« GOTO千葉。 | トップページ | クリーニング業者はきちんと選定しましょう。 »

衣替えは洗ってしまいましょう。

クリーニング屋の僕らの常識と、今の消費者の常識は随分と乖離しているなあ、と思う事があります。


一番そう感じるのは、衣替えについて。



クリーニング屋の僕らの考える衣替えとは、汚れた服を洗ってしまう事。

季節の変わり目に、今まで着ていた服を洗い、これからきるふくと入れ替えることを衣替えと思っています。



しかし、今は少し違いますよね。

消費者の側からすると、今が大事なので、衣替えはこれから着る服を出す事だと思うんです。

それは僕らも同意をするのですが、違うのはここ。


着ていた服を洗ってしまわないんですよね。

着る前に服を洗う、これが段々と増えてきています。


着る前に洗うのと、着たら洗うの、どっちが正解か?



着る前に洗う方が正解です。

その理由ですが、洋服を着た後は汚れがついています。

そのまま仕舞ってしまうと、カビや虫食いの被害の原因になるリスクがあります。

汚れがカビや虫を呼び込むんです。

なので、しまう前に、洗ってきれいにした状態でしまう事で、カビや虫食いの被害を減らす効果があるわけです。


洗わないでしまうリスクを考えると、洗った方がいいと思いますよね。



では、着る前に洗う人たちのご意見は、と言うと、こんな事らしいんですね。


クリーニングしてから仕舞っても、いざ着る時期が来てクローゼットから出した時に、しわくちゃでとても着ることができない。

結局、着る前にまたクリーニングに出すか、自分でアイロンをかけなきゃ行けないなら、着る前にクリーニングをする方が効率的。


と言うことらしいです。

なるほど、服がたくさんあって詰め込んでしまうからしわくちゃになってしまうんですね。

また、畳んでしまう時の、折りじわも嫌なのかもしれません。


しまう事と着ることのバランスが悪いんでしょうね。


ただ、クリーニングをしている経験から言わせてもらうと、しまう前にクリーニングをしている人の方が圧倒的に綺麗に着ています。

いい服を買い、それを長く着るのが上手な人ほど、洗ってからしまいますね。


着る前にクリーニングに出てくる衣類はとても大変です。

汚れは落ちづらくなってるし、シミが浮き上がっているし、虫穴が空いてることもあるし。

今年はカビも多かったですしね。

もちろん、仕事なので、なんとかするんですが、衣類へのダメージを考えても着る前のクリーニングをするなら、しまう前にした方が絶対いいよ、と思います。



仕舞う前にクリーニングをするのは、上手にしまう事とセットなのかもしれませんね。



一つ、シワに対する対策があります。

それは、着る前にプレスをしてもらう事。

これは昔はよくされていたんよ。


仕舞う前にクリーニングに出した時に、仕舞うように服を全部畳むんです。

防虫剤などをセットにして、そのまま重ねてしまえるようにして。

そして、着る時期が来たら、早めにクリーニング屋さんにプレスを頼む。

プレス代のコストは掛かりますが、畳んでしまう事で防虫剤の効果も行き渡りやすくなるし、場所も取らないからしまいやすくなるし、なにより、着る前にプレスをする事で、気持ちよく着ることができる。


これ、割とおすすめですよ。


どうやってクリーニング屋さんに頼めばいいか、わからない、ですよね。

きちんと伝えないとけげんな顔をされるんじゃないか?と不安な人もいると思います。


ご安心を。



普通にクリーニング屋さんに持っていって、しまうので畳んでください、でOK

そして、着る前にまたクリーニング屋さんに持っていって、プレスをしてください、これでOK

それ以上、何も言わなくても通じます。


また、持っていくのが大変なら、ぜひ集配を頼んでみましょう。

ネットの宅配便のクリーニング屋さんもありますが、周辺の個人のクリーニング屋さんも集配サービスをやっているところがあります。

いつもご利用のクリーニング屋さんに聞いてみてもいいと思いますよ。


うちでも、いつもご来店くださるお客さんは配達をしていることを知らなかったりするんです。

呼んでくれればいいのに、と何度言ったことか。

みんな遠慮しちゃうんですよね。


そんな遠慮は要りません。

ぜひ、聞いてみてくださいね。

|

« GOTO千葉。 | トップページ | クリーニング業者はきちんと選定しましょう。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GOTO千葉。 | トップページ | クリーニング業者はきちんと選定しましょう。 »