« 自転車が増えました。 | トップページ | パンツの線は別料金??? »

僕の知らないクリーニングの話。

クリーニング屋になって20年以上が経ちます。

早いうちから色々なクリーニング屋さんと出会い、地方にも出かけ、大手のクリーニング屋さんにも友達がいたりしますし、また、いまテレビに出る様なすごい技術を持ったクリーニング屋さんとも友達だったりします。


クリーニングの事なら大抵知っている。



そんな傲りがあったのは間違いありません。

歳を取るとなんでも知っているかの様な錯覚に陥ることはあるんでしょうね。



クリーニング屋さんは、各お店、やり方が違うので、そのお店独自のシステムがあります。

違うといっても、基本的なところは同じですから、最終的になることは同じになる。


でも、最近、僕の知らないクリーニング屋さんの話を聞く様になって正直驚いています。



ワイシャツの襟汚れが落ちない時、僕らならどうするか。



普通は、洗い直しをするんです。

または、染み抜きをするところもあります。

洗う前に前処理と言って、汚れを落としやすい様な処置をしてから洗う事があります。


これ、基本的にワイシャツのクリーニングの代金に含まれています。

そりゃそうですよ、汚れを落とすためにクリーニングをしている訳ですから。

本当に落ちなくて、特別に何かをしなければいけない、というときは有料もあるかもしれませんけど。


ところが。



先日、友達の子からこんな話を聞いたんですよね。



ワイシャツの襟の汚れを落とすのは有料だよ。

前処理?っていうの、あれ、別料金が他のクリーニング屋では常識だからね?



ん?

んん?

前処理が常識、っていつからそうなったの?

汚れ落とすための処置をするのは当たり前でしょ。

というか、お客さんが、それを常識というくらい、いつから当たり前になっているの???



軽く混乱状態です。



普通は料金内に含まれている作業を、別料金にしているって、意味がわからない。



クリーニングの歴史の中にはこういう事もあったのは確かなんです。

例えば、ほつれなどの修理。

ボタン付けなど。


昔は、当たり前のようにクリーニングに出せば修理されてきました。

ボタンと無料で付け直してくれました。

これは、僕がクリーニング屋になってから変わった事なので、明確に覚えています。


それまで無料だったものが有料化する時には理由があるんです。


それは、クレームになった時なんですよね。



ボタン付けも、ある時にクレームが付くようになりました。

ボタンって不思議なもので似ているけど同じボタンは中々ありません。

ワイシャツのボタンで一番取れやすいのは、首の根本のボタン。

そこが取れたら、一番下のボタンを外して、上に取り付け、下には似たようなボタンを付けていたんです。

一番下のボタンはズボンの中に隠れてしまうので目立たないからです。


ところが。


勝手にボタンん変えられた、とあちこちでクレームが付くようになりました。

また、素人が付けやがって、糸がブランドのものと違うだろう!と言われることもありました。

事前説明をしたりしたんですが、結局、最終的にボタン付けは有料メニューとなっていったんです。


ほつれなども同じ。

そのままでは着られないだろう、と修理をすると、勝手に修理をした、頼んでいない、糸が違う、職人ではない人が直した、などなど、ボタンの時とほぼ同じですね。

その結果、善意でやられていたものが有料化されていったんです。


インターネットの普及もあり、クリーニング屋さんでトラブルを共有するようになり、その対策も一気に広まったので、今では有料メニューが基本になりました。



さて、ワイシャツの襟の汚れ。

前処理をするのは別料金、というのは今後どうなっていくんでしょうか?


汚れを落とすのが仕事、でも、染み抜きは別料金だから別料金でも構わないのではないか、いろんな意見が出ています。


数年後に結果が出てるでしょうね。



実はもう一つ、驚いた話をされているんです。

その話は明日。

|

« 自転車が増えました。 | トップページ | パンツの線は別料金??? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車が増えました。 | トップページ | パンツの線は別料金??? »