送られてきます。

もう何年になりますかね?

知り合って友達になってからほぼ毎年。

結婚する前からだから25年は経つのかな。

長いお付き合いです。



昨年、奥様を亡くされまして。

急な事だったので、僕らも驚いたし、何より友達の落ち込みようにどうしたらいいか?分かりませんでした。


走るのが大好きな人でして。

たまに電話をすると、今度はどんな大会があるとか、いろんな話を聞かせてくれます。


すごいんですよ、四万十100キロマラソンとか走っちゃうんです。



昨年の出来事から、元気かな?と心配してましたが、送られてきた日向夏と、お礼の電話をした時に、元気そうだったので、ほっと一安心。



宮崎の方も新型コロナウイルスの影響が出ているので、それなりに苦労しているようですが。

でも、元気そうな声が聞けて嬉しいですね。



この時期にビタミンはとても嬉しい。

日向夏、独特な果物です。

美味しくいただきます。

| | コメント (0)

不織布のマスクの洗い方。

マスクがないです。

使い捨てのマスクも中々購入できなくて、とうとう政府から布製のマスクを二枚支給される事となりました。


クリーニングをお持ちになったお客様に、マスクはどうされてますか?と聞くと、皆さん決まってこうおっしゃいます。



新しく買えないから洗って使いまわしている、と。



先日、友達の長野市のファッションケア明和の小池さんが、不織布のマスク(使い捨て)の洗い方の動画を作ってくれたので、ここでご紹介します。



https://youtu.be/eb8DdF0Apno


洗い方はいくつかあるのですが、このやり方はとても理にかなっているのと、最後のノリを使うところがポイントになっています。


ぜひ、参考にしてみてください。



今回のやり方を説明すると、洗剤と漂白剤を入れて汚れを落としています。

洗剤で汚れを落としつつ、漂白剤で殺菌も兼ねています。

強く揉まないのは、表面が毛羽立つのを防ぐため。

そして、濯いで、タオルで乾かした後に、アルコールを吹きかけるのは、念のためもう一度消毒をするため、です。

洗浄で残ってしまうことも考えられるので。

では、最初からアルコールを使えばいい、と思うかもしれませんが、やはり洗って汚れを落としてから消毒をすると効果が全然違います。


そして、ここが今回のキーポイント。

ノリを吹きかける。

これの効果は、着用中に擦れて毛羽立ってしまったマスクの繊維を寝かせる効果があります。

ノリにも種類があるので、動画に映っているニューキーピングのスプレータイプがいいみたいですよ。


洗浄工程にもこうしてすべて意味があります。


皆さん、意識がコロナばかりに行ってしまいがちですが、病気を引き起こすものは他にもあります。

マスクを清潔に保てると、その不安も軽減されると思います。

こんな時ですからね、この情報が必要な人に伝わるといいなと思います。

| | コメント (0)

衣替えをする人はほぼ同じ時期にしますね。

暖冬でさらに早く暖かくなって来たから、一応用心しておいたのですが。

やはりというか、寒の戻りがあるみたいですね。

でも、流石に4月に入ったらもうない、と思っていたのに。



天気予報を見ていたら、4月の中旬は平年よりも寒くなるらしい。



今年は天気に振り回されます。

妙に暖かったり、こうして寒さが戻って来たり。

切るものを選ぶのも難しくなるし、さらに言えば洗うタイミングも分かりづらくなってしまいます。


しかし、すでに冬物のクリーニングは出始めていて。



不要不急の外出を自粛してください、と要請をされているからか、集配でのご依頼が増えています。



確かに、外を出歩くくらいなら、僕らを呼んでもらって、ささっと預かって帰る方がお互い安全ですよね。



冬物を衣替えでクリーニングしたい人って、実は毎年ほぼ決まった時期にクリーニングをご利用されるんですよ。

暖冬だろうが、普通に寒い冬だろうが、ほぼ決まった時期に衣替えをしています。


そしてさらにその人たちに共通していることは。



服の持ちがいい、と言う事。



きちんと時期が来たらクリーニングをするので、長持ちするんですね。

衣替えももしかしたら陽気ではなくて時期で決めているのかもしれません。


4月に入ったらクリーニングに出す、と決めているとか。

どうもそんな印象を受けています。



よく、あまり頻繁にクリーニングをすると服が傷む、と言う方がいますが、頻繁って曖昧な気がしませんか?

毎週を頻繁と言うのか、シーズン毎のクリーニングを頻繁と言うのか。

実際、毎年洗う事を頻繁に洗うと思っている方もいらっしゃるようです。


それは頻繁とは言わないし、そんなに洗わないでいると服が傷む



日本語はむずかしいです。



少なくとも、着なくなって仕舞う時に洗うのは基本ですね。

必要なクリーニングです。



クリーニング屋さんの中には集配サービスをしているところもあります。

今年はぜひ、集配サービスをご活用ください。

| | コメント (0)

とりあえず、通常通り営業します。

とうとう緊急事態宣言が出ましたね。

この所の感染者数の増加を見ても仕方ないのかな、と思います。

薬がなく、はっきりとした事がいまだに分からない以上、最善策は人と接しない事。

とにかく、外出を控え、人と人との接触を減らしましょう、と言うことなんでしょうね。



緊急事態宣言が出されたことにより、休業要請を受ける業種が出そうだと言う事がわかりました。

ニュースを見ていると、いろんな業種が上がっていましたが、生活に必要なものもあるので、国と都で相談するみたいですね。



いろんなところを見て回りましたが、クリーニングの文字がない。

休業要請されるのか、そのまま営業していて構わないのか、わからない。

どこにもクリーニングの文字が出てこないんですね。



アメリカの方でロックダウンされた時は、コインランドリーとクリーニングは営業していた、と聞いています。

まあ、向こうは自宅に洗濯機がないところがたくさんあるので、必要な業種になるんだと思うんですけどね。



日本ではどうなるんでしょう?




とりあえず、配達に回った時にお客様と今後の話を相談してきました。

クリーニング屋さんは病院の白衣などもクリーニングしているので、出来たら営業してほしい、と言われまして。


病院は休めませんからね。

仕事している人がいて、求められてるんですから、必要な仕事、てすよね、ぼくら。(笑)



と言う事で、国と都の判断にもよりますが、通常通り営業をしていくことにしました。


夜間の外出も自粛要請が出ているので、もしかすると何時もより早くお店を閉めるようなこともあるかもしれませんが。

今のところ、通常通り夜10時まで営業します。



クリーニング、お持ちください。

取りにも行きますよ。

仕事してますから、遠慮なく。(笑)

| | コメント (0)

故人を偲ぶ、と言うこと。

仕事をしながら音楽を聴いたりしています。

ラジオも聴くようになりまして。

今はとても便利で、スマホからradikoで聴けるので音もクリア。

しかも、後から聴くことも出来ますから深夜放送などを聴いたりしています。


志村けんさんが亡くなってから。

志村けんさんの話をする芸能人の話を探して聴いていました。

僕らの見ていた志村けんは、表向きの芸人としての顔で、志村けんという人間味のある話は、ゆかりのある人たちがこれから話していくと思ったからなんです。


岡村隆史のオールナイトニッポンを聞きました。

そこでは、やはり志村けんさんに偲んで、岡村隆史さんが志村けんさんとの交流のお話をたくさんしていました。


芸人になってからのお付き合いの話を始め、自分の中にある面白いと言うものは全て志村けんだ、と。

だから、自分の芸をよく見ると、志村けんそのまんまのものがある、と話していました。


岡村さんに多大なる影響を与えていたんだろうなあ、と聴いててよくわかります。


そして、芸人になってからも仲良くしていたんだなあ、と言うのも伝わってきます。

とても嬉しそうに話すんだもの。


大人になるにつれて、いろんな人と関わりを持ちますよね。

で、自分が頑張ってきた、と思っていても、実は助けられてきていることはよくあります。


仕事を教えてくれる人がいたり、大人としての振る舞いを教えてくれる人もいたり、心構えを教えてくれる人がいたり。

これ、当たり前ではないんですね。

僕にいろいろ教えてくれた人たちは、誰にでもそう言うふうにしているか?と言うとそうではない。

いろんな縁があって、その中で僕に教えてくれていたんです。


本当に、縁だと思います。



年に数回、連絡を取ったりしてますけどね。

それでは少ないかなあ?と思ってしまいました。

もっとたくさん話をしたかった、教えて欲しかった、岡村さんの言葉が刺さりますね。


時間が出来たら電話しましょう。

| | コメント (0)

薬局はどこにありますか?

3月の末に、中河原薬局さんが閉店されました。



実は全然気付いてなくて。

ある日、お客様がいらしたときに言われて初めて気付いたんです。



中河原薬局さん、やめるんですか?と。

3月いっぱいらしいですよ、と言う話を聞いて驚いたわけです。



何年か前にご主人が亡くなりまして。

奥さんがやっていたんではないかなあ、と思います。


大きな薬局でお客様によっては、この辺ではあそこにしか置いてない化粧品ももあるのよ、なんて言うお話をする方もいるくらい。


中河原で薬局と言ったら、皆さん中河原薬局という感じだったみたいです。


で。


実は何人もの方が、こんな話をするんですよ。



薬局、どこかにない?と。



実は中河原には薬局がいくつかあります。

何年か前はもっとあったのですが、だんだんと減って行ったんです。

それでも、

中河原薬局以外に二つもあります。


調剤薬局も入れたらもっとありますよ。



でも、みなさん、薬局がどこにあるのか?知らないみたい。


一つは、駅前のライフの建物の中の一階に薬局が入っています。



もう一つは西友の通りを四谷の方に少し行くと、ヴェルパークというドラッグストアが。


もちろん、隣の駅に行けば他にもありますしね。

この辺で住んでいる分には薬局には困らないと思うんですけど、意外にも皆さん、他の薬局を知らなかったようで。



クリーニング屋さんに聞けばどこにあるのか?わかるだろう、と聞きにこられたみたいです。(笑)



クリーニング屋さんは街の情報が集まりますからね。

何かあったら聞きにいらしてください。(笑)



| | コメント (4)

続々とセミナー中止の報が。

イベントが各地で中止されています。


クリーニング屋さんでも、セミナーが次々に中止に。



最初のうちは、みんな様子を見てたんです。

できるんじゃないか?やめておいた方がいいんじゃないか?

そんなふうに悩んでいたところ、どこかが中止を発表すると、それを皮切りに続々と中止が発表されました。



中にはとても大事なセミナーなどもあったりするので、難しい所。



クリーニングの場合、売り上げを上げようとするセミナーから、製品の情報を共有しようとするセミナーがあります。

後者のセミナーは、預かった衣類を安全に取り扱うために必要なものなので、常に勉強をしておかないといけない。


新しい繊維、新しく発見された事実、今多い事故事例、などなど、これから衣替えを迎えるために、勉強しよう、と言う集まりなわけです。


それが中止になる、というのは本当にね、死活問題に繋がりかねません。



今の段階では、完全中止なのか、落ち着いたらやるのか?それも不明。




新型コロナウイルスめ、早く収束してくれ。

徐々に仕事に影響が出始めてきてます。

| | コメント (0)

二件も続けてクリーニング屋さんを襲うなんて。

なんかすごいニュースが飛び込んできましたね。



クリーニング屋さんに強盗が入った、トゥントゥク。




それだけなら今までも何度かあるんですけどね、今回驚いたのは、その強盗、クリーニング屋さんをハシゴしたみたいなんですよ。

続けて、クリーニング屋さんを襲ったみたい。



なんでクリーニング屋さんを襲おうと思ったのか?

現金が置いてあると思ったのかな?

厳しい時は、みんな新品を買うよりも洗うと思ったのかな?

クリーニング屋さんは街中にたくさんあるので、儲かっていると思われたのかな?



どれもこれも、たまに人から言われることがあります。

でも、現実は違いますけどね。



コロナで騒がしい時に、さらに強盗なんて、本当に勘弁してもらいたいです。

| | コメント (0)

業界紙から電話が。

夕方、スマホが鳴りました。

集配のご依頼かな?と思ってると、業界紙の記者さんからの電話。

今の状況を聞きたかったようです。


開口一番、どうですか?と。


やはり、コロナウイルスの騒動で、クリーニング屋さんの景気を心配しているようでした。



実は、コロナウイルスとは関係なく、東京はオリンピック前後にクリーニング屋さんは大変になるぞ、と予想をしていたんです。

それは、テレワークが大々的に始まるから。 

テレワークが始まり、自宅で仕事をするようになると、途端にクリーニングをするものがなくなります。

オリンピックのあたりが頑張りどころだよね、と新聞記者さんに話をしていたんですよね。


だから、今回の騒動に関しても、お互いの話は早いわけです。


少し早いけど、影響が出てきましたから。

ただ、予想と違ったのは、テレワークをしている人だけでなく、また東京だけでなく、全国的に影響が出てしまった、という事。


新聞記者さんも、なんとか明るい材料はないか?いい話はないか?と質問をしてきます。


明るい話、そんな都合のいい話はないんですが、せっかくなので、とあるお店を紹介することに。

クリーニング屋さんにとってもいい情報なので、ぜひ取材してみて下さい、と。



さて、記事になるでしょうか?

次の業界紙、楽しみにしておきましょう。(笑)

| | コメント (0)

あれだけ混んでたラーメン屋さんが。

夜の配達に出たんです。

ここ最近、人の出も多かった、と思ってたのも束の間、小池都知事の会見からがらりと様相が変わってきました。


車は少し増えたかな、とは思うものの、やはり人の出が少ない。



混雑していたラーメン屋さんに寄ってみたんですね。

テイクアウトができる、と書いてあったので、寄ってみました。

すると、ついこの前までお店の前に列ができるほどだったのに、店内、ガラガラ。

炒飯や餃子を頼んで出来るのを待つ間に店員さんに話を聞いてみたんですね。



ここ、すごい混んでたじゃないですか?

いつ頃から空き始めたんですか?



すると、やはり小池さんの会見の後から見たい。

夜の外出をなるべくやめてください、と言うアレです。

お店の人は少し困ったような顔をしてましたけど、これも仕方ないんですよね。

なにしろ、感染者数が日に日に増えているんですから。

2週間前に感染したのが今出ている、と言われると確かに思い当たるんです。

ちょうどお彼岸で、随分人が出ているなあ、と思っていましたから。

それまで自粛していたのに急に人が出始めたのを覚えていて、その結果が今、と言われたら、小池さんの指示に従うしかありませんよね。


どうも飲み屋さんでの感染が増えているようですから。

だから、夜の外出を控えてください、となったんでしょう。


もうしばらく、頑張るしかないですね。



そして。



飲食業ではテイクアウトできるお店が増えてきました。

感染しないように注意を払いながら、できるだけ日常に近い生活をしていきましょう。

| | コメント (0)

泣いて笑って。

志村けんさんが新型コロナウイルスからの肺炎で亡くなりました。

入院してから色んな話が出ていたので、心配をしていましたが、残念ながら帰らぬ人に。


志村けん、我が家は随分お世話になってまして。

うちの子たちは、ドリフターズをよく見ているんですよ。

長女なんて今年、高校受験があったにも関わらず、学校から帰ってきたらずっとAmazonプライムの8時だよ全員集合!を見て大笑いするくらい、大好き。


家族揃って車で遠出する時も、車内ではドリフターズのDVDを流していました。


これを流していると、誰も酔わなくてね。

嘘のように車酔いをする子がいなくなるんです。

その代わり、車内はずーっと大笑いの声が。

そしてひとしきり大笑いすると、笑い疲れて寝てしまいます。


僕が子供の頃の映像ですよ。

それを今見ても笑えるし、今の子たちが見ても大笑いできる。

ドリフターズって凄い人たちだなあと思います。



今日は追悼番組を放送していましたが、今まで見たことのない追悼番組でした。


不思議なんですよね。

大笑いしながら、何故か涙も出てくる。

全部が壮大なコントのようにも見えるし、でも、亡くなったのは本当の事なんだな、と思う。

時折り、他のメンバーもコメントを求められますが、クスッと笑ってしまったり。



志村けんという人が、いかに偉大だったか、これだけを見ていてもわかりますね。



Facebookには、直接なんらかの縁があった人たちが書き込んでいて。

そのどれを見ても、普段からいい人だったんだと人柄が伝わってきます。


新しいお笑いは見れなくなるけれど。

今までの動画は見れますからね。

これからも、大笑いさせてもらおうと思います。


| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »