« 日野 銀座ウエスト新工場直売所。 | トップページ | 夏季休業のお知らせです。 »

汚れは生活の中にある。

洗濯やクリーニングをするときに、汚れが何か?という事はとても大事です。

汚れによって、落とし方が変わるので、汚れを知る、という事は綺麗にする第一歩になります。


クリーニング屋さんの場合だと、さらに素材や生地の質、装飾品など、気にしなきゃ行けないものが結構あるんですけどね。

ただ汚れを落とせばいいわけではないので。


色をくすませないとか、鮮やかな色を保つとか、縮ませないとか。

家庭での洗濯より、さらに求められる品質が高くなります。


この汚れは何?と考えたときに、全く想像ができない、ということってあると思うんですよね。

茶色いシミを見ても、それが何なのかわからない、プロならわかるだろうけど素人にそれを見分けることができない、そう思う人はいらっしゃると思います。



汚れって、ある日突然降って湧いてくるものではないんです。

自分の生活の範囲でしか汚れはつきません。

だから、何の汚れか?わからない時は、自分の1日の生活を振り返ってみるといいんです。


よく見直してみると、意識してないところで汚れがついたのがわかる時があります。



ズボン裾に茶色いシミがついてて、食べこぼした記憶もない、雨も降ってないから泥跳ねもない、何のしみかわからない、と思ってて、よく思い出してみたら、自転車に乗ってて。

その自転車の油がついた、なんて事もあったりします。



前にあったのが、右胸から左の脇腹まで茶色いシミがついて、付けた覚えがない、と言われたことがあります。

よくよくお話を聞いてたら、タクシーの運転手さんで、ちょうど夏の時期。


もしかして、それ、シートベルトじゃないですかね?


汗をかいてシートベルトの汚れが移ってしまったみたいでした。



気がつかないだけで、生活の中に汚れがつく瞬間は潜んでいます。



クリーニング屋さんに預けるときに、いろいろ質問をされることがあるかもしれません。

時にそれは、シミと関係ないような話だったりします。

でも、クリーニング屋さんがシミにつながらない話はしないので、その質問はシミに関係しているんです。


汚れは生活の中にある。

覚えておいてくださいね。

|

« 日野 銀座ウエスト新工場直売所。 | トップページ | 夏季休業のお知らせです。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日野 銀座ウエスト新工場直売所。 | トップページ | 夏季休業のお知らせです。 »