« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

コッペパン専門店 apricot

今日は慌ただしい1日でした。

ここ数日、とある資料を作っていて、それを郵送しなければいけない。

揃えるもの、書かなきゃいけないものが沢山あったんですね。

さらに、郵便局から送るものがいくつかあり、とにかく自分の体を空けないと、と朝早くから仕事をして午前中早い時間のうちに仕事を終わらせたんです。


まずは郵便局から発送だ、と荷物を持って多摩川沿いの郵便局へ。

無事、発送を済ますと、次はプリンターのインクを買いに行かなければいけません。

さて、どこの家電量販店に行こうかな?とおもってふらふらしてて、着いたのがこちらでした。



apricot


C7b421dfcc4b4c56ac3aaab4c6d7c188


多摩の南野にあるコッペパンのお店です。

インクも購入しなければいけないんですけどね、お昼ご飯も買わないといけない。(笑)

どうせなら前から気になっていたお店に寄ってみたんですよ。


ちょうどお昼時に入ったんですが、すでにたくさんの人が並んでいます。

初めて来ましたけど、人気店なんだな、というのが分かりますよね。


コッペパン、いろんな種類があるんですね。

甘いものから食事系のものまで。

いくつかピックアップして注文。

待ってるとさらに続々と人が押し寄せてきます。


人気店はソーシャルディスタンスに苦労するなあと思いました。



さて、肝心のお味でしたが、美味しい。

パンがもちもちしてて、中の具も手作りらしく、とても美味しかったです。

こうして何か買って帰ったときに、家族の反応が一番素直なんですよね。

お店に行ってないから、へいきておいしいかおいしくないか、口に出します。

今回出た言葉はこれでした。



このパンは3つくらいペロリと食べれる。




いや、そんなに食べなくていいから。

一つを味わってください。


グーグルマップでapricotと検索をすると出てきます。

もしよかったら行ってみてくださいね。

| | コメント (0)

クリーニングにまつわるもの。

今日、配達に出ようと車に乗ったんですね。

いま、僕の車がないので父の車に乗って配達に出ています。

いつもと違うんですよね。(笑)



エンジンをかけたら、カーナビが起動をしてひとこと言うんですよ。



今日は9月29日、クリーニングの日です。



そう、今日が何の日がわざわざ教えてくれるですね。

今日はクリーニングの日なんですよ。

クリーニングの日に何が起こるか、と言うとですね、全国のクリーニング屋さんが色んなところで、今日はクリーニングの日です、って言い始めるんですよ。(笑)

挨拶で話したり、Twitterで呟いたり、ブログで書いたり。(笑)

Facebookにもクリーニングの日の投稿がたくさんありましたねえ。

クリーニングって結構かぶるんですよね。


車のナンバー、クリーニング屋さんに多いのは929

ホームページのアドレスに929 を入れてる人もいます。

また、お店のキャラクターにはあらいぐまを使うところも結構ありますね。

あと、タモリ倶楽部でもやってましたけど、屋号に舎という字を使うクリーニング屋さんも多いです。


お店の名前を見るだけで、クリーニング屋さんってわかることもありますね。


そういう意味では、うちの一伸ドライクリーニング店というのは、同業者から見ても不思議なようです。

個人の名前でもないし、クリーニングや洗濯を連想させるような名前でもない。

一伸という名前はいったいどこから来ているのか?

たまに同業者からも聞かれます。(笑)

名前の由来、いつかここでも書いてみますかね。(笑)

| | コメント (0)

乗っ取り被害が増えてます。

ここ最近、メールの方に沢山の詐欺メールが来てました。

あの手この手、品を変えてよくなるなあと逆に感心します。


大人はみんな何かしら契約をしていますよね。

簡単な登録からカード情報を伴った会員登録まで、気がつくとものすごく沢山の登録をしていたかと思います。

既に記憶の彼方に追いやられてしまったものもあるでしょう。

そこをついてくるんですよね。


今回も、あれ、これ何年か前に登録した記憶があるな?と思うようなメールが何通か。

文章が少しおかしいので、警戒はするのですが、万が一本当のメールだと困るから、読まないで捨てるわけにもいかない。

しかも、発信者はきちんとしたメールアドレスで来ているので、それだけでは詐欺か本当か、区別がつきにくくなっています。


メール本文のリンクを見ると詐欺なのはわかるんですけど、スマホだとわかりづらいんですよね。


巧妙だなあ、と思う反面、現金からカードや電子マネーに移行するからこういう犯罪が増えるんだろうな、と思います。

もしかすると、今が一番多いのかもしれませんね。

ユーザーが増えて、思いもしないような犯罪が増えて。

ここから色々とセキュリティを上げていくんだと思います。

過渡期ってやつですね。



他にも詐欺はありますね。

最近多いのがFacebookでの乗っ取り被害。

周りでは1週間に数人やられています。

突然、メッセンジャーで、これ見て、と動画が送られてきて、それを見るとアプリの登録を要求させる。

登録をしてしまうと乗っ取られて、他の人に同様のメッセージを送るらしいです。


これを何人もの人たちがやられています。


なんで信じちゃったの?と聞くと、そもそもこの手の乗っ取りを知らなかったのと、知り合いから来たから信用した、というものが多かったですね。


悪い人たちもそこを利用しているんです。

知り合い、友達から来たら、信用して開くだろう、って。


冷静になれば、そんな一言だけで送ってくるわけはないんですけどね。

久しぶりのやりとりならなおさら。


とにかく、乗っ取り、詐欺、いろんな犯罪メールがやってきます。

気を付けましょう。

| | コメント (0)

ホームページ、無事復旧いたしました。

お騒がせをいたしました。

ホームページ、無事に復旧が終わりまして、稼働しております。


本日はお休みですが、お店はいつも通りに営業をしております。

また、ネットでの受付もしております。


カシミヤ、アンゴラなどの高級獣毛品、柔らかい生地のものなど、クリーニングをご依頼をお待ちしております。


集配もしております。

府中市、多摩市、調布市、稲城市、日野市国分寺市、三鷹市、小平市、などなど、遠方でもご相談ください。

いま、僕がお伺いしていて一番遠いところは、杉並区です。


秋冬物などの洗い忘れ、夏物の仕舞洗いなど、お待ちしております。

| | コメント (0)

ホームページの復旧作業中です。

すいません、ただいまホームページが表示されなくなっています。

これから復旧作業をします。

ご不便をお掛けしますが、しばらくお待ちくださいませ。


なお、お急ぎのご用などありましたから、お店の方にお電話をいただければと思います。



| | コメント (0)

イベントにクリーニングは必要なんですね。

今年はコロナの影響でクリーニングも減っています。

一番想像しやすいのは、テレワークによりスーツやワイシャツの減少ですかね。


でも、実は他にもクリーニングに影響のあるものはたくさんあります。



例えば、夏祭りが中止になり、秋祭りも中止になる。

すると、お祭りのハッピや浴衣のクリーニングがなくなるんです。

町内で作ってある共通の法被は、毎年利用するとクリーニングをしてから保管します。

この時期、お祭りの仕事をしているクリーニング屋さんは結構いると思いますけど、ことしはそれがなくなっている分、大変だろうな、と思います。


他にもイベントがことごとく中止になりました。

イベントや展示会にはコンパニオンの人たちがいます。

企業のイメージをデザインした服装を着ていることが多く、これらもイベントごとや、展示会の最中、毎日クリーニングをしていたりするんです。

そういう専門のクリーニング屋さんもあるんですね。


これらも中止となっているので、クリーニングも無くなっています。


この数ヶ月、なにかと話題に上がる夜のお店。

ここでもクリーニングの需要はあります。

綺麗なドレスを着ていますが、あれもクリーニングをしていますよね。

時短営業、営業自粛などでこれらのクリーニングの需要も無くなっています。



人が活動をすると、そこには必ずと言っていいほどクリーニングが必要になるというのが、改めて分かりますね。

活動がなくなるとクリーニングも必要なくなる。


自宅で洗えるものもありますが、クリーニングをしなければならないものもあって、実はイベントで出店をしている人たちは、クリーニングに困っていたりするんですよ。


衣装が特殊すぎて、どこでも洗ってもらえるものではないのと、とにかく急いでクリーニングをしてもらわなければならないので、その両方を兼ね備えているクリーニング屋さんを探すのが大変なんですよね。


なので、専門のクリーニング屋さんができたりしたんです。


うちにもよく問い合わせが来ていました。

でも、うちは東京といっても郊外なので、都心のイベントをするところは遠すぎて対応できなかったり。

困っているのがわかるので、お断りするのが心苦しかったのを覚えています。


あと意外と皆さん困っているのが、舞台の衣装。

大きな劇団とかなら、お抱えのクリーニング屋さんがあるのかもしれませんけど、小劇団や趣味でやってる演劇の衣装になると、洗ってくれるクリーニング屋さんを探すだけでも一苦労します。


衣装って大抵手作りで、洗濯表示が付いてないから、クリーニング屋さんは洗いたがらないんです。

洗えるか?保証できないものは洗わない、というクリーニングやさんは多いですね。



今後、だんだんとイベントも開かれ、人の動きも活発になってくると思います。

そうしたらクリーニングも忙しくなりますかね。

もう少しの我慢だな。

| | コメント (0)

貴重な時間。

僕はおばあちゃん子で、よくおばあちゃんから話を聞いていました。

いろんな話をしてくれるし、決して僕のことを責めないし。

たまにすごい怒られることもあったけど、おばあちゃんが大好きでした。


今日、嫁さんが用事で午前中に出かけていました。

その間、店番をしていたんですが、母が店に降りてきて店番をしてたんです。

車椅子なので、荷物を取りに行けませんから横に子供が代わる代わるいて。

僕は店の奥の方に居たんですね。


すると、何やら話し声が聞こえてくるな、と思ったら三男と母が何やら話している。

たわいもない話から、昔の話まで。

母が子供の頃の話や働き始めた話など沢山してましたかね。


多分、子供にとってみたら今とかけ離れ過ぎて全てが新鮮だったのではないでしょうか。


その内、次男と交代をして、今度は次男と母が話し始めます。

やはり、昔の話からたわいもない話、なんか色々と話してましたかね。


後ろでそれを眺めてて、貴重な時間を送っているなあ、と感じまして。

今、おじいちゃん、おばあちゃん、と一緒に暮らしている子はあまり居ませんし、話す機会も少ないと思うんですよね。


親が教えられることもあるんですが、おじいちゃん、おばあちゃんでしか教えられないこともあると思っています。

同じ話でも僕らよりも聴きやすくなるでしょうしね。


僕も、おばあちゃんとの話はとても良かったし、考え方の一部になっているのは間違いない。

沢山いる孫の中の一人だったと思うんですけどね。


いつか子供たちが、思い出す時が来るのかな?と思います。

その時、なんで思うのかな?

良かったと思うのか、ただ懐かしいと思うのか。

どうなんだろう?


今はこの貴重な時間を楽しんでもらいたいですね。

| | コメント (0)

暑さ寒さも彼岸まで。

暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、今年は本当にそれですね。

ほんのちょっと前まではものすごい気温だったのに。

あっという間に、気温が下がってきました。

でも、また乱高下してますねえ、昨日のチーズがまさにそれでしたから。



暑いとか寒いとか言うのって、温度の問題ではないんですよね。

体感なんです。

だから、急激な温度変化があると、気温異常に寒くなった、暑くなった、とみんな言います。


涼しく感じるとですね、みんなクリーニングを引き取りたがるんですよね。(笑)

この寒さはまずいぞ?とおもうんでしょう、早めの準備を、と考えるので、預かってた品物を届けて欲しい、と言うご依頼が増えるんです。


この数日、宅配便の発送、配達のご依頼が一気に増えました。



クリーニングを利用する人たちって、生活がきちんとしている人が多いんですよね。

だって、クリーニングするってとても面倒なんですよ。


自分で洗う物、クリーニングに出すものを分けて、さらに次のシーズンも着るもの、捨てるものも分けて、その上でクリーニングに出すわけですから。

持っていくにしても、取りに来てもらうにしても、どちらにしてもめんどくさい。


片付けと準備がきちんと出来る人たちなんですよね。


だから、涼しくなると秋物の準備をしなきゃ、冬物の準備をしなきゃ、となるわけです。

そして、同時に、夏物もクリーニングしなきゃ、となるわけです。


これ、ほぼどこでも一斉に起きてると思いますよ。

不思議なもので、あまり変わらないんですよね、クリーニングって。

僕らに問い合わせが増える頃には、他のクリーニング屋さんにも問い合わせが増えている。


そう言う時期なんでしょうね。

天気予報を見ていると、まだまだ寒暖の差が激しいようですが、徐々に秋冬物の準備をしていきましょう。

そして、夏物の片付けも。

ちょうどいい頃合いです。

| | コメント (0)

溶けるチーズに気温の高さを感じます。

シルバーウィーク、最終日でした。

テレビでは観光地に凄い人だとか。

うちは普通に営業をしておりました。


実は毎年この日は長野に出かけていたんです。

10年ほど前に長野の友人たちにとてもお世話になりまして。

その時の恩返しに、と毎年この日は長野にお手伝いに行くんです。


この日にお祭りがあって。

そこにクリーニング屋さんの友達が出店をするんですよね。

クリーニング屋さんが集まっでやるんだけど、特にクリーニングのことには触れず。

以前はその場で染み抜きとかもしてましたけど、最近は顔を見るだけでクリーニング屋さん達ね、と認知されているので、出る事そのものに意味が出てきています。


僕らだけでなく、他の地域からもクリーニング屋さんが駆けつけるんです。


そこでお互いお土産を渡したりするんですが、ぼくが毎年持って行っていたのが、燻製のチーズ。

自家製なんですね。

ここによく出てくるチョウさんに教えてもらった燻製のチーズをしこたま作って持っていきます。


これが大好評でしてね。

これを食べたら他の燻製のチーズはたへられない、という人もいるくらい美味しいんです。


今年は行かなかったので、作るのをやめようかな、と思ってたんですけどね。

なんだかコロナで何もかもやらなくなるのもしゃくで。


と言う事で、今日は店を開けながら裏の方で燻製のチーズを作っていました。



やはり、今年は暑いんですよ。

だって、作ったチーズが溶けてるのがあるんですもん。

去年までは流石にここまで溶けたのはなかったので、気温が高めなんだと思います。


さて。

作った燻製のチーズ。

今回会えなかったところに送りますかね。

向こうも年に一度の楽しみだと思うし、なるべくいつも通りにしていたいですしね。

いつも通り、ふつうに、です。

| | コメント (0)

10年の思い出と掃除。

祝日でも通常営業をしています。


と言いましても、皆さんはお休みですからそんなに忙しいわけでもありません。

午前中は昨日壊れた車から持ち帰ってきた荷物の整理をしていました。


10年以上乗っていましたから、色んなものが詰まっています。

何かあったときようにと、折り畳みのスコップが積んであったり、傘もあったし、念のためと災害用のUSBの電球も積んでありました。


一番と多いのが、品物につけるタグ。

配達で預かってきたらその場で名前をつけるので、車に常時積んであるんです。

で、細かいものなので、時折落ちてそのまんまにしてたんでしょうね。

出てくれ出てくる、たくさんのタグが。

これを使い切るだけで相当時間がかかりそうなくらい。


紙類も多くて。

この車で色んな所に出かけていました。

それこそ、大阪の展示会はこの車で行ってましたし、他業種の展示会などもこれで行ってました。


展示会の入場のカードが残ってたり。

一番古いのは2011年の大阪の展示会の入場チケットが。


ここにチケットがあると言うことは、僕はどうやって入場をしたんだろう?



多分余ったチケットだったんでしょうね。

出掛けた思い出ばかりなので、なかなか掃除がすすみませんでした。(笑)

| | コメント (0)

自販機が荒らされる。

うちの母方の実家は群馬の山のほうにあります。

家もそこそこあるんですが、何しろ山ですからね、周りは畑や田んぼがあり、のどかな場所です。


細い県道沿いに、うちの実家で契約している自販機があるんです。

バス停があり、電灯がある所に自販機が。

夜になるとそこが唯一の明かりとなるので、まあ目立ちますよね。


土曜に電話が入りまして。

なんと、その自販機がどうやら荒らされたらしい。

しかも、プロの犯行だろう、と言うんですね。


自販機の中の小銭なんてたかが知れてます。

しかも、ど田舎のほとんど人も通らないような自販機です。

そんな所まで荒らすなんて、どれだけお金が欲しかったんだろうか?

群馬、色々と泥棒が増えてるんですよね。

豚も盗まれたりしています。

でも、豚なんて盗んでも転売出来ないし。

いっしゅん、これもコロナのせいか?なんて思っても見ましたが、真相は分かりません。


壊された自販機は、新しいのに変わるそうです。

所々、錆びてた味のある自販機でしたが、こんどはピッカピカの自販機があの暗い道を照らすんでしょうね。


大変でも、犯罪はダメ。

自販機荒らしなんてやめてね。

| | コメント (0)

人がたくさん出てますね。

今日からシルバーウィークでしょうか。

午前中、配達に出ようと店から出たら。

前の道路が軽い渋滞をしていました。



コロナの影響が出始めてから久しくこんなに混んでいるのは見たことがありません。

最初、どこか工事をしているのか、事故でも起きたのかな?と思ったんですけど、どんなに先を見てもそんな様子は微塵もなく。

ただ、車が多いと言った感じです。



配達に出て、走っていても車も多いし、歩いている人も多い。

スーパーの周りは渋滞だし、カートにテントみたいなのを積んで歩いている人もいたり。


そういえば、今日から大きなイベントの人数制限も一部解除されたんねすよね。

みんな気を引き締めながら、休日を楽しんでいるのかもしれません。


いいなあ、シルバーウィーク。

うちはいつもどおり営業だ。(笑)

日曜はお休みですが、来週月曜火曜もいつもどおり営業をしているので、ぜひお越しください。

| | コメント (0)

三つの出来事。

今日は不思議な日でした。

何かテーマでもあるのかな?というくらい、似たような出来事が起こったり、出来事が繋がってるような1日ってありませんか?


今日はそんな日だったんですよ。



午前中に配達に出ましてね。

とあるマンションに向かいました。

初めてのマンションで、宅配ボックスにクリーニングした品物をお届けする予定だったんです。

しかし、宅配ボックスがどこにあるのか?わかりません。

マンションによってまちまちなんですよね。

エントランスにあったり、駐車場の所にあったり、裏側にあったり。

おしゃれなマンションだったりすると、外見からは分かりづらくなっていたりします。


少し迷っていると、エントランスから住人らしき人が出て来ました。


住人なら知っているだろう、と声をかけたんですよね。



すいまさん、ちょっとお聞きしたいんですが、と言ったら、時間がないので、とけんもほろろに去っていってしまいまして。

いやー、宅配ボックスの場所知りたかっただけなんだけどなあ、と思いつつ、なんかモヤモヤするなあ、久しぶりだな、この感覚、なんで思ったんです。

その後、無事に宅配ボックスを見つけて納品をして、次の配達に向かいました。


運転中、先ほどの出来事が頭をよぎります。



なんか変な人と勘違いされたんだろうか?

身なりがおかしかったのか?

話しかけ方が気持ち悪かったのか?

ナンパと勘違いされたのか?


などなど、想像できるネガティブなものがたくさん出て来ます。

丁寧に話したつもりなんだけど、何がいけなかったのか?本当に時間がなかったのか?

もし自分が聞かれたら、まずは普通に話を聞くけどなあ?やっぱり都心に近いからそういうの嫌うのかな?とか、運転中、ずーっともやもやもや。


そこから数件配達を回り、少し時間が空いたので、コストコに行ったんです。

コストコに向かう途中の交差点で止まっていたら、前に車が割り込んできました。

急に入り込んできたので、変な入り方をするなあ?と見てたんですよね。


すると、その車から運転手が降りて来ました。



な、なに?ぼく、何かした?

いま、一瞬そんなふうに考えますよね。

あおり運転のニュースが多いですから、気がつかないうちにぼくが何かしたんだろうか?とか、一瞬で考えます。


降りて来たのはおじいさん。


窓を開けると、こう言われたんです。



この前の道路は町田街道ですか?




どうやら道がわからないらしい。

すかさず、違います、町田街道はもう一方先ですよ。



するとおじいさん、ありがとございます、と言って車に乗り込み、まっすぐ走っていったんです。


その時ね、ふと先ほどのマンションの住人らしき人のことを思い出して。

あの人は教えてくれなかったけど、ぼくはちゃんと教えることができたな、うん、これでいい、って。

あの時のモヤモヤが少し晴れたんですよね。

なんかねえ、知らない人は悪者と思え、と言われたようでモヤモヤしてたんだと思うんですよ。

たまたま道を聞かれて、素直に教えて、お礼を言われて。

こっちが普通だよな、と自分の中で確信が持てたんでしょうね。


無事コストコにつきまして、お買い物も終了。

陳列が変わっていて、先ほどの出来事をすっかり忘れるほど店内を歩き回りました。(笑)


さあ、次の配達に向かわなきゃ!


次の配達先はコストコから少し離れています。

時間もあるので急いで向かいました。

高幡不動の前のお客さんのところに寄り、次のお客さんのところへ使う前にホームセンターへ。


そこでまたとある出来事が起きたんですよね。


ホームセンターで必要なものを手に持ち、レジに並んだんですよ。

いま、ソーシャルディスタンスでレジに並ぶと距離を開けなければいけません。

両側にレジがあり、どっちに並ぼうか?迷って左側の方に並んだんですよね。

ちょうど混む時間帯らしく、その後ぼくの後ろにも人が並びました。

隣のレジにも人が並んでいます。


隣のレジの方がぼくが並んだ方よりも早かったんですよね。

あー、隣の方が早かったかあ、まあ仕方ないな、と大人しく並んでいたんですよ。


すると、ぼくの肩を誰かが叩くんです。

振り向くと、腰の曲がったおじいちゃんが。


な、なに?と思ってみてたら、隣のレジを指差して、いけ、いけ、とやるんです。

もしかして、こっちのレジが空いてるから移れって事?


すいません、とお礼を言って移らせてもらってレジを済ませました。


どうやらそのおじいさん、ぼくの後に並んだみたいなんですね。

で、自分より先に並んでるのに、自分の方が早くレジの順番が回って来たから、と僕に譲ってくれたらしいんです。


レジが終わった後、もう一度丁寧におじいさんにお礼を言って頭を下げまして。

おじいさんも嬉しそうでした。


駐車場に向かいながら、今日は変な日だよなあ、っと。

午前中、マンションでモヤモヤした出来事にあって、コストコに行く途中で誰かの役に立つことができて、ホームセンターで人の優しさに触れて。


最後のおじいさんのおかげで、今日はとても良い1日だな、と思えましたしね。

あの人の行動が、僕の1日を良い日にしてくれたんです。


順番を譲ってもらえた、というだけではなくてね。

その気持ちが嬉しいし、お礼を言ってそれを受けてくれたのも嬉しいしね。


本当の人の善意は周りの人も幸せにするんだなあ、と思いましたね。


何か不思議な力が働いているんじゃないのかな?というような日でしたね。

僕も年取ったらあんなおじいさんになろう、と思いました。




| | コメント (0)

服の色が滲んでしまったら?

クリーニング屋さんにはあるあるなのですが、お客さんに話すととても驚かれることがあります。



皆さん、服ってちゃんと作られていると思ってますよね?

まさか、不具合がそんなに起きているとは思ってないのではないでしょうか?


でも、クリーニングを生業としていると、そんな服によく出会います。

お客さんにその説明をすると、なかなか信じてもらえないことの方が多いんですけどね。



クリーニングが悪かったんじゃないの?

うちが買ってるお店でそんな商品は売らない。


この言葉、クリーニング屋さんならみんな一度は聞いたことがあると思います。


残念な話ですけどね、服はそんなにちゃんとは作られていないんです。


いや、ちゃんと作られてないは語弊があるな。

洗濯やクリーニングを想定して作られてない、が正解でしょうね。

だから、洗うとおかしくなる服が出てくるわけです。


そして、ひどいものになると、着ているだけでおかしくなる服が出て来ます。



いま、ちょうどそんな服が来てまして。

濃紺の部分と白い部分があって、濃紺の部分から紺の色が白に滲んでしまっているんですよね。


検品の時に、すでになっているので、着用中、もしくはご自分で洗って色が出たものと推測されます。



洗濯表示は水洗いもドライクリーニングも出来るとなっていますから、明らかに商品がおかしいですね。


きちんと服を作っていたらこんな風にはならないんです。

色が写ってしまうと言うことは、染色に問題がある、と言うこと。

きちんと色止め、もしくは過剰に生地に乗った染料を洗い流していないからだと思われます。

普通はちゃんとやる作業なんですけどね、たまーに出てくるんです。


さて、もしこのような商品に出会ってしまったら。


まずはきちんと洗濯表示を確認しましょう。

表示であらえるとなっていて、その通りに洗っておかしくなったのなら、メーカーに問い合わせができます。

洗濯表示に住所や電話番号が載っているので、そこに電話をかけていただくか、買ったお店に持ち込んで、経緯を説明すれと対応をしてくれると思います。


クリーニングでそのような状態になった時には?


これね、ちょっと難しくなるんです。

クリーニング屋さんから問い合わせると、結構な確率で認めないメーカーさんがいます。


クリーニングしたからでしょ?

おたくのクリーニングが悪いからでしょ?


ぼくらクリーニングのプロですからね。

なぜそんな風になったのか?その商品がどんな風に悪いのか?説明ができますから。

でも、説明をしてもクリーニング屋からだと話がなかなか進まないことが多いんです。


なぜなら、クリーニング屋さんは購入者ではないから。



不思議なもので、購入者、つまりお客さんが問い合わせるとスムーズに話が進んでいきます。

お客さんの方から問い合わせて、メーカーからクリーニング屋さんの方にどんなクリーニングをしたのか?問い合わせをさせる方が、今までの経験上、話が早いですね。



今年は暑くて汗をたくさんかいてます。

自宅で水洗いをしている人もいらっしゃると思います。

よく見てみたら、色が滲んでしまっている服もあると思いますよ。

洗濯表示を確認して、おかしいようなら問い合わせをしてみましょう。

商品に問題があったらリコール情報が出ているかもしれません。

クレーム、と言うと言う方も気が重いと思うので、わからないから問い合わせをして聞いてみる、そんな感じで問い合わせると良いと思います。

| | コメント (0)

この青紫色は?

クリーニングの仕事って汚れるんですよね。

そりゃ、よごれものをあつかってるんだから、当たり前だろう?と思うかもしれません。

汚れる理由はそれだけじゃないんですよ。


例えば、服から色が移ったり。

これね、濃色のものでたまに起こります。

他の服に色が移ったりする可能性があるので、濃色のものは扱う時にとても注意をするんですね。


今朝、気付いたんです。


今で寝落ちをして、朝になって起きて後悔をする、ここまではいつものパターンなのですが、その時に右手を見ると、親指の付け根から手首まで紫色になっていたんですよね。


こういう時に真っ先に思い付くのは、色のつくものを触ったかな?という事。



紫、もしくは濃紺のものを触ったかな記憶はない。

そのような品物とあった記憶はない。


とすると???


そう、内出血ですね。子供の頃によくみたやつです。

でも、ここをぶつけた記憶すらありません。

親指も動くので、ぶつけた訳ではなさそう。



じゃ、なんで内出血をしてるんだ?という謎だけが残ってしまいました。


しばらく考えましたが、答えは出ず。

ま、動くので放って置きましょう。

そのうち治る。(笑)

| | コメント (0)

ぶどう屋さん、終了。

今年は本当におかしな年で。

コロナだけどなく、気候もおかしいですよね。



夕方、いつものぶどう屋さんに行きました。

周辺に来たら少しおかしい。

あれ?いつもののぼりが立ってないぞ?と。

お昼休みの後だから出し忘れたのかな?飛ぶ同屋さんの前まで行くと、ご主人が居たんです。


挨拶をしようと車の窓を開けて声をかけたら、なんかおかしい。


すると、衝撃的な言葉が。



今年、もうぶどう終わりだよ。



えっ?

先週火曜日にあれだけたくさんあったのに?

なんでまた???



事情を聞いてみたら、やはり天候が影響をしたようです。

オープンも遅かったのもあるんでしょうが、たくさんの人が来たのと、陽気のせいでそこまでたくさん作れなかった、と。

先週の週末から全部断っているんだ、と話していました。


例年なら10月過ぎまでぶどう狩りが出来たんですけどね。

今年はあっという間に終わってしまいました。



また来年ね、とおじさん話してたけど、来年もまた陽気に悩まされないといいんだけどな。


今年はぶどう2房で終わっちゃいましたねえ。

残念!

| | コメント (0)

煮干しの頭問題。

我が家には猫が2匹います。

一年くらい前からその猫たちのご飯を入れる器に煮干しの頭だけ残るようになりました。



ハードタイプの餌を食べてまして、その中に煮干しがそのまま入ってるんです。


最初は、もともと頭だけ取れていたやつがあったんだろう、そんで食べ辛かったから残ったのかな?と思ってたんですね。

それがですよ、日に日に煮干しの頭だけが増えていくんですよね。

他の餌はきれいに食べているのに、煮干しの頭だけ残っている。


これはおかしい。


流石に気付きますよね。

もしかして選り好みをして食べてる?

煮干しの体は食べるけど、頭は食べたくないとか?

どちらの猫が選り好みをしているのか?



その疑問が先日解明されました。


ママクックというメーカーからフリーズドライのささみが販売されていて、これが猫に大人気なんですよ。

で、そこのメーカーからシラウオのフリーズドライが売られていて、試しに買ってきたんです。


シラウオそのまんまをフリーズドライしてあるので、頭もしっかりついています。


それを1匹ずつに一つずつあげてたんですよね。

すると、白い方の猫の前に、シラウオの頭が落ちてたんですよ。

で、それを取って、猫の口に持っていくと匂いは嗅ぐけども食べない。(笑)

何度か繰り返すと、一度口に入れたフリをして、ぽろっと吐き出します。



おまえか。(笑)

おまえが頭を嫌いなんだな?(笑)

器用なやつめ。(笑)



これで犯人がわかりました。

食べてもらえるように少し工夫しましょうかね。

前は普通に食べてたんだけどなあ。

なんで急に食べなくなったんだろう?

不思議ですよねえ。



| | コメント (0)

レッカーを頼むまで。

この2年のうちに、2度もレッカーのお世話になりました。

車の免許を取って、運転をして30年。

故障の経験は何度もありますが、レッカーを使ったのはここ最近だけです。


誰かの参考になるか、と思いますので、書いてみようと思います。



今回、配達の途中で異音に気づき、一度戻ってきてからディーラーに持ち込みました。

修理が混んでいたため、原因を突き止めるまでには行かず。

一度うちに持ち帰り、いつもの担当の営業マンに電話をかけたんですね。

そこで、やはり一度工場に入れた方がいい、と言うことになり、危ないから運転して車を持っていくのはやめ、レッカーを使うように指示された、と言うわけです。


どのようにレッカーをたのんだのか、といいますと、ぼくはJAFと車の保険のロードサービスが使えるようになっています。

いま、保険を契約していると殆どがロードサービスがついてくるのではないでしょうか?

無料で出来ることと有料で出来ること、さらに保険の場合はレンタカー代や帰り道の電車代なども払ってもらえるので重宝します。


JAFと保険のロードサービスではレッカーの移動距離が違うんです。

JAFは最寄りのディーラーまで、という感じ。

一定の距離以上になったら実費を払う必要があります。


今回、ぼくが頼んだのは保険のロードサービス。

100Kmまで無料で運んでくれるんです。

ディーラーは青梅にあるので、JAFでは持っていってもらえませんから、保険のロードサービスを利用したんですね。


利用の方法は簡単です。

保険会社に電話をかけます。

すると、事故なのか、ロードサービスなのか、選べるようになっているので、ロードサービスを選択。

すると、ロードサービスの担当の方が電話に出てくれます。

本人確認と保険の確認が取れたら、状況と場所を説明。

すると、今度はロードサービスの人から電話がかかって来て、具体的な場所や着くまでの時間を教えてもらってあと待つだけです。


今回は1時間くらい待ちましたかね。



レッカー車が来てからも何もすることはありません。

紙にサインをして、鍵を渡したらおしまい。

レッカー車に乗せてくれて持っていってくれます。


ね、簡単でしょう?


ただね、レッカーで車を持っていく、というのは心理的に少し重いんですよね。

昨日、ドナドナと書きましたけど、気分はまさにそんな感じです。

あー、いっちゃうの?と言う寂しさが出てきますよね。


壊れる前に乗り換えるなり、修理するなりするのが一番いいんですけどねえ。

こればっかりは仕方ないですね。

| | コメント (0)

またもや車の故障。

今乗っている車、かなり乗ってるんですよね。

配達にも使いますし、勉強をしに遠くまでいったこともあります。

小さい子供を連れて遊びにいったことも。


車中泊出来るようにマットを買ったり、寝袋を買ったりして、この数年は夜移動、朝仮眠、とかよくやっていました。


10年くらい乗っているんですけどね、走行距離が16万キロを越しています。



今日の集配中の事です。



午前中に時間指定の集配があり、なんとかそこに間に合ってほっとして、さあ次のところに配達に行こうか?とエンジンを掛けたら、なんか変な音がするんですよね。


最初は気のせいか?と思っていたんですが、そのまま走り続けても異音は収まりません。

途中、どこかで車を見てもらおうか?とも思ったんですが、お店に心当たりがないので、そのまま府中方面に。

配達を2件済ませて戻ってきてから、聖蹟桜ヶ丘のディーラーに持ち込んだのでした。



どうやら故障しているらしい。

ただ、今の段階でどこが?と言うのははっきりとは言えない、修理が混み合っていて、見れるのが早くて夜、修理は週明けになるだろう、との事。


車の中に仕事の道具が乗っているので、ひとまずお店に帰ってきました。



いつもお世話になっているディーラーの友人に電話をかけて相談をしまして、日曜日にレッカーで修理工場に持ち込むことになりました。



うーん、最近レッカー車にお世話になることが多いなあ。



富士山の水汲みの帰りに車がダメになってレッカー頼みましたっけ。

あれからまだそんなに日が経ってないんですけどねえ。

直るような故障だといいんですけど。

走っている距離から考えると、少し怖いですかね。

致命的じゃなければいいなあ。


来週の集配は問題なく出来るようにしますのでご安心を。


明日、また車を見送らなきゃ。

ドナドナだな。

| | コメント (0)

積乱雲。

今年は特にゲリラ豪雨が多いと思うんですね。

ここ府中でも、スマホの警報が鳴ったかと思うと、土砂降りの雨が降ってきます。

特に最近のアプリは、精度が高いようで、今までは府中市という広さだったのが、最近は住吉町というサイズまで細かく警報が出せるようです。


そのため、スマホが鳴ったな、と思ったら程なく雨が降ってきます。



今日、配達に出ていたんですよね。

天気も良く、訓点していると気持ちがいいんですが、その先に見える雲がそろそろ秋を迎えるはずの空には見えないんですよね。



物凄い積乱雲があるんですよ。

それも、かなりの高さのやつが。

あれがゲリラ豪雨の卵なのか、とはっきりわかるやつです。


テレビではゲリラ豪雨の話をしています。

もしかしたら、僕が見ていたあの雲のどれか、雨を降らしているのかもしれませんね。



ほんの少し気温も落ち着いて、暑いけどなんとかしのげるようになってきています。

多分、秋も近づいてるんですよ。

だから、積乱雲の反対の方を見てみると、秋っぽい雲があったりするんです。



もう少しの我慢だなあ。

今年は梅雨が長くて、カビが生えまくりましたけど、夏の終わりの雨も気をつけましょうね。

気温が高くて雨が降るので、やはり危険です。

汚れたものを丸めて置いておかないようにしましょう。

| | コメント (0)

展示会、中止に。

コロナの影響でいろんなイベントが中止になっています。

でも、ここ最近は気をつけながら開催をするところもあったり、少しずつですが元の形に戻ろうとしているように思います。


開催をするのか、中止にするのか。


イベントを企画運営しているところでは悩みどころでしょうね。

どんなに対策を取ったとしても、完璧とは言えないでしょうし、万が一そのイベント内でクラスター感染など起こしてしまったら、責任さえ問われそうですしね。


しかし、イベントに懸けているところもあるのも事実なわけで。

クリーニング業界でも年に一度の展示会で、新しい製品をお披露目したり、提案したいメーカーさんがあったりします。

そういう所からすれば、なんとかして開催をしてもらいたいと思ってるでしょうしね。


僕らも展示会を楽しみにしてますからね。



さて、そんな年に一度の展示会が、今年の12月に開催されることになっていました。

と言いながら、本当にできるのか?中止にならないのか?注視していたんですよね。

やるならそろそろ宿の予約を取らなければいけないかな、と思っていたら、本日発表がありました。



展示会の開催を延期する、と。



中止ではないのが幸いでしょうか。

いつやるのかはハッキリしていませんが、とりあえず延期ということはどこかでやる、という事。

コロナの動向次第でやるんでしょうね。


ひとまず、希望を持って次の日程が発表されるのを待とうと思います。

なにしろ、展示会は物と人と会う場所ですからね。

同業の友達と会えないのは寂しいですし。


早くコロナの影響が無くなって欲しいですねえ。

| | コメント (0)

リハビリ施設を探さなければ。

お盆に入るちょっと前に、母が通っているリハビリ施設でコロナの陽性者が出ました。

消毒をしたり、濃厚接触者のPCR検査の結果待ちで1週間ほど施設をつかなかったんですね。


で、無事に他の皆さんの陰性が証明されて施設が利用できるようになりました。



日曜に電話がありまして。

陽性者が出ました、との事。

ただ、今回はそのまま施設を使ってもいいと保健所が言ってるらしく、利用するかどうかはうちの方で決めてくれ、との事。

9月からリハビリの回数を増やそうとしていた時なので、少し考える時間をもらったんです。


結論として、とりあえず1回休もう、という事にしまして。

大丈夫とは言いつつも、もし他にも感染者がいたならこの数日で出るから、それを待ってからリハビリに通っても遅くないな、と判断をしたんです。


すると、火曜日に連絡が入りまして。

今までは職員の方の感染だったのですが、入居者にも感染者が出たとの事。

しばらく施設がつかえないという連絡が来ました。



うーん、入居者の方は高齢の方が多いですから心配ですね。

それに、一度は消毒もして、陰性も証明されたのにまた感染者が出ているという事。

それだけ広まっているのか、何か原因があるのか?わからない事だらけです。


一部では、そこまで大変なウイルスではないのではないか?という話も出始めていますが、万が一を考えるとね、高齢ですからこちらも考えてしまいます。


周りで感染の話は聞かないよ、という方が圧倒的に多いですが、こうして出ているんですよね。



リハビリ施設もそうだし、入浴も頼んでいたので他の施設を探さないと。

これから大変だ。

| | コメント (0)

ぶどう屋さんに寄ってきました。

やっと今年初のぶどう屋さんに行ってくることができました。

ぶどう屋さんのオープンも例年に比べて遅かったですからね。


先週の土曜からオープンをしていたらしいです。

でも、なかなか寄るタイミングがなく。

で、やっと今日の配達で回ることができそうだったので寄ってきました。


挨拶もそこそこに、早速今年の葡萄の試食をさせてもらうと、うん、美味しい。

おじさん曰く、もう少し日にちが経つとさらに甘みが乗る、との事。

やはり、今年の陽気がかなり影響したらしいですね。



農家さんのここ数年は本当に大変。

天候がおかしいし、気温はどんどん高くなるし。


昔からの府中の名産の梨やぶどうも、できないくらいの気温になっていると言います。

多摩川ブランドがなくなるのかもしれませんね。


朝倉果樹園さんに行くと、安田大サーカスのクロちゃんのサインが置いてあります。

去年、番組の企画でデートに来たのがここです。

ぜひ、そのサインも見てきてください。(笑)

| | コメント (0)

業者に任せていいんですよ。

こんな記事を読みました。



家事を全部自分でやる必要はない。




コロナ禍で家にいる時間が増え、それに合わせて家事の負担が増えている、と。

なんでも自分でやろうとする風潮もあると思うんですよね。

ホームセンターに行けば、自分で出来ると言うものがいろんなもので売られています。


壁や床の傷を直す修理キットも沢山売ってますし、電化製品が壊れても部品なんかも売ってたりします。

そして、やり方の動画もネットを探せばすぐ見つかります。


クリーニングでもありますよね。

自宅で洗うための洗剤も種類が豊富に出ています。


なんとなく、自分で出来る、と言うことが逆にプレッシャーになってるんじゃないのかな?と思えてきますね。



自分で出来るのと、自分がやらなきゃ行けない、というのはイコールではないと思います。

人にはそれぞれ用事もあるし仕事もある。

全部の家事をこなすのって、専業主婦でもとても大変だと思いますよ。



どこを人に任せるか?



ここは生活をする上でとても大事だと思います。

ちょっと前までは上手に振り分けていたと思うんですよね。



適度に外食をして、適度に惣菜を買ってきて。

掃除を頼んだり、クリーニングに出したり、時間を作るためだったり、体への負担を減らすためだったりで、業者に頼んだり。


上手に生活をしていたんですよ。

いつのまにか、自分で出来る、という事に振り回されて疲れちゃう人が増えているんでしょうね。


僕もよくやりますけどね。(笑)

頼めばいいのに、わざわさ車を出して買い物に走ったり。

時間も体力も限りがありますから。



記事の中では、思い切って業者に任せて楽になった、という話が沢山出ていました。

きっとストレスも相当かかっていたんでしょうね。


ただでさえコロナでストレスのかかりやすい世の中です。

無理しないでたまには業者に任せてもいいと思いますよ。

誰もそれを責めませんからね。

上手に生活をしていきましょう。

| | コメント (0)

セイコーマート。

セイコーマートに行ってみたかったんですよ。(笑)

北海道を中心としたコンビニなんです。


北海道での地震の時に大活躍したのは記憶に新しいと思います。

各店舗に、車から電源が取れる機械を準備してあって、地震で停電をしている中、ご飯を炊いて皆さんに販売をしていました。


北海道に特化した商品も販売をしていて、魅力的なものがある、とネットでも話題になっていたんです。


で、調べてみると近くはないですが、なんとか行ける距離にセイコーマートがあるんですよね。

いつか行きたいなあ、と思っていたんですよ。



そうしたら。



今日、とある用事で出掛けていたら、急に目の前にセイコーマートが現れまして。(笑)

その時は用事が先決だったので、寄れなかったんですが、帰りにセイコーマートに寄って来たんです。



もうね、ワクワクですよ。(笑)



ぐるっと一通り回ると、普通のコンビニで売られている商品に混じって、北海道の商品が並んでいます。


もちろん、買うのは北海道の商品。

牛乳を買ったり、ジュースを買ったり、飴を買ったり。

そして、メロンのアイスモナカを買って帰って来ました。


メロンのモナカ、美味しかったなあ。

場所がわかったのでまた行きましょう。

コンビニも独自色が出てると面白いですね。

| | コメント (0)

亀田屋さん 鮎もなか

どこかに出かけるときにお土産を持っていきます。

なるべく府中でお土産を買っていきたいんです。


いつも青木屋さんで買っていくのですが、たまには他のお店も開拓しよう、と思いまして。



何かないかなあ?と調べていました。

で、今回選んだお店はこちら。


亀田屋さん。



旧甲州街道、大国魂神社の斜め前にあります。

ここね、昔から気になっていたんですよね。



鮎もなかののぼりが立っているんですよね。

鮎もなか、名物らしいんです。


今回は亀田屋さんに決めまして、配達の途中に寄って買ってきました。


姿形はまさに鮎。

で、中に上質のあんこが入っています。

お土産にちょうどいいですね。


鮎もなか、誰に持って行こうかなあ?

今から楽しみだ。(笑)

| | コメント (0)

スーツをクリーニングにするのにいいお店って?

クリーニング屋さんにもいろいろあります。

麻生さんのスーツの件で、いいクリーニング屋さんを抱えているからだ、と書きました。


では、いいクリーニング屋さんってどんなクリーニング屋さん?となると思うんですよね。


高価格のクリーニング屋さんがいいクリーニング屋さんなのか?

もっと庶民的なクリーニング屋さんでいいクリーニング屋さんはないのか?

そんなふうに考えると思います。



人によっていいクリーニング屋さんの定義は変わると思いますが、では、モノを絞っていいクリーニング屋さんとは何か?で考えたら、こういうクリーニング屋さんがいいと思います、と言えるかもしれません。



スーツやワイシャツなどでいいクリーニング屋さんは?



というなら、アイロンを掛けているクリーニング屋さんをお勧めします。



多くの人が、何言ってんの?と思ったかもしれません。

クリーニングに出すんだから、アイロンかけるのは当たり前でしょう?と思いますよね?


いやいや、ハンドアイロンを使わないクリーニング屋さん、多いですよ。

プレス機と呼ばれる、大きな機械でプレスをしたり、立体乾燥機というもので乾燥と仕上げをしてしまう、というお店もあります。

両方に言えることは、どちらも価格が安くたくさんクリーニングをしているお店に多いと言うこと。


逆に言うと、アイロンをきちんと使って仕上げをしていると、クリーニング代は安くはならないし、たくさんクリーニングをすることは難しい、と言う事でもあります。



なぜ、スーツはアイロンがいいのか。

それは、きちんと整形してもらえるからです。

麻生さんのスーツの時も書きましたが、着用すれば汚れるし、形も崩れます。

それを洗って元の形に戻さなければなりません。


プレス機も便利なんですが、サイズが合わなかったり、細かなところまで気がきく仕上げはできません。


よくクリーニング屋さんで、手仕上げを売りにしているところがありますが、あれはハンドアイロンできちんと整形をしてますよ、と言う事なんです。



では、アイロンで仕上げているお店をどう探せばいいのか?



一番わかりやすいのは、クリーニング屋さんに入ったら、アイロン代が置いてあるかどうか、アイロンが置いてあるかどうかです。

これなら一発でわかります。

難しいのは、受付だけのお店ですね。


受付だけのお店って、いわゆるチェーン店が多いのと、やはり大量生産をしがちなので、そこにアイロンがけを期待するのは難しいかもしれません。


でも、中には、ロイヤルとかデラックスと言うコースを別に作って、別料金でやっているところもあります。


これ、洗い方が違うのかな?と思うかもしれませんが、多くはアイロンをかけている、と言う事なんです。

機械仕上げとアイロン仕上げ、その違いを、デラックスとかロイヤルとかに置き換えているお店は多いですね。



自分はいいスーツを持っている!と言う方は、ぜひクリーニング屋さんもアイロン仕上げをしているお店を探してみてください。

持ちも違うし、何よりも着ていて気持ちいいし、かっこいいですよ。

| | コメント (0)

仕立てだけではかっこよくは着られない。

Twitterでこんな話が出てまとめられていたんです。



麻生太郎さんのスーツがすごい。



どんなふうにすごいか?と言うと、袖から見えるシャツの長さとかファッション的にきちんと出来ている、と言うお話なんですね。

政治家ですからいろんなところで写真が残っているんですが、そのどの写真を見ても、シャツがきちんと袖から見えているんです。


その近くにいる他の政治家の人やSPさんのスーツではそうなってない。

麻生さんが、いかにしっかりとしたスーツを着ているか、シャツもそれに合わせて作っているか、と言う事に関心をした、と言うお話だったんですね。


で、それについていろんな人からコメントが付くんです。

麻生さんはいつ見てもかっこいい、とか。

仕立てのスーツを着ているんだから当たり前だろう、とか。

お高いんでしょう?とか。


確かに、体に合わせて、いわゆる仕立てて作ると袖の長さや肩幅が合うので、とても綺麗におしゃれになります。

そして、値段も高くなる。

そりゃ、細かいところを採寸して作って、また修正して、と繰り返すんですもの、手間のかかり方が違います。

仕事に見合ったお値段にはなるでしょうね。


ほぼ全部のコメントがスーツの仕立てがいい、と言う話に終始をしていたんですが、僕らクリーニング屋さんはちょっと見方が違うんですよね。

確かに、いい仕立てのスーツを着ていることは間違い無いのですが、同時にこうも思うんです。


いいクリーニング屋さんを抱えているな?って。



なぜそう思うのか?ご説明します。

先ほども書きましたが、オーダーで仕立ててスーツを作ると、体のラインにあった服が作れます。

肩幅、袖の長さ、丈など自分の体に合っているのでとても着やすい。

そして、動くことも計算に入れているので、変なシワがつきにくい、と言う利点もあります。

こまかくごちゃごちゃ書きましたが、簡単に言うと、シワもなくビシッ!とかっこいいスーツだな、と言うことです。


ここまでは皆さんと同じ意見。

だけど、ここからが違うんですよ。


服は着たら汚れるんです。

だから、洗わないといけない。

いくら高いスーツでも、仕立てられたスーツでも、ずっと着ていると汚れるし、形が崩れるんです。


そんな服はたくさん見て来ています。



高いブランド物の服がヨレヨレになっているので、よく見ます。

オーダーのスーツでも、洗わないでいるから変な癖がついておかしくなっているの、よく見かけます。


いくら体のラインに合う様に作られていても、そのままではやはりダメなんですよ。

形状記憶ではないので、いつまでも仕立てた形のままでいてくれるわけではありません。


その仕立てた感じを維持するためには、いいクリーニング屋さんを抱えてないとダメなんです。


汚れを落とし、アイロンで整形をして形を整える。

これが出来て、初めてかっこいいスーツはかっこいい形を維持できる物なんですよね。



だから、先ほども書いたとおり、僕らは少し違った見方をするんです。


いいクリーニング屋さんを抱えているな、って。



だって、仕立ての高いスーツを洗わないで着て、捨てる人なんていると思いますか?

どんな富豪ですか、その人は。(笑)

スーツだけで年間1000万くらいかかるんじゃないですかね?



世間的には、いい作りをしているからいい、みたいな感じになっている様ですが、服はそれではダメなんですよ。

なぜなら、着たら汚れるから。

それを洗って元の形に戻さないと、その服の最初の形には戻らないんです。


クリーニング業界には昔から言われている言葉があります。


おしゃれな人ほどクリーニングをきちんとする。



おしゃれに着たい人たちは、その服の持っているポテンシャルをわかっているから、クリーニングの重要性も知っていたんですよね。


でも、最近はそれを知らない人も増えてて。

高い服を着ているんだけど、ヨレヨレの人を見かけます。


この辺の話をし始めるとクリーニング屋さんにも問題がある、と言う話になって長くなるので、その話はまた今度。



麻生さん、いいクリーニング屋さんを抱えていると思います。

| | コメント (0)

すごいタイミングでご来店。

前に、人に出会う運、みたいな話を書いたことがあります。

引きの強い人ってたまにいて、普通は出会わない様な人に出会わない様なタイミングであったりする人がいます。



お客さんで去年、大学を卒業された方がいました。

進路で悩んでいて、よくうちの母に話をしに来ていたんです。

たまたま進みたい進路が服の関係だったので話をしやすかったんだと思います。

時には日付が変わるまで、いろんな話をしていました。


母が倒れ、入院した頃に引っ越しをされたんですね。

都内の方に行ってしまったのですが、たまにクリーニングを持ってきてくれて。

母の心配もしてくれていたんです。



ここ最近、母と話をしまして、たまにはお店に出たらどうか?という話をしていました。

別に何をするわけでもないですが、母のことを心配しているお客さんが多く、店で見かけないから声も掛けづらい、という話を聞いたので、お客さんが安心するからたまには店で座っていてよ、という話をしたんです。


じゃあ、今日出ようか、という話になり、夕方1時間くらいのつもりでお店で座らせていました。



それから程なくしてです。



ぶらりと引っ越したお客さんがやって来まして。

品物を引き取りに来たわけじゃないんだけど、話をしたかったから来た、と。

そうしたら、おばさんが居た、って。



すごい引きを持っている子だな、と。

前々からそんな話をしてたんですけどね、進路に悩んでいたら、急につてが出来てその業界のお偉いさんと話す機会が出来た、とか。

人の紹介で仕事に入れたとか。

そんなのが多いお客さんだったんです。


でもまさか、久しぶりに話そうかな、とわざわざ電車に乗ってやって来てみたら、たまたま今日から店に出ようと決めた母と会うなんて。


店に出ようと言ってもほんのいちじかんですよ。

彼がいつも来る時間帯よりも2時間ほど早い時間です。

彼もたまたま早くうちに来たんです。


いやー、中々居間に戻ってこないからどうしたのかな?と思ってたら、話し込んじゃったって。

お互い、積もる話があったんでしょう。


今までなら、いつ来ても、何時に来ても、母がいたので気軽に話ができたんですけどね。

今は中々そうは行かないから。

その中で、こうして会える奇跡ね。

運の強い子だなあ。


服の関係は今すごく大変ですからね、悩むところも多いと思いますが、なんとか頑張ってほしいなあと思います。



という事で、うちの母、たまにお店に顔を出しているので、お見かけした方はどうぞ話しかけてください。

午前中に出たり、夕方出たり、神出鬼没で出ています。(笑)

| | コメント (0)

としまえんの閉園。

今日、としまえんが閉園しました。

若い頃のとしまえんの記憶は残念ながら有りません。

この辺で遊園地と言ったら、よみうりランド、多摩テック、向ヶ丘遊園でした。

としまえんはCMでよく見てて、遠いところなんだろうなあ、と思っていました。



大人になり、実は遊び目的で行った事はなくて。

クリーニング屋さんの展示会を、なぜかとしまえんでやっていたんですよ。

2年に一度、大きな展示会が大阪で行われる年の夏に、としまえんで展示会が開かれていました。



プールの更衣室を使ってやっていたんです。



入園料は無料、さらに遊園地のチケットも付いてくるので、家族総出で展示会に来ている人がたくさんいました。


子どもが生まれてからは、子供を連れていったこともありますね。



なので、僕の中のとしまえんの思い出と言うと、展示会になります。



不思議なもので、それでもとしまえんがなくなると言うと寂しく思いますね。

展示会で行ったときに、お客さんが少ないな、とは感じていましたけど。

今朝もニュースなどで取り上げられていて、なくなるのは寂しい、もっと通えばよかった、と泣いている方がいました。



そうなんですよね、なくなるときに初めて気付くんです。

で、もっと来ておけばなくならないで済んだのかなあ、と後悔をします。



あの店もこの店も。

あるのが当たり前の様につい思ってしまいますが、存続してるのって当たり前ではありません。


お客さんが入ってくれなければお店は無くなってしまうし、年齢や設備の老朽化でもなくなってしまいます。


それでも、お客さんがきてくれてて、ある程度の稼ぎがあれば、設備も入れ替えることができるし、後継者も育てられる。


気持ちは大好きでも、通わなければとしまえんですら、なくなってしまうんです。



群馬で、絶滅しそうな飲食店をリスト化した、絶飯リストと言うのがあります。

皆さん、後継者がいないんですよね。


何故いないのか?


中にはいるところもあると思います。

でも、継がせたくない、と言う経営者の方は割と多いんですよ。



昔みたいに頑張れば稼げる時代ではない、辛い思いをさせたくない、と後継者がいても継がせない経営者の方を何人も知っています。



切ないですよねえ。

僕らの気持ちと裏腹に閉める覚悟をしてるなんて。



大好きなお店には通わなきゃダメですよ。

なくなってからじゃ遅いですから。

皆さん、出来るだけ通いましょう。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »