« 後払いのクリーニング屋さんをお勧めします。 | トップページ | 警報レベル3。 »

クリーニング屋さんへの伝え方。

たまに言われることがあるんですよね。



しっかりとクリーニングをしてください!



汗をたくさんかいたからとか、汚れているからとか、いろんな理由からなんでしょうけど、とにかくガッツリと、しっかりと、きつめにクリーニングをしてください、という方がたまにいます。



ステーキじゃないんだから。(笑)



よく焼いてください、なんていうわけにはいかないですよね、クリーニングは。

ステーキ屋さんからしても、よく焼いてください、と言われてもただ焼き続けているわけではないと思うんですよね。


当然クリーニングも同じで、例えば、洗っている時間を長くすればいい、というわけでもないんですよね。


この辺を誤解している方が結構いらっしゃると思うんですよ。


だから、自宅での洗濯でも、洗剤をたくさん入れてみたり、いつもよりも長く洗ってみたり、一日中漬け込んでみたりするんだと思います。



長くやることがいいことだと思っている証拠だと思います。



それね、間違ってるんですよ。



長くやる事で汚れが落ちるわけではないんです。

逆に汚れることもあるんですよね。

また、洗剤をたくさん入れても汚れ落ちが良くなるわけでもなくて、逆に落ちなくなることもあるんです。



しっかり洗ってください、ガッツリと洗ってください、という本当の目的はなんでしょう?



長時間洗う事でも、洗剤をたくさん入れて洗う事でもないですよね。

汚れを落として欲しい、という事だと思います。


もしそうだとしたら、洗い方を伝えるよりも、クリーニング屋さんにはこう伝えた方がいいと思います。



汗をたくさんかいたのでお願いします、と。



これだけでクリーニング屋さんはどういう風に洗うのが適切か?わかるんです。

特に汗は目に見えませんから、お客さんから汗の汚れがたくさんついている、と情報をもらえば、それに合わせた洗い方を選びます。

変な指示を出してしまうと、かえってクリーニング屋さんが混乱しかねないと思うんですよね。



本当に長く洗っておかしくなってもクリーニング屋さんの責任じゃないよ、と言われてしまいますからね。



クリーニング屋さんへの伝え方は結構大事ですよ。

上手に伝えると、的確に綺麗にしてくれます。

工夫して伝えてみてくださいね。

|

« 後払いのクリーニング屋さんをお勧めします。 | トップページ | 警報レベル3。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後払いのクリーニング屋さんをお勧めします。 | トップページ | 警報レベル3。 »