« 昔の中河原が。 | トップページ | 医療と似てるけど違うこと。 »

服の品質が良かったんですねえ。

引き続き、スクールウォーズを見ています。(笑)

なぜか母が号泣。(笑)

でも、なくポイントが少し違うんですよねえ。


1984年のドラマなので、今と違うポイントがたくさんあります。

やはり、暴力のシーンがとても多いですよね。

まあ、そう言うドラマなんですが、あの頃の価値観なんだろうな、と思います。

今見ると、ちょっとこれはまずくない?と言うものもいくつかあるのも事実ですが、あの当時の話を今の価値観でぶった切るのもおかしな話ですからね。


面白いのはこの当時の悩みも今とそんなに変わらないな?という事。

この辺りから今の価値観の素地が出来つつあったんだろうなあ、と思います。



もうひとつ、クリーニング屋の僕らならではの気づきがあります。


着ている服がいいんですよね。

しっかりしてるんです。

ニットにしろスーツにしろ。

生地もしっかりしているし造りもしっかりしている。

出演している人達が着ている服が全部そんな感じなんですよ。

なんなら、木刀やバットを持って、今から殴るぞ?とやっている不良たちの来ている制服のワイシャツも、アイロンが掛かっている。(笑)


アップになると違いがよくわかるようになります。

ワイシャツの襟を見ていて、この襟はしっかり作られているなあ、というのが分かるんです。


服の作りもコストカットの影響からどんどん悪くなっていきましたからね。

いま、このレベルの服を買おうとすると探すところから大変なんじゃないかな?と思ってしまいます。


あの当時、うちにも来ましたけど、撮影所から衣装のクリーニングやアイロン掛けを頼まれたことは結構ありました。

それだけ、身なりに気を使っていたとも言えます。


着ている服が綺麗だったりしっかりしたものだと、映像も違って見えて来ますね。

やはり、服は大事なんだなあ、と思います。

映っている服は、今着ててもおかしくはありません。

やはり、服の品質は下がっていってるんだろうなあ、と思います。

| |

« 昔の中河原が。 | トップページ | 医療と似てるけど違うこと。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昔の中河原が。 | トップページ | 医療と似てるけど違うこと。 »