« 免許証の更新。 | トップページ | 石鹸はクセがあります。 »

洗って色が出る製品はおかしいんです。

またまた寒くなってきていますが、一応衣替えの時期に入ってきています。(笑)


この時期になると、クリーニングに出す人もいれば、自分で洗う人もいると思うんですね。

その際に、ネットの情報を調べることもあると思います。


先日、たまたま見つけたものに軽い目眩を感じまして。

おいおい、それは無いでしょ?というものがあったんです。


内容はこんな感じ。



ニットを製造販売している方なんですが、大きなメーカーではなく、どうも個人でやられている様子。

染めとか編みとかこだわりがあるようです。


その中で、やはり衣替えの時期ですから、洗濯の方法が書いてありました。


手順はそんなに違和感はなかったのですが、文中に、親?と思う箇所を見つけてしまいまして。

それがこんな事なんですね。



当店のニットは色が良くなるように2度染めをしているため、このように洗濯をすると、色が出ます。

生地に乗らない染料があるからです。

いい品物ほど、出てしまいます。



えっ?

ええっ?

それはおかしいですよ?

それは明らかに製品不良。

そんな事はあってはいけないんです。


ここでは何度も書いてますが、服の基本的な性能として、着ることができて、洗うことが出来ないとダメなんです。


洗える、という事は、洗っても変化がない、色が出ない、という事。

つまり、この方が仰っているような事は起きてはいけないんですね。


実は昔からこういう事はあって、アパレルでは事故事例集に載るほど有名な話なんです。

生地に過剰に染料をのせてしまうのが原因で、販売する前に洗って余分な染料を落とさないといけない。


作る側は、良い色を出したくて、生地に載る以上の染料を使ってしまう事はたまに有ります。

でも、そのままにしておくと、洗った時に余分な色が出て、他に滲んだり、最悪一緒に洗ったものを染めてしまいます。


これを良い製品の特徴みたいな言い方をするなんて、有り得ません。



服を作る人が増えるのは良い事だと思います。

ネットでも販売できるようになったし、今まで以上に個性的なものも出てくるでしょう。


でもね。


製品として世に出すなら、最低限守らなきゃいけない事ってあるんです。

いつの頃からか、こういう製品が本当に増えてしまいました。

大手の製品でもたまに起こりますからね。


洗っておかしくなる服って、消費者から見れば、長持ちしない服、悪い服なんです。

服が長持ちしないと思えば、誰が良い服を買おうと思うでしょう?

一年でダメになるなら、安いので良い、となると思いませんか?


アパレルが本気を出せば、きちんとした製品を作れるはずなんです。

だって、ものすごい年数をかけて、たくさんの服を作ってきて、経験を積んでいるんですから。

今までに数え切れないほど問題のある服がありました。

アパレルもそれを認識しています。

それを糧にいい商品を作ることが出来るはずなんですよ。


服を作る側に、洗濯やクリーニングのことを視野に入れる風潮が出てくれば、個人で制作するものにも変化が起きると思っています。


色が出るのが当たり前、そんな話はしてちゃいけません。



先ほどのニット製品を買ったお客様が、他に色移りすることなく無事に洗えるといいなあと願っています。

最悪、1枚で洗えば、他に被害は出ないですしね

こういうのを見ると、悲しくなりますね。

| |

« 免許証の更新。 | トップページ | 石鹸はクセがあります。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 免許証の更新。 | トップページ | 石鹸はクセがあります。 »