« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

人の振り見て。

先日、歳を取ったなあ、と言う話を書いたんですけどね。

年の取り方っていい面もあれば悪い面もあると思うんですよ。


歳を取る、ということは経験が増える、というのと同じで、歳をとりながらいろんな経験をしたり、いろんなお話を聞いて知識が増えていったりします。


経験が増えるというのはいいことなんでしょうけど、なんちゃっての経験も同時に増えていって。

聞きかじった程度のことしか知らないのに、そのことに詳しいと錯覚をしてしまうことって有りませんか?

それが変な所で出てくるから気をつけなきゃいけないな、と思ったりしています。



例えば、若い子と話をしていたりする時に、若いというだけで僕よりも知っている事が少ない、と勝手に判断してしまったり。


その内容が、その人の仕事に関することだったりしてしまうと、もうダメですね。

だって、いくら若くても、本職の人に素人が敵うはずがないじゃないですか。


歳を重ねて、経験を踏んで、例えばその人の仕事に関することでお客さんになっていたとしても、プロよりも知っているはずはないんですよ。

客としての経験は増えますから、感想などは有りますけど、知識や経験、その人の仕事に関わる事で僕らの方が知っている、という事はほぼ有りません。



自分のことで置き換えてみるとよく分かるんです。



僕はクリーニング屋ですから、クリーニングの知識は消費者の皆さんよりも確実に有ります。

それも単なる経験則というだけでなく、きちんとした化学の裏づけのある知識があるわけですね。


洗剤を入れれば落ちる、なんて曖昧な理解の仕方ではなくて、どうして洗剤を入れると落ちるのか?を具体的に説明できるくらいは知っていたりします。

また、アイロンをかけるとなぜシワが取れるのか?も説明が出来るくらいは知識を持っています。


また、クリーニング業界のこともいろいろ知っています。

今流行りのクリーニング屋さんのことも知っているし、コインランドリーの話も知っています。

業界紙と言うものがあるので、必ず目を通してますし、業界の中の友達とも情報交換を常にしています。


出たばかりなどの真新しい情報で、まだ入手をしていないこともたまに有りますが、それでもそう遅くないうちに入ってくるくらいの情報網は持っています。


さて、もし僕が、普通の人に、こうやって洗えばいいんだよ!と言われたらどう思うでしょう?


そんな簡単じゃないんだよなあ、と思いますよね。

簡単に話す人は、こうやれば出来る、と言いますが、逆にそうした時にリスクは知らなかったりします。

ぼくらは出来ることとリスクを天秤にかけて判断をしているので、簡単に言われちゃうと、そうではないんだよなあ、と思うわけです。



で、これを逆の立場にしてみると、僕が年齢で得た経験や知識から、プロの人にこうすればいいんだよ!なんて軽々しくいったら、失礼だよなあ、と思うんですよ。


その仕事を生業としている、と言う事は、命をかけて勉強もしているんです。

たとえ若かったとしても、その道のプロに対して言っていいことと、よくないことがあるなあ、と思うんですよね。



と、実は今日そんな場面を見る機会がありまして。

自分もついやりがちだよなあ、と人のフリを見て反省をしなきゃ、と思ったところです。


たしかに、歳を取ると、若い人の知らない歴史を体験してきますからね、その意見は貴重なのかも知れないけど、伝え方、言い方ってあるよなあ、と思いました。


人の振り見て我が振りなおせ、をこの年で学んで気がしました。

| | コメント (0)

ジーンズの修理はここ!

クリーニングの仕事についてから、全国にクリーニング屋さんの友達がいます。

クリーニング屋さんって横のつながりが程よくあるんですよ。(笑)



その中で、もう15年以上の付き合いになりますかねえ、面白い友達がいまして。

彼はクリーニング屋さんだったのですが、独立して今はジーンズの修理をしています。


いろんな雑誌で取り上げられていたり、テレビに出たりしているんです。

見たことある人もいらっしゃるかもしれません。


お店の名前はジーンズリペア工房 JEANS704


穴の補修なども見事にしてくれますよ。



その彼が動画を作りました。

今流行りの、香水の替え歌。

よく出来ているのでご紹介します。(笑)


いい味だしてるわあ。

そして、彼の修理は天下一品です。

ジーンズの修理、ぜひ彼に任せてみてください。



https://m.youtube.com/watch?feature=share&v=Ldd9Qhr6hIk

| | コメント (0)

歳を取ったなあ。

歳を取ったなあ、と思う瞬間ってあります。

最近、自分でそう思うのは、子どもの頃から見ていた芸能人の訃報を聞いた時。

 


僕が歳を取ってきている様に、当然テレビの中の芸能人の方々も同じだけ歳を取っているはずなんですけど、不思議なもので、テレビの中の人はいつまで経っても変わらない、と思ってしまうんですよね。



その人がある日突然、亡くなったと訃報を聞くとよく考えれば不思議な話でもないはずなのに、急に自分も歳をとってしまったかの様な感覚になるんです。



昔なら、ワイドショーで所縁のある人たちがコメントをしたりしていました。

しかし、最近はあまりそういうのはなく、ひっそりと故人を見送るのが増えている様に思います。


まあ、特に今はコロナ禍ですしね。

お葬式や送る会などは出来ないのかも知れません。



でも、今は個人的にTwitterやインスタグラムなど発信をすることも可能なので、人によっては故人への想いや感謝を発信する事ができて、それを見て僕らも亡くなった方への思いを感じる事ができたりします。



今年は、志村けんさんが亡くなって。

それだけでもショックは大きかったんですけど、特に志村けんさんと共演していた方の反応が気になっていたんです。

お笑い芸人の方たちは、大先輩でしょうし、教えてもらっていたことも多かったと思うと、何か伝えたいこととかもあったんじゃないかな?と思うんですね。


で、ラジオなどで所縁のある芸人さんが志村けんさんとの思い出を話していたりするのを聞いていたりしました。


こういう時にお笑い芸人って辛いですね。

本当は泣きたいだろうに、笑わせなければいけない。

自分が泣いてはいけない、と思うんでしょうか、目に涙を溜めているんですよ。


とある深夜の番組で。

志村けんさんの動画を流してみんなで見ているんですけどね、笑ってなければいけない人たちが、涙を目に溜めてこらえて見てる。


時折笑ったりしていますけど、どうしても涙の方が勝っちゃう。


で、そこに出ていた方が、今日は泣いてもいいだろ、というんですが、指で上を指してポツリとこういうんですよね。



怒るから。


って。

天国から見てて、泣いたら怒るから、って言うんですよ。

昔なら、こんな放送はしなかったと思うんですよね。

でも、今はこうしてリアルに見せてくれる。


これだけで、どれだけ大切な人をなくし、どれだけ悲しんでいたのかわかるし、精一杯向き合おうと頑張っているのもわかります。


下手なワイドショーでこめんとをみるよりもよほど供養になるのかな、と思いました。


で、もらい泣きもしてね。

ここでも年取ったよなあ、と思うわけです。



今年はよく泣いているかも知れない。

歳を取った証拠ですね。

でも、この年の取り方は悪くないと思ってます。

| | コメント (0)

シミではなく、色落ち。

シミがついたらイヤですよね。

当然、落として綺麗にしたくなります。



シミと汚れの違いって何?という質問を昔された事があります。

これはクリーニング屋さんの中でもたまに話題に上がったりします。


シミの見つけ方は簡単。

服の色と違う色の所があればシミがついてる、とわかります。


が、果たしてそれは本当にシミなのか?と言ったら驚きますかね?



これね、最近特に多いらしいんですよ。

シミではなく、生地の色が壊れてしまって変色をしている、という事例が増えているんだそうです。


色が変わっないるので地味だと思ってしまうのですが、シミではなく色が壊れているから、当然染み抜きでは落ちません。


シミと色が壊れている、というのは明確に違いがあります。


シミは、生地に何かがついている状態。

色が壊れているのは、元々の生地の色のうちの一つが壊れている状態。


足されているか引かれているか、の違いですね。


基本的に色は三つの色を混ぜて作られています。

赤、青、黄の三色です。

これも色の落ちやすさに違いがあって、壊れやすいものがあるんですよ。

で、何かの拍子にどれかの色が壊れると、別の色に見えてしまうわけです。



日常の生活において、色が壊れる事って意外とあります。

陽射しでも壊れますし、汗でも壊れます。

また、家事の最中に漂白剤が飛んで色が壊れることもあります。



そして、今だから多そうだな、というのは、消毒。


コロナの対策で色んなところで消毒が行われています。

問題は何を消毒に使っているか?なんですよね。


ここに、漂白効果のあるものが使われているケースがあるんです。


アルコールの様に乾けば飛んでしまうものではないので、成分が残り、そこに服が触れて色が壊される、という事が起こります。


これ、結構増えてて、4月に入ったあたりからクリーニング屋さんに問い合わせが増えています。


クリーニング屋さんの店頭に、注意喚起のポスターを貼っているところもあるくらいです。



まだまだ、消毒はしていかないといけないでしょうから、その辺にあまり触れない様に、皆さんお気をつけください。

お店の人も一生懸命消毒をされていますからね。

そこは責められません。


コロナが落ち着くまでは色抜け注意です。

| | コメント (0)

石けんと界面活性剤の違いを知っていますか?

石けんと界面活性剤の違いって知ってますか?

たまにいますよね、界面活性剤は嫌なので、成分に書いてあったら買わない、石けんなら買う、とか。



その違いをちゃんと知っている人ってどのくらいいるのかなあ?と思うんですよ。

環境に気を使っている人も、肌が敏感で洗剤を選んでいる人も、石けんと界面活性剤のことを勘違いされている人たちは非常に多いです。



簡単に説明しますね。



石けんは、界面活性剤の一種です。

界面活性剤とは、水と油の中間に入って、お互いをつなげる役目をします。


界面(境界線)を、活性化(つなげる)させる物のことですね。



イメージするならマッチ棒の形がいいかな、と。

両端は各々得意なものが違います。

何もない方が水と親和性があって、赤い火のつく方が油と親和性がある。

両端で得意なものが違うんですが、その違うもの同士を混ぜる事ができます。



汚れを落とす、というのは、この界面活性効果を利用して落としているんですよ。

水に油は溶けませんよね?

そこに洗剤を入れる事で、油汚れが水に溶けて落ちる、という仕組みになっています。



この様な性質を持ったものを界面活性剤と呼んでいます。


そして、石けんはその界面活性剤の性質を持っている訳ですね。



もうちょっと複雑な話をしますよ。(笑)



では、石けんは界面活性剤なのか?と言われると、それはまた微妙なんです。

なぜなら、界面活性剤が主成分なのですが、他にも違う成分が混ざっているから。


石けんの裏の成分表示を見てみてください。

界面活性剤が何%はいっているか、書いてあります。

石けんとして売られているものには、他にもいろんなものが配合されています。

香料なんかも入っているんですよ。


で、よくクリーニング屋さんがお勧めする石けんで、界面活性剤成分99%という、ほぼ界面活性剤で作られている石けんがあります。

マルセル石けんって聞いたことありませんかね?

ほぼ界面活性剤なので、染み抜きとかにも使いやすいので、クリーニング屋さんがお勧めするんです。



最近は、皆さん本当に勉強家でいろんなことを知っています。

でも、その中で、残念ながら間違って覚えてしまっている人も少なからずいるんですよ。


正しく知る事で、正しく使う事ができます。

また、合わないものを選ばない、ということもできる様になる。


きちんと知る事は大事です。

| | コメント (0)

そのきれい、気のせいじゃないですか?

昨日の衝撃的な話から、もう一つ疑問が出て来ました。

その疑問とは、これ。



洗濯って本当にきれいになっているの?



家庭での洗濯は水洗いです。

僕らの使うドライクリーニングは出来ません。

ドライマークの洗える洗剤というのが売られていますが、あれは洗剤を水に溶かして洗っているので水洗い。

ドライクリーニングとは、油に洗剤を入れて洗っています。



ドライクリーニングと水洗いの違いは、洗剤ではなく、洗う時の液体が何か?が大きな違いです。

水を使う時点で全て水洗いです。



洗濯とクリーニングを比較する人がたまにいて、その時にこんな話をよくしています。



今は洗剤が進化して、洗濯機が進化しているから。

だから、クリーニングの必要がない、と。



確かに昔に比べれば洗剤も進化しているし、洗濯機も進化しています。

ただし、正しい使い方をしていれば、なんですよね。


僕が想像していたよりも、洗濯の方法は皆さん千差万別で、間違ったやり方のせいで逆に汚れさせてしまっているのではないか?と思うようになりました。



きれいになる、ってどういう事でしょう?

素直に考えれば、汚れが落ちることが綺麗になる、ということだと思います。


綺麗になれば、見た目も違う。

逆に汚れが落ちてなければ、臭いがしたり、変な色になっていたりする。


ここなんですよ。

綺麗かどうかの見極めが問題なんですよね。



例えばです。

洗って汚れの落ちてない服って、どう見えると思いますか?

僕らはその違いに気付きますが、普通の人は、洗った事で綺麗になったと見えちゃうんですよ。


なんの変化もないから綺麗になっている 、と思い込んでしまうんですよね。


以前、こんな事がありました。


ものすごく汚れている服がありまして。

汚れの上に汚れが重なっているのが見るだけでもわかります。

洗ったら下の汚れが浮いて出てくるだろうなあ、というのが想像できるんです。


この汚れが浮いてくる、という表現。

わかりづらいですよね。

つまり、こういう事なんです。


汚れが何層にも重なっていて、洗う事で上から順番に汚れが落ちていくと、一番下の頑固な汚れが返って目立つようになります。


これを汚れが浮き出る、と僕らは表現するわけです。


しかし、これが普通の人にはわからないんですね。

一見、汚れてないように見えるんです。

だから、洗う事で下の汚れが浮き出て、残ってしまうと、かえって汚れてしまったかのような錯覚をしてしまいます。


汚れを落としてしまったから逆に目立ってしまう例です。



これね、逆に汚れを落とさないとどうなるか?



綺麗なままに見えるんですよ。

変化がないので、洗った事実だけで綺麗になったと錯覚をしてしまうんです。

でも、よく見てみると、全体的にくすんでいるし、その下に頑固な汚れが見えてたりします。


でも、そこまで服をマジマジとみる人はいませんから、ほとんどの人が気付かない。


洗濯して綺麗にしている、という方、どこまで綺麗にしてるんだろう?というのは正直な疑問です。

間違ったやり方をしてしまっている人たちもいて、一回の着用時間の長い人もいます。

服によって状況が違う中、画一的な家庭での洗濯でどこまで綺麗になっているのかなあ?と気になるようになってきました。



僕も独身の頃、まだクリーニング屋さんでなかった頃に自分で洗濯をしています。

あの頃を思い出すと、やはり、きれいになってないのに、洗ったからきれいと思い込んでそれを着ていたなあと思います。

今思い返すと恥ずかしいんだけど


でも、あの時は洗っているんだから、と何も疑わなかったんですよねえ。

で、アイロンもかけず、しわくちゃのまま出かけてましたね、そういえば。

姿見の鏡で自分を見ることもしないから気付かなかったんだろうな。


洗濯、皆さん大丈夫ですかね?

本当に心配になってきちゃいます



| | コメント (0)

すすぎ二回で臭いがしなくなるのは?

洗濯家こと中村くんのツイートが先日バズりました。

そのバズった内容は、濯ぎと柔軟剤の投入の話。


簡単に言うとこんな感じです。



濯ぎ一回の時は、柔軟剤はいれませんよ。



これに反応した人がたくさんいて、眼から鱗だったとか。

で、さらにそこからの説明の後、すすぎを2回に増やした人が洗い上がりの変化に驚いていたんですね。



洗濯後の変な匂いがなくなった、くすみがなくなった。



中村くんのリツイートを見てて、よかったなと思う反面、これだけ多くの人が反応をして、良くなったと言っている人がいると言う事は、洗えていなかった人が多かった、と言うことではないのか?と言う疑問が。



洗濯後の変な匂いで悩んでいる人は結構いらっしゃいます。

洗剤メーカーさんたちは、部屋干し臭とか名前つけてましたよね。


僕らもそう思っていました。


というのも、洗濯の工程で間違いが起こるとは思わないので、それで匂いが出る可能性があるとするなら、乾燥工程だろうな、と。

中々乾かず、その間に菌が繁殖をするから臭いが出るんではないか?と言うのは、プロなら誰でも容易に想像が付きます。


しかし。


今回の中村くんのツイートからの一件で、実はそうではなかったのではないか?と言う疑念が出て来たんですよ。


つまり、洗い方そのものが間違っていたのではないか?と言う話な訳です。



すすぎ二回にすると臭いがなくなる、というのは正しくありません。

一回すすぎで柔軟剤を投入すると、汚れを服に戻している、ということになり、それが原因で匂いが出てしまう、ということなんですよね。


1回目と2回目のすすぎは何が違うのか?


1回目のすすぎは、洗剤と汚れが一番多く出ています。

柔軟剤は、服に着きやすい成分で出来ていて、さらに性質として汚れを抱き抱えるようになっています。

つまり、1回目のすすぎの中に溶け出した、汚れや洗剤を、柔軟剤が抱え込んで服についている、という状態になるんですよね。



おー、想像するだけでもこわい。



2回目のすすぎは、1回目であらかた落とした汚れや洗剤成分の残りをさらに濯ぐためにしています。

理想は三回濯ぎなんですが、洗剤の濯ぎやすさによっては、二回で十分なものもあります。


柔軟剤を投入しなくても、一回濯ぎよりも二回濯ぎの方がより服に洗剤や汚れが残りにくいのは想像できると思います。


そりゃ、二回濯ぎをすれば臭いも出なくなりますよ。



クリーニング屋からすると、まさか濯ぎの回数が一回の人がそんなに多いとは思っていなかったので、盲点だったんですね。

だから、洗濯の匂いの相談を受けても、干し方に問題がある、としか想像できなかったんです。



これね、匂いの問題だけではなくて。

洗ってもきれいにならない、匂いが出る、ということが当たり前に思う人が結構いるんじゃないか?と思うと由々しき自体だと思うんですよね。


洗濯してもきれいにならにと思う人が増えれば、クリーニングしようと思う人も減ると思うんですよ。

だって毎日洗っているのに、きれいにならないのが当たり前なんだから、お金を払ってまで服を洗いたいと思いますか?

僕なら、そんな変わらないでしょ、それよりもある程度着たらまた買い直す方が経済的、と考えます。


洗ってきれいになる、とわからなければ当然そうなると思うんですよね。



でも、今回の事で、そもそもちゃんと洗えているのか?という問題が浮き彫りになりました。

正しく洗えていないだけでなく、逆に服にダメージを与えているケースがあるわけですね。


今までもいろいろとクリーニングや洗濯の相談を受けて来ましたけど、僕も少し考え方を変えなければいけないな、と思っています。



今まで以上に、僕の中の常識を消して話を聞くようにしなきゃ、と。



洗濯しましたか?ではなく、洗剤の種類や、すすぎの回数、乾燥時間など、僕らが当たり前だと思っている事は当たり前ではない、と思いながら話を聞かないと、原因がわからないんだな、と改めて思います。


それほど今回の中村くんのツイートからの流れは衝撃的でしたね。


洗濯って本当に人それぞれになってるんだなあ、と思います。

そんなに複雑なものではないはずなのに、いったいなんでこんな風になってしまったんでしょう?


洗濯家として生きていくことを決めた中村くん、これから大変だな、と思います。

これだけこんがらがってしまった洗濯を正しくして行かなきゃいけませんからね。

クリーニング業界も何か手伝いができるんじゃないかな?

いや、しなくちゃいけないと思います。

| | コメント (0)

梨は9月に入ってからかな?

Facebookに、1年前の今日は、と言う過去の投稿が表示されます。

去年の今頃、配達の途中でぶどうを食べてるんですよね、僕。(笑)



しかし、今年はまだぶどう屋さんがやってなくて。

何度か前を通って見てるんですが、まだのぼりが立っていません。

始まると、のぼりが立つからわかるをですけどねえ。



例年より少し遅めに梨屋さんにも寄って見ました。

ところが、店頭には梨がひとつもありません。


お話を伺うと、予想通り今年は梨がそんなに出来ていない、と。

梅雨が長かったのもあるんですが、1番の影響は昨年の雹害。

あの雹のせいで、枝葉が傷つき、なりがわるいんだとか。



梨屋さんにしろぶどう屋さんにしろ、早いうちから地方発送の予約を受けています。

今、店頭に並んでいないのは、地方発送分を確保するためだと思うんですよね。

ギリギリの状態だ、と話してましたから、9月に入らないと店頭に梨は並ばないのかもしれませんよ。



本当に今年は、コロナに天候に振り回されっぱなし。

年に一度の楽しみですからね、梨とぶどうは食べたいよなあ。

| | コメント (0)

商売人の歩く速さ。

今朝は市場に買い出しに来ました。

業者しか入れない市場です。



この数ヶ月、市場もすこし活気がなかったんですよね。

コロナの自粛から始まり、お弁当、テイクアウトと移っていって。

市場でもテイクアウト用の容器がたくさん売られていました。

それがバンバンなくなっていくんです。


また、市場でも、消毒用のアルコール、洗剤、マスクや手袋は全部なくなってて。

先程チラッと見てきたら、ようやく普通に在庫を抱えられるようになったみたいです。



商売人もすこし活気が出ているようで。

面白いもので、商売人って元気になると歩く速さが早くなるんですよね。

市場内を颯爽と歩く人たちがたくさんいました。



過酷な状況ですが、それにだんだん慣れてきて頑張る気持ちが出てきているのかもしれませんね。

| | コメント (0)

想像を超えた熱の影響。

連日、猛暑が続いています。

熱中症での死亡も多数報告されていますし、僕らも仕事をしているといつもと違う汗のかき方に、やばいかな?と思うことがしばしばあります。


いつも以上に水分補給や休憩を考えなくては行けませんね。



しかし、この暑さ、身体だけではなく他にも影響を出し始めています。



去年もありましたか、地面があまりにも高温になりすぎて、サンダルが縮んでしまうとか。

どうやら今年も出ているようです。


他にエアコンの室外機が暑さのせいで動かなくなったり。

郵便物の封が暑さのせいで接着が剥がれてしまった、と言うツイートもありました。


屋外だけではありません。

室内も気温が高くなり過ぎて、ルーターが誤作動を起こしている、と言う話もありました。


パソコンなんかは相当まずいでしょうね。



もし、これから日本の夏がこんな風になるのだとしたら。

いろんな製品が変わってくると思います。

一番変わるのは、耐熱温度。

どのくらいの気温まで正常に動くのか?その温度が変わってくるでしょうね。


今まで50度まで対応、とか書かれていても、どんな状況よ?と半分笑って見ていられましたけど、これからはそこも気にしないと行けなくなるかもしれませんね。


うちでも、以前、すぐお届けするからと折り畳んで車に乗せたスーツが、熱でおりジワがついてしまった、と言う今まで経験したことのないような事例も体験しています。


化学繊維ももしかしたら見直されるかもしれませんねえ。

今、熱に弱い化学繊維が結構ありますからね。



来年の夏はどうなってるんだろう?

色んな暑さ対策、考えていかないといけませんね。

| | コメント (0)

超撥水加工のTシャツは汚れるのか?

実験系のテレビ番組がありますね。

こんな事したらどうなる?みたいな大きな実験だったりするので、結果がどうなるか?ドキドキしながら見てしまいます。



今日、面白そうなやつを放送していました。



超撥水加工をしたTシャツ、どこまで汚れを弾くのか?



車のボディに使われるような撥水加工を生地にして、超撥水能力を加えたTシャツを汚すことができるのか?と言う実験。

カレーやケチャップ、コーヒーなどいろんなものを掛けていました。


僕らはクリーニング屋なので、撥水加工の事もそれなりに詳しいんです。

どれで汚れるか?予想をし始めます。(笑)



何種類か用意されたものを見て、まずは分類をするんです。


水に溶けるやつか、油に溶けるやつか。

そして、粒子の集まりのものか。


汚れって主にこの3つに分けられて、それぞれつき方が違います。

超撥水なので、水に溶ける奴は全て弾くだろうな、と言う予想は的中。

油に溶ける奴も弾くだろうな、と言うのも的中。


問題は墨汁などの細かい粒子の汚れです。

結果は、墨汁は弾くことが出来ず、汚れが落ちていませんでした。


撥水加工といえど、繊維の目に入ってしまう粒子の汚れは弾けないって事なんですよね。


今回のTシャツ、繊維一本一本に、撥水加工をしてあると言います。

川の中に入っても、外からも内側からも水を弾くのがはっきりと見て取れました。


これね、実用では使えないと思います。

なぜなら、全部弾いちゃうから。

このTシャツを着たら、汗疹が出来る人が出てくると思いますよ。


服に汚れをつけたく無い、だから弾いてしまえばいい、と言う気持ちは理解できます。


が、実は服は汚れてくれないと困るものでもあるんです。

体から出る汗を吸収してくれないと、体にすごく負担がかかるんです。

理想的な服って、汗をかいたら吸収してくれて、程よく発散をして乾いてくれる服がいいんですね。


綿製品だと、吸収はしてくれるけど、なかなか発散をしないので、濡れたままの状態が続いてしまいます。

でも、強度があるから、洗って汚れを落としやすいから、使い勝手がいい。



吸収発散性の高い繊維といえば、シルクです。

絹製品は軽くて、吸湿発散性が高いので、体への負担がほぼありません。

すごくいい生地だな、と思うんですが、繊細なのとデリケートなため、洗う時に気を使います。


うーん、全てを完璧に備えている繊維はまだまだ無いんですよねえ。



クリーニング屋として思うのは、汚れのつかないような加工をするよりも、汚れた服を洗ってまた着る、と言う循環の方がいいと思います。

体への負担も減りますしね。

着ていて気持ち良さが違いますから。

汚れがつかない加工は、全部を弾いてしまいますからね。

外の汚れだけ弾いて、内側の汗は吸収する、と言う繊維ができたら、また話は変わりますけど。

いつかそんな繊維が出来るのかもしれません。

| | コメント (0)

お待たせして申し訳ありません。

今日から通常通り営業し始めました。

長い間お待たせしました。



休み明けの午前中は、クリーニングは休み前に済ませてあるので洗うものはないのですが、お預かりが沢山やってきます。


休んでいる間、みなさんクリーニングをどうしているんだろう?と思うんです。

みなさんも休みだから、そんなにないのかな?と以前なら思っていたんですが、今は休みもみなさんバラバラ。

なので、僕らが休んでいる間にも普通に働いている方もいらっしゃいます。


今日お預かりしたワイシャツの枚数でわかるんです。


今日お持ちになったお客さんは、みなさん1週間分のワイシャツをお持ちになりました。



溜めさせちゃって申し訳ない、と思う反面、うちが開くまで待っててくれたんだな、と嬉しくもあります。



溜めさせてしまったので早く仕上げなければ。

急いで仕上げましょう。

| | コメント (0)

エアコン問題、なんとか解決。

本日までお休みをいただいております。

明日から通常営業になります。



さて、今年のお盆休みの最大の課題であった、家の中の暑さの問題。

なんとなく光明が見えてきました。


話をおさらいすると、家の中でエアコンをつけていても涼しい所と暑い所と出来てしまう。

隣り合った部屋でふすまも開けてあるのに、冷える所と全く冷えない所ができてしまう。

何しろ、去年までエアコンは一切入らずに夏を過ごしてきたので、エアコンの効果的な使い方がわからないんですよ。



まず最初にやったのは、冷えてる部屋からサーキュレーターで冷たい空気を暑い部屋に送ること。

これが思うようにいかないんですよね。

暑い部屋に空気を送っているはずが、あまり冷えないんです。


よくよく考えてみると、暑い部屋は、締め切られてないことに気づきまして。

階段につながっているので、そこからレイキが逃げるんじゃないか、と。

という事で、次にやったのは、カーテンで間仕切りを。


これは少し効果がありました。

締め切る事で少しだけ部屋が涼しくなる。

でも、隣との気温差はまだまだあります。


そこで発想の転換をしてみたんですね。


冷たい空気を送るのではなく、暑い空気を涼しい部屋に送ってやったらどうなるんだろうか?と。

と言うのも、涼しい部屋にいる両親からクレームが入ったんです。


寒い、と。


エアコンの設定温度を上げれば隣の部屋がものすごく暑くなるし、元の状態にすれば寒いと言うし。

じゃあ、暖かい空気をそっちに送ってやれ、と試しにやってみたんですね。



すると、うちの場合、なんとこれが効果抜群でした。

サーキュレーターで暖かい空気を涼しい部屋に送った所、あれほど欲しがっていた涼しい空気が、流れ込むようになったんですよね。


サーキュレーターの風が壁に当たり、部屋全体の空気を暑い部屋に押し戻してくると言う結果に。

で、結果的に満遍なく気温を下げることに成功しました。


最大の難関、台所も気温を下げる事が出来るようになったし。

お盆休みの目的をなんとか果たしたって感じですね。



今年は特に暑さの影響で熱中症に罹る人が増えてるようです。

去年と同様にエアコンなしで乗り切れたのかな?と考えてみたりします。

仕事場は相変わらずエアコンなしですけどね。

ここも、おいおい考えていきましょう。



さあ、明日からまた通常通り仕事に戻ります。

よろしくお願いします。

| | コメント (0)

地域性の違いを感じる。

20日木曜日から通常営業となります。

もうしばらくお待ちくださいませ。



クリーニング屋さん同士、資材をやり取りする事があります。

分けてもらったり、独自に作っているものを販売したりするんです。

普段は、資材商という卸問屋さんが来て、いろんな資材を置いて行ってくれるんですけどね。



うちで開発をした糊があります。

今日はそれを友達のクリーニング屋さんに届けてきたんです。

最初、お互いのお店の間のどこかで待ち合わせを、なんて話してたんですけどね。

うちはまだ夏休みだし、向こうはすでに仕事始めてるし。



何よりも、襲撃したかったし。(笑)



それにできれば、本人に今の調子を聞きたかったんですよねえ。

残念ながら会えませんでしたが。

奥さんに様子を聞く事ができたのでよしとしますが。



友達のお店に行った後に、ついでに周辺を探索。

面白いんですよね、車で走っていると地域性を感じる事ができるんです。


車が混む地域であったり、住宅街であったり。

街の造りも見えてきますね。

府中とは全然違うその土地を見て、面白いなあ、と感じます。


そこから少し走るとまた違う。

ここの方が街が古いな、と感じたり。

街が古くなると、お店も古くなります。

長いことやっているお店には、何かしらの魅力があるもんで、人が集まるのが不思議ですね。


お昼頃から夕方まで出かけてきました。

普段の配達では決していかない地域なので、面白かったです。


うちからほんの1時間くらいなんですけどね。

変わらない生活をしていると思っていたけど、やはり地域性って出るもんだな。

とても面白い。

| | コメント (0)

休み中でも。

19日までお休みをいただいております。

もうしばらくお待ちくださいませ。




連休に入りますと、お問い合わせが来るんです。(笑)

なんでですかね?不思議とお問い合わせが増えます。



集配に来てもらえませんか?

急ぎでやってもらえませんか?



クリーニング屋さんの多くは町の小さな個人事業主なので、自分の体が空いてれば休みでも集配に行ったりします。

ただ、急ぎで洗ってください、は出来る時とできない時があります。


集配は体ひとつで動けばいいので問題はないのですが、洗うとなると機械を動かさなければいけません。

クリーニング屋さんの機械は大きいので、例えばワイシャツ一枚を急いでくれ、と言われても対応できなかったりするんです。


急に必要になるって、お葬式とかが多いので、連休前にしつこいくらい告知をするんですけどね。



白いシャツはお休み前に引き取りに来てください、とか、礼服はお休み前に引き取りに来てください、とか。

必要ない、と思ってたら急に、という事がほとんどですから、僕らも対応するしかありません。



実は今日もお問い合わせをもらいまして、集配に行ってきました。(笑)

引き取りに行くだけですからね、それにどこに出かける予定もないので、体は空いてましたから。


休むよりも仕事で動くほうが体が楽な気がするんですよね。

休むほうが大変かもしれないなあ。(笑)


| | コメント (0)

評判のお店巡り。

19日までお休みをいただいております。

今しばらくお待ちくださいませ。



いろんなものに興味を持つようにしている、と以前ここで書いたかと思います。

クリーニングの仕事って中の仕事なのと、お客さん待ちの仕事なので、どうしても世の中に疎くなりがちです。


なるべくアンテナを張り、気になるものがあったら調べたり、話題のお店があったら見に行くようにしています。



例年ですと、お盆休みは少し遠い気になるお店に行ったりしていました。

用事に絡めて寄ってみたり。

でも、今年は東京は、入るな、出るな、でさからね。

まる丸一日掛かるようなところ、日を跨いで行くようなところには行く事ができません。


テレビで取り上げてたな、とか日々行列が、とか言うお店に行ってみたり、周辺を探索してみたりはできないわけですね。



じゃあ、と言う事で、こんな時はお客さんの話に耳を傾けましょう、とお客さんから聞いてた最近話題のお店を何軒か回ってみました。



今年のお盆休みはやはり変なので、休む所と休まない所があります。

事前に調べて休んでないことを確認して行ったんですけどね、まあ、面白かった。


どこもお客さんがやってくるんですよね。

普段はもっとたくさん来ていると思うんですが、このお盆の時でも結構な人が来てる。


こりゃ、休めないよなあ、と思うんです。



個人商店はお客さんが求めればやるんですよ。

逆にお客さんが来なさそうなら休んでしまいます。


元気なお店、評判のお店ってどこかみんな似てるんですよね。



一件寄ったのは、お蕎麦屋さんで、家族総出で暑い中、顔真っ赤にして動いてました。

お客さんの前でも遠慮なく喧嘩したりね。(笑)


だからと言って殺伐としてるわけでもなく、最後はにこやかにお客さんに挨拶をしていたりします。



やはり直に見に行くのは大事ですよね。

色んなことを肌で感じる事ができる。

他にもいきたい所があるんだけどなあ。

今年はこれが限界かな。

| | コメント (0)

暑さの影響で首輪が。

今日も引き続き暑い日になりました。


我が家には猫が2匹います。

猫は暑いのを嫌がると思っていたんですが、その猫たち、エアコンのある部屋にあまり入りたがらないんです。

彼女たちは、各々好きなところにいるんですが、暑いんですよね。


去年までエアコンを一切つけずに過ごしてきたから、エアコンが嫌なのかな?と思っていると、彼女たちの高さになると微妙に涼しいんです。

そして、空気がほんのりと動いてる。

その空気の流れがお気に入りなのかもしれません。


猫って涼しいところを探す天才です。



時折、ご飯を食べにやってくるのですが、その時に抱き抱えたんですよね。

すると、首のところが妙に熱い。

変な熱さだな?と思ってたら、猫の体が熱いのではなく、首輪についてる金具が熱いんですよ。


結構な熱量です。

火傷をするような温度ではありませんが、首に付けてたら熱いだろうなあ、というのは容易に想像ができます。


一瞬、外してやろうかな?と思ったんですが、以前、首の毛がむけてしまった時に一時的に首輪を外したら、猫を守る会?だかの捕獲機に捕まって、手術してあったのにお腹を切られ、耳をカットされてしまった事があるんです。

そことはその後、話し合いをしましたが、首輪をつけてないから見分けがつかない、の一点張りで話がまとまりませんでした。

一応の謝罪は受けましたが


外してあげたいけど、そのせいでまたいらぬトラブルに巻き込まれるのはかわいそうなので、我慢してもらうしかなさそうです。


せめて、エアコンの効いた部屋にいてくれたらいいのになあ。



うちの中にいる猫ですらこれですからね。

外で飼ってる犬とかも首輪は暑くなってるかも。

この暑さは想定外のことを起こしてしまうようで。


暑いって危険なんだなあ、と改めて思いました。

| | コメント (0)

お風呂問題。

母が通っているリハビリ施設に通えなくなると、ちょっとした問題が出てきます。


リハビリ施設では、リハビリをしたり、お風呂に入れてもらえるのですが、このお風呂に入れなくなるのはちょっと困るんですよね。


というのも、我が家のお風呂には入らないんです。

狭いし、歩けないので入ることができない。

リハビリ施設ではこうしたところもケアをしてもらっています。



しかも季節は夏。

いくら、エアコンを入れてるとはいえ、やはり汗もかきますし、本人も気持ち悪いと思うんです。


早くても来週半ばまではリハビリ施設にはいけない、ということがわかっているので、それまでは何とかするしかありません。


こんな時、車があれば、障害者の人も入れるお風呂に行けるのかもしれませんが、ないもの考えても仕方ない。


しばらくは濡れタオルで拭くしかないかなあ?と思っていたら、また電話が入りました。



ケアマネージャーさんからでした。



ケアマネージャーさん、状況を知って動いてくださったようです。

やはり、お風呂の心配をされていて、お風呂に入れてもらえる施設を探してくれる、との事。

他の人もいるので大変だとは思いますが、お願いをしました。



介護が始まると、いろんな日が支えてくれます。

リハビリ施設の人やケアマネージャーさんが協力して常に母を支えてくれているんですね。

で、こうした時に迅速に動いてくれる。


助かりますよねえ。


母はリハビリをしなくてよくて、ラッキーくらいな話をしてましたが。

リハビリもね、そうは問屋がおろさないってやつですよ。

自宅でもできますからね。(笑)

そっちはビシビシとやりますよー。(笑)

| | コメント (0)

リハビリ施設から電話が。

ただ今夏休みをいただいております。




おやすみに入って、だらだらと過ごしていると、電話が入ったんです。

相手は、母が通っているリハビリ施設からでした。



従業員にコロナの感染者が出ました。

つきましては、保健所の指導により消毒をするのと、濃厚接触者がいるのでその人たちのPCR検査とその結果待ちのため、営業が出来ません、との事。


うちの母とは接触はなかったのでご安心を、と話をされていましたが、それ以上に気になるのは、感染した人の容態です。



症状が重ければ入院や人工呼吸器などつけなくてはいけなくなるかもしれません。

本人もかかりたくてなったわけではないですからね、それも心配です。


お話を伺うと、幸いにも軽い熱が出たのと味覚がなくなっただけで、それ以上の重い症状ではないとの事。

このまま落ち着いてくれるといいなあ、と思います。


職員の方もものすごく気を使って電話をかけてきてくれましたが、今心配をするのは働いている人たちのケアですよね。

通っていた人たちに濃厚接触者がいないのなら、こちらの心配はいらないんです。


働いてる人たちのケアを優先して欲しいな、と思います。



初期の頃と違い、こうして身近に話を聞くようになってきました。

気を引き締めていかなきゃいけませんね。

| | コメント (0)

連休前の忙しさ。

明日からお休みになります。

営業開始は20()からです。




連休前はいつも慌ただしくなります。

特に夏の連休は人一倍気を使うんですね。

なぜなら、預かった服をクリーニングしてから出ないと休めないから。


休むと言うことは当然、機械も動かなければ人も動きません。

そして、クリーニングというのは汚れた服が集まってきます。


洗わないで置いておく、というわけにはいかないんですよね。

状況次第ではカビなどが生えてしまう可能性が出てきてしまうんです。


なので、どこのクリーニング屋さんでも、連休前はわりと忙しくしています。


来たものは全部洗え!

洗い残しをするな!


昔はよくそんなこと言われてたなあ。



クリーニング屋さんによっては、お休みに入っても翌日仕事をする所もあります。

ギリギリに持ち込まれた服を洗うためです。

預かっておいて変な風には出来ませんからね。



毎年、連休前にはお客さんに告知をします。

連休に入るので、お早めにお持ちください、と。

お客さんも事情をよくご存じなので、休みに合わせてお持ちになってくれます。


例えば、今日なんかはそれほどご来店はないんですね。

でも、昨日はご来店自体、多かった。

昨日中に持ってきてくれれば、今日洗えるって知ってるからなんです。


お客さんのご協力があって、なんとか休みを迎えられるんですよ。



今日は夕方から大雨で、気温が下がると蒸し蒸しして。

それでもなんとかクリーニングし終えました。


これで休める。(笑)



例年以上に、休むことが大事になってきましたね。

コロナ対策の一環にもなりますから。



みなさま、良いお休みをお迎えください。

| | コメント (0)

家の中に暑いところがある!

長い梅雨の寒さが一変、ものすごい暑さになってしまいました。

ご来店くださったお客さんと話をしてて、これでオリンピックが開催されていたら、とみんなでゾッとしています。

本当に死者が出たんじゃないか?そう思わせるようなものすごい暑さです。





去年、エアコンを取り付けたおかげで、エアコンのついている部屋はなんとか涼しさをキープしています。

仕事柄、家中に熱がこもってしまうので、通常の倍以上大きいエアコンをつけたことが功を奏したようです。

うちは重量鉄骨で作られているのですが、多分その鉄骨がそもそも熱せられてしまうんだろうなあ、と思うんですよね。

で、一度熱くなるとなかなか冷えない。

クリーニング屋には建物自体に何か工夫をする必要があるなあ、と感じます。


エアコンの恩恵に預かって初めて気づいたことがありました。



家の中で、熱の篭りやすいところがある。



今までは、どこにいても暑いので特に気にしていなかったんです。

暑いのは変わらないから、しのごの言う前に水分とってなるべく着替えて、と工夫をしてきましたから。


しかし、改めて家の中を見てみると、下手するとお店よりも暑いんじゃないか?と言うところがあるんですね。

お店は、窓を全開にしておけば、それなりに気温が下がります。


しかし、家の中の暑い場所は、よく見ると寒気がうまくできていないんですよ。

だから、熱がこもる。

構造上、そう言う風になっちゃってるんでしょうね。



小さい窓があったりはするのですが、あまり意味は為さず。

いや、この暑さが小さい窓では役に立たなくなっている、と言うのが正解かも。


その窓に換気扇でも付けて、強制的に熱風を外に排気すれば変わるような気がします。



明後日からお休みに入りますが、今年はどこにも出かけられません。

東京からは出られませんからね。

それなら、やれる事、やらなきゃいけない事をやるしかない。



暑さ対策、やってみようかな、と思います。



この暑さ、今年だけのものではないと思いますしね。

雨もそうですが、暑さも年々厳しくなってきてるし。

気が付いた今のうちに、効果的な対策を見つけようと思います。


| | コメント (0)

勉強に終わりはない。

昨日は1日、車屋さんを回って来ました。

車屋さんで福祉車両を見て来てるんですが、見れば当然、営業もされるんですよね。


見積もりを出させてください。



と言われて、色々と聞かれます。

最初は青梅のお店に行きました。

ここでは中学の頃の友達がいるんです。


試乗して、細かい質問をして。

そして、見積もりを出してくれてその説明を受けて。


この友達、とても優秀なんですよね。

質問をすると、なんでも返ってきます。

例えば、自分が試乗した車の情報は当たり前だし、他に展示してある車のことを何気なく質問をしても、全部返ってくる。


オプションで付けるもののことも、車種やグレードで全部違うのに、全部知っている。


こちらとしては、話している最中に急に思いついた事を質問をしても、的確に比較して説明をしてくれるので、安心して聞いてられるんです。



これ、当たり前のように思うでしょう?

当たり前ではないんですよね。

他のディーラーにも回りますから、当然他の営業マンとも話をするわけです。


でも、こんなに的確に答えが返ってくることはまずありません。

たいていこちらが質問をすると、アバウトな答えかたをされて、濁されるんです。


百歩譲って、知らなかったとしてもその場で調べる手段はあるわけですよね。

カタログもあるわけだし。

でも、そういうので確認もしてくれないんですよ。

そうなるとこちらとしても、話をしていても、細かな疑問は疑問のまま残るので、今日はこの辺で、と帰るしかなくなるわけです。

見積もりを出す、という事は、もしかしたらその場で買う、というかもしれないのに、です。



クリーニングの事はプロなので答えられますが、車に関してはど素人なので、やはりプロに頼りたい所。

そう思うと、誰に頼ろうか?は明白になります。



趣味で詳しいなら別なんですけどね。

特に詳しくもない事に関して、僕はなるべくプロの意見を尊重するようにしています。


なぜなら、プロは専門的に勉強をしているから。

専門に勉強している人に勝てわけないですからね。

ただ、プロとは言っても、勉強の度合いに差があるので、なるべく答えられる人を選ぶようにしています。



クリーニングにお持ちになる方々も、専門家ではないし、クリーニングを趣味と言う人もほとんどいないと思うんですよね。

その人たちがクリーニングを利用するのは、専門家に頼みたいから。

自分はよくわからないけど、代わりにやってもらうために頼むと思うので、なんでも答えられるように勉強を怠ってはいけないな、と思ってます。


安心して任せてもらえるように。

勉強に終わりはありませんねえ。

| | コメント (0)

都まんじゅう。

今日は府中市社会福祉協議会さんから車を借りまして、1日母を連れて出かけて来ました。


目的は、車椅子対応の車の乗り比べ。



車椅子対応と一言で言っても、乗り方が違うんですよ。

車椅子のまま乗れる車もあれば、いったんくるまいすからおり、外に迫り出した椅子に座ると車内まで運んでくれる車もあったり。

また、助手席に乗るのか、セカンドシートに乗るのか、でも全然違います。



結局、試してみるしかない、ということでディーラーさんを渡り歩きまして、ためしてきたんです。



車での移動なので、どこへ行こうが自由。

すると、欲が出てくるんですよよね。(笑)



もともと父とよく出かけていたので、詳しいですから、いろんなところになにがあるか良く知っている。(笑)



ちょうど八王子インターの周辺に来たところで、急に思い出したように母が話し始めたんですよね。



八王子かあ、都まんじゅうが美味しいよね、と。



そして、次にこう言ったんです。

八王子の駅前だからちょっと寄ってくれない?




ということで、つぎのディーラーに行く前に都まんじゅうを買いに行くことになりました。



都まんじゅう、いつもすごい人気でならんでいるんですよね。

今川焼きを一口サイスにしたようなやつで、中は白餡なんです。

女性はこういうの好きですよね。

お店について、都まんじゅうを購入。

いくつ買うか?と話し合っていた女性陣、なんかしこたま箱で買ってましたよ。


車の中は都まんじゅうの香りでいっぱい。

だって我慢できないんですもん、女性陣は。

僕は運転しているから食べませんけど、後ろの方では、美味しい、止まらない。と騒ぎながら食べていました。


車も見れて、食べたいものも食べれて、ご機嫌な1日だったのではないでしょうか?

都まんじゅう、とても美味しいらしいので、八王子へお越しの際は是非食べて見てください。

| | コメント (0)

朝早く仕事をしてみるテスト。

おはようございます。

ただ今、朝の550分。

珍しい時間帯の更新となっています。(笑)


こんな時間に更新をするときは、何処かへ出かけることが多いのですが、今回はそうではなく、朝早く起きて仕上げをしてみようかな、と。



連日の高温で日中の仕事が難しくなってきているのと、夜仕上げをしていると虫が灯りに寄ってくるので、とても仕上げがしづらいのです。

友達のクリーニング屋さんでも似たような悩みは多いらしく、朝早くやる、という友達も何人かいまして。


いつもなら昨日中に仕上げるものを、今朝早く起きて仕上げてみようか、とテストしている感じです。



いつも通りに店を開けると、気持ちのいい風が入ってきます。

この気温なら普通に仕上げることができますね。

汗も程よい感じで収まるし。


何日か試してみて、よかったら夏場はこれで乗り切りますかね。

朝早いからアイロンくらいしか出来ませんが。


これから地球温暖化が進んできたら、クリーニング屋さんは気温とも戦わないといけなくなります。

これ、結構大変ですよ。

| | コメント (0)

今日は洗えない。

梅雨が寒かったので、予想に反して冷夏になるか?と思いきや、連日ものすごい暑さになっています。


なにやら、熱中症警戒アラートというものが発令されているようです。




あまりにも気温が高く、さらに湿度もあり、熱中症の危険性が高い時に発令されるようで。

今日はそれほど危ない、という事なんでしょう。



確かに朝から気温が高い。

こうなると、クリーニング屋さんは洗えなくなるんですよ。

ドライクリーニングをするには適切な温度というのがあります。

低過ぎると洗浄力が落ちるし、かと言って高過ぎるとさらに問題が起きる。


この気温で洗うのは危険なので、今日は洗えないなあ。


夜、気温が下がったら考えるけど。



昔はこんな心配をする必要はなかったんですけどね。

これだけ気温が高くなると、考えなければいけないことが出てきます。


機械の設備も変えなきゃいけないかなあ。



今日は機械にも人にも厳しい人なりそうです。

みなさん、ご注意ください。

| | コメント (0)

夏季休業のお知らせです。

今年のお盆休みのお知らせです。



813()から19()までお休みをいただきます。



お急ぎの品物がありましたらお早めにお持ちください。

お休み前までに仕上げます。



今年の連休は正直悩みました。

コロナの感染がまた広がっている事などを鑑みて、休みを長めに取ろうと。

どこに出掛けるという事は無いのですが、お店を開けていればお客さんも動いてしまうので、思い切ってお休みにすることに。



やる事ないので、お店は閉めてるけど仕事はしているかもしれませんけど。

今年の夏休みはどう過ごしいていいのか?全く分かりませんね。

困ったもので。

| | コメント (0)

汚れは生活の中にある。

洗濯やクリーニングをするときに、汚れが何か?という事はとても大事です。

汚れによって、落とし方が変わるので、汚れを知る、という事は綺麗にする第一歩になります。


クリーニング屋さんの場合だと、さらに素材や生地の質、装飾品など、気にしなきゃ行けないものが結構あるんですけどね。

ただ汚れを落とせばいいわけではないので。


色をくすませないとか、鮮やかな色を保つとか、縮ませないとか。

家庭での洗濯より、さらに求められる品質が高くなります。


この汚れは何?と考えたときに、全く想像ができない、ということってあると思うんですよね。

茶色いシミを見ても、それが何なのかわからない、プロならわかるだろうけど素人にそれを見分けることができない、そう思う人はいらっしゃると思います。



汚れって、ある日突然降って湧いてくるものではないんです。

自分の生活の範囲でしか汚れはつきません。

だから、何の汚れか?わからない時は、自分の1日の生活を振り返ってみるといいんです。


よく見直してみると、意識してないところで汚れがついたのがわかる時があります。



ズボン裾に茶色いシミがついてて、食べこぼした記憶もない、雨も降ってないから泥跳ねもない、何のしみかわからない、と思ってて、よく思い出してみたら、自転車に乗ってて。

その自転車の油がついた、なんて事もあったりします。



前にあったのが、右胸から左の脇腹まで茶色いシミがついて、付けた覚えがない、と言われたことがあります。

よくよくお話を聞いてたら、タクシーの運転手さんで、ちょうど夏の時期。


もしかして、それ、シートベルトじゃないですかね?


汗をかいてシートベルトの汚れが移ってしまったみたいでした。



気がつかないだけで、生活の中に汚れがつく瞬間は潜んでいます。



クリーニング屋さんに預けるときに、いろいろ質問をされることがあるかもしれません。

時にそれは、シミと関係ないような話だったりします。

でも、クリーニング屋さんがシミにつながらない話はしないので、その質問はシミに関係しているんです。


汚れは生活の中にある。

覚えておいてくださいね。

| | コメント (0)

日野 銀座ウエスト新工場直売所。

新しいお店ができた、と聞くと市場調査を兼ねて、そこに寄ってみたりします。

幸いにも僕は配達という仕事があるので、日中色んなところに出掛けていますから、多少遠くても寄る事ができる。


普通のクリーニング屋さんだと自分のお店の周辺、15分以内とかあるらしく、それだと厳しいかも知れませんけど、うちはそういう意味ではかなり遠くまで配達に出てますからね。

平気で市を跨ぐし、1時間ほどかけて集配に行くことなんてざらにあるし。

周辺の市のお店に行くくらい、全然余裕なのです。(笑)



さて、今回気になったお店は、日野市の銀座ウエストの工場直売店。

前は住宅街にひっそりとあったと思うんですが、新しく新工場を建てて、そこに直売所も出来たらしいんですね。


早速、高幡不動の方に配達があったので、少し遠回りして寄って来ました。



新工場と言うだけあって、とても綺麗な建物です。

直売所も、普通のお店と遜色ありません。

焼き菓子やケーキ類が販売されていました。



ちょうど三男の誕生日だったので、ケーキ類を少し。

お土産を買うのにいいですね、ここ。



駐車場も停めやすいし、コロナ対策も出来ていて、きちんと地面にソーシャルディスタンスの目安となるシールが貼ってあります。

わかりやすくていいですね。



府中からも行きやすいところにあります。

日野バイパスから入ったところですから、是非行ってみてくださいね。



B26d8b9098e343f5ab91385591d8d21c

| | コメント (0)

梨はいつ頃?

府中市の夏の名物の一つ、と言うと梨があります。

多摩川梨、と言うのがこの辺では作られているんです。


稲城市が一番多いのでしょうか、多摩市や調布市や三鷹市などでも作られています。


この時期になると、路面に小屋が立ち、そこで梨や葡萄が売られ始めます。

風物詩といってもいいような光景です。



ところが。



今年はまだ梨を売っているのを見かけません。

果物は難しいんですよね。

春先に雨が降らなければいけないし、晴れて陽がささなければいけない。

かと言って、気温が高すぎてもいけない。


今年は梅雨が長かったのが影響しているのかも知れませんね。

農家さんたちも、調整しながらなり具合を見て販売をするんですが、地方発送の分は既に受けているのでそちらを優先させると思うんですよね。

すると、小屋に並ぶのは少し遅くなるのかな?なんて思います。


スーパーでも梨は売ったますけどね。

多摩川梨は、ここでしか取れないものもあるので是非、多摩川梨を食べていただきたいと思います。


もう少ししたら、梨を探しに府中市内から稲城まで探しに行きましょうかね。

この狭い地域でも、差が出るのが不思議。

今年はどこがよくできているかなあ?

| | コメント (0)

夏のさびしさ。

今朝は朝早く起きまして、仕入れという名の買い物に行ってきました。

平日は買い物に行けないので休みの日にまとめ買いです。



市場により買い物をし、コストコにより、その隣のカインズホームに寄る。

いつものパターンですね。



夏になりましたから、コストコやカインズホームにはプールやら水鉄砲やら浮き輪がたくさん売っています。


それを見るとねえ、最近さびしいんですよ。



うちはもう買えないんだなあ、って。




子どもがみんな育ちましたからね、みんな中学生以上になっているので、小さい頃のような感じで触れ合ってきてくれません。


家庭用のプールって最近すごいじゃないですか?

噴水のようにシャワーがついてたり、滑り台がついてたり、怪獣やキャラクターのものがあったり。


小さい頃はそんなのを買って屋上で遊ばせていたんですよね。

でも、もうそんなのを買っても、鼻で笑われて反応すらしてくれない。


子どもたちが騒いでいるときに水鉄砲を撃って、きゃっきなと騒ぐような事もない。


さびしいですよねえ。


新しいプールが出るたびに、おっ!これは面白そうだ!と思っても、もう子どもたちと遊べないと思うと寂しさしかないんですよね。



うーん、強引に水鉄砲で子どもたちに乱射するかな?



順調に育っているって事ですけどね、もっと遊びたかったなあ。

| | コメント (0)

今年は暑さに耐えられるか?

長かった梅雨がようやく明けました。

今年の梅雨は昔の梅雨のような涼しさと、今っぽいゲリラ豪雨が混ざったような梅雨で。


雨が降れば土砂降り、ともすれば災害を引き起こしてしまうような大雨。

で、気温は低い。

湿度が高いから気持ち悪さは無くならないんですけどね。



湿気がなくなるから色々と仕事もやりやすくなります。

梅雨明けは気温の上昇が気になりますが、同時に湿度が下がるので恩恵もあるんです。


問題があるとするなら、暑さに耐えられるか?ですねえ。

今年、うちで例年と違うのは、住居スペースでエアコンを使用している事。

普段なら自然の暑さのままに生活をしているので、この時期になると暑さに耐性がつき、真夏でもわりと平気なんですけどね。


今年はどうなるのか?


去年より寝れてはいますけどね。

暑さでバテないようしなきゃなあ。

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »