« すすぎ二回で臭いがしなくなるのは? | トップページ | 石けんと界面活性剤の違いを知っていますか? »

そのきれい、気のせいじゃないですか?

昨日の衝撃的な話から、もう一つ疑問が出て来ました。

その疑問とは、これ。



洗濯って本当にきれいになっているの?



家庭での洗濯は水洗いです。

僕らの使うドライクリーニングは出来ません。

ドライマークの洗える洗剤というのが売られていますが、あれは洗剤を水に溶かして洗っているので水洗い。

ドライクリーニングとは、油に洗剤を入れて洗っています。



ドライクリーニングと水洗いの違いは、洗剤ではなく、洗う時の液体が何か?が大きな違いです。

水を使う時点で全て水洗いです。



洗濯とクリーニングを比較する人がたまにいて、その時にこんな話をよくしています。



今は洗剤が進化して、洗濯機が進化しているから。

だから、クリーニングの必要がない、と。



確かに昔に比べれば洗剤も進化しているし、洗濯機も進化しています。

ただし、正しい使い方をしていれば、なんですよね。


僕が想像していたよりも、洗濯の方法は皆さん千差万別で、間違ったやり方のせいで逆に汚れさせてしまっているのではないか?と思うようになりました。



きれいになる、ってどういう事でしょう?

素直に考えれば、汚れが落ちることが綺麗になる、ということだと思います。


綺麗になれば、見た目も違う。

逆に汚れが落ちてなければ、臭いがしたり、変な色になっていたりする。


ここなんですよ。

綺麗かどうかの見極めが問題なんですよね。



例えばです。

洗って汚れの落ちてない服って、どう見えると思いますか?

僕らはその違いに気付きますが、普通の人は、洗った事で綺麗になったと見えちゃうんですよ。


なんの変化もないから綺麗になっている 、と思い込んでしまうんですよね。


以前、こんな事がありました。


ものすごく汚れている服がありまして。

汚れの上に汚れが重なっているのが見るだけでもわかります。

洗ったら下の汚れが浮いて出てくるだろうなあ、というのが想像できるんです。


この汚れが浮いてくる、という表現。

わかりづらいですよね。

つまり、こういう事なんです。


汚れが何層にも重なっていて、洗う事で上から順番に汚れが落ちていくと、一番下の頑固な汚れが返って目立つようになります。


これを汚れが浮き出る、と僕らは表現するわけです。


しかし、これが普通の人にはわからないんですね。

一見、汚れてないように見えるんです。

だから、洗う事で下の汚れが浮き出て、残ってしまうと、かえって汚れてしまったかのような錯覚をしてしまいます。


汚れを落としてしまったから逆に目立ってしまう例です。



これね、逆に汚れを落とさないとどうなるか?



綺麗なままに見えるんですよ。

変化がないので、洗った事実だけで綺麗になったと錯覚をしてしまうんです。

でも、よく見てみると、全体的にくすんでいるし、その下に頑固な汚れが見えてたりします。


でも、そこまで服をマジマジとみる人はいませんから、ほとんどの人が気付かない。


洗濯して綺麗にしている、という方、どこまで綺麗にしてるんだろう?というのは正直な疑問です。

間違ったやり方をしてしまっている人たちもいて、一回の着用時間の長い人もいます。

服によって状況が違う中、画一的な家庭での洗濯でどこまで綺麗になっているのかなあ?と気になるようになってきました。



僕も独身の頃、まだクリーニング屋さんでなかった頃に自分で洗濯をしています。

あの頃を思い出すと、やはり、きれいになってないのに、洗ったからきれいと思い込んでそれを着ていたなあと思います。

今思い返すと恥ずかしいんだけど


でも、あの時は洗っているんだから、と何も疑わなかったんですよねえ。

で、アイロンもかけず、しわくちゃのまま出かけてましたね、そういえば。

姿見の鏡で自分を見ることもしないから気付かなかったんだろうな。


洗濯、皆さん大丈夫ですかね?

本当に心配になってきちゃいます



| |

« すすぎ二回で臭いがしなくなるのは? | トップページ | 石けんと界面活性剤の違いを知っていますか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すすぎ二回で臭いがしなくなるのは? | トップページ | 石けんと界面活性剤の違いを知っていますか? »