« 都まんじゅう。 | トップページ | 家の中に暑いところがある! »

勉強に終わりはない。

昨日は1日、車屋さんを回って来ました。

車屋さんで福祉車両を見て来てるんですが、見れば当然、営業もされるんですよね。


見積もりを出させてください。



と言われて、色々と聞かれます。

最初は青梅のお店に行きました。

ここでは中学の頃の友達がいるんです。


試乗して、細かい質問をして。

そして、見積もりを出してくれてその説明を受けて。


この友達、とても優秀なんですよね。

質問をすると、なんでも返ってきます。

例えば、自分が試乗した車の情報は当たり前だし、他に展示してある車のことを何気なく質問をしても、全部返ってくる。


オプションで付けるもののことも、車種やグレードで全部違うのに、全部知っている。


こちらとしては、話している最中に急に思いついた事を質問をしても、的確に比較して説明をしてくれるので、安心して聞いてられるんです。



これ、当たり前のように思うでしょう?

当たり前ではないんですよね。

他のディーラーにも回りますから、当然他の営業マンとも話をするわけです。


でも、こんなに的確に答えが返ってくることはまずありません。

たいていこちらが質問をすると、アバウトな答えかたをされて、濁されるんです。


百歩譲って、知らなかったとしてもその場で調べる手段はあるわけですよね。

カタログもあるわけだし。

でも、そういうので確認もしてくれないんですよ。

そうなるとこちらとしても、話をしていても、細かな疑問は疑問のまま残るので、今日はこの辺で、と帰るしかなくなるわけです。

見積もりを出す、という事は、もしかしたらその場で買う、というかもしれないのに、です。



クリーニングの事はプロなので答えられますが、車に関してはど素人なので、やはりプロに頼りたい所。

そう思うと、誰に頼ろうか?は明白になります。



趣味で詳しいなら別なんですけどね。

特に詳しくもない事に関して、僕はなるべくプロの意見を尊重するようにしています。


なぜなら、プロは専門的に勉強をしているから。

専門に勉強している人に勝てわけないですからね。

ただ、プロとは言っても、勉強の度合いに差があるので、なるべく答えられる人を選ぶようにしています。



クリーニングにお持ちになる方々も、専門家ではないし、クリーニングを趣味と言う人もほとんどいないと思うんですよね。

その人たちがクリーニングを利用するのは、専門家に頼みたいから。

自分はよくわからないけど、代わりにやってもらうために頼むと思うので、なんでも答えられるように勉強を怠ってはいけないな、と思ってます。


安心して任せてもらえるように。

勉強に終わりはありませんねえ。

| |

« 都まんじゅう。 | トップページ | 家の中に暑いところがある! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都まんじゅう。 | トップページ | 家の中に暑いところがある! »