« 洗濯は大事です。 | トップページ | くすんだ服が増えてます。 »

車椅子を押してみて気づくこと。

夕方、銀行に行く用事があったので、母を連れて出かけてきたんです。

車椅子ですから、三男に手伝ってもらって。


中河原駅方面に歩いて行き、横断歩道を渡り、銀行へ。

まだ、5時前だったので歩道も空いています。

もうちょっとすると、会社帰りの人がたくさん出てくるんでしょうね。


車椅子を押していると、普段気づかないことにたくさん気づくんですね。


まず、歩道は思いの他、凸凹している。

押しててはっきりと手に衝撃がくるんですよね。

ベビーカーを使ってた時もそう感じましたけど、ベビーカーはまだ軽いのでまたちょっと違うんです。


車椅子は大人が乗っているので、かなりガタガタ揺れるんですよ。


そして、歩道は意外と斜めだったりもします。


車がはいるところだったり、工事の跡だったり。

この斜めがかなり怖いんですね。

軽いベビーカーなら力でヒョイっと修正ができるのに、車椅子だと、そのまま持っていかれちゃう。

だから、ルート選びは慎重にやらないといけません。

出来るだけ、平らなところを選んで押していかないと。

しかし、歩道が狭いとそうも言ってられないんです。

向こうからも人が歩いてくるから、左に寄らないと。

すると、斜めになるわけですね。


もしかしたら、上手な押し方があるのかもしれません。

なにしろ、僕らも車椅子を押し始めたビギナーなので。



また、バリアフリーのお店って意外とないんだなあとも思います。

コンビニはバリアフリーですけど、トレイも対応しているお店は限られます。

比較的新しいコンビニは対応してますよね。


そりゃ、バリアフリーマップというのが必要な理由もよくわかる。

最近はタクシーも対応してますしね。


超高齢化社会になって、これからどんどん対応していくんでしょうねえ。

お散歩程度なら安心して出かけられるんだなあ、と感じました。

|

« 洗濯は大事です。 | トップページ | くすんだ服が増えてます。 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗濯は大事です。 | トップページ | くすんだ服が増えてます。 »