« メルカリ、初体験。 | トップページ | クリーニングのイメージが変わるかな? »

シミを落とさなくていい理由は何?

たまに不思議な話をされることがあるんです。



シミ、落とさなくてもいいですから。



クリーニング屋に来て、シミを落とさなくていい、これ結構珍しいと思うんですよね。

ほとんどのお客様は、綺麗にしてください、とおっしゃいます。

でも、中には、洗ってあればいい、シミとは落とさなくていい、という方がいらっしゃるんですよね。



どういう意味でそんな話をしているのか?



そのシミに思い入れがあるのか?

シミを気にするほどその服にこだわりがないから構わないのか。

染み抜きして服が痛むと困ると思っているのか。



ここでクリーニング屋のぼくとしては悩むわけですよ。

クリーニングはサービス業ですからね、人によってはお客様の望みを叶えるのがサービス業、という人がいるくらいで。


その理屈から考えれば、そのお客様の服は洗うだけで良くて無理して汚れを落とさなくてもいいという事になります。


本当にそれで話いいのか?



と頭の中によぎるんです。

それ、プロとしていいのか、と。



洗っても痛まないことをきちんと伝えて、その上で綺麗にしたらどうだろう?と思うんですよね。

たいした服じゃない、と諦めているお客様が、綺麗になった服を見てどう思うのか?

同じようにたいした服ではないと思うのか、こんなに綺麗になったと思うのか。



ぼくは何度も、これでまた着ることができる、という人たちを見て来ました。

その経験から、やはり綺麗にした方がいいよなあ、と思います。



最近ねえ、服を諦めている人が増えているように思うんですよね。

洗ってアイロン掛けたら、また綺麗に着ることができるんですよ。

それを知らない人たちが増えているんでしょうね。


先日の、ズボンのセンターラインの件にしろ、ワイシャツの襟の前処理にしろ。

当たり前のことをやらなくなってから、お客様のクリーニングと言うものが崩壊して来てるんじゃないか、と思えてしまいます。



頑張っているクリーニング屋さんも多いんだけどなあ。

チェーン店にどうしても負けちゃうなあ。

もっともっと、伝えていかないとダメですねえ。

|

« メルカリ、初体験。 | トップページ | クリーニングのイメージが変わるかな? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メルカリ、初体験。 | トップページ | クリーニングのイメージが変わるかな? »