« じーっとみる人。 | トップページ | 毛玉取り機。 »

アフィリエイト目的で染み抜きを教えるリスク。

最近、よく思うんですけど、ネットで染み抜きの方法を教えてるサイトって苦情来ないのかな?と思うんです。


染み抜きを教えてくれてるのに苦情?

いいことしてるじゃないか?

と思いますかね?


いやー、そんな簡単じゃないんですけどね。

というのも、洗濯や染み抜きって条件があるんです。

なぜそのやり方をしているか?というと、汚れの質や繊維、服の作りなどを総合的に判断してそのやり方を選んでいます。

人に教えるときは、ほぼそのやり方で問題のないものを教えるんですが、条件が変わるとそのやり方では問題が起きることがあるんですね。


例えば、白い生地なら問題ないけど色のついた生地ではダメだとか。

また、色がついてるもの全部ダメか、というと、平気なものもあったりダメなものもあったり。

結構複雑なんですよ。


クリーニング屋さんもテレビに出演して染み抜きを教える時には、結構最新の注意をして教えてるんですよね。

よく聞いていると、限定をしていることがわかります。


白い綿製品限定です、とか、白いTシャツには、とか。

でも、ナレーションベースで聞き取りづらくなっていることが多いんですけどね。


さらに、質問してくる人は共通して、答えだけ、やり方だけ聞きたがる傾向があります。

つまり、理屈はどうでもよくて、何を使ってどうしたら、落ちるのか?それだけが知りたいんですよ。

先ほども書きましたが、万能ではないから理屈を知ってないと色が抜けたり穴が空いたりと言った事故が起きることがあるんです。


テレビで染み抜きのやり方を説明して、色が抜けた、という問い合わせがたくさん来た、という話も聞いたことがあります。

番組内ではきちんと説明をしているんですが、きちんと限定をしていなかったために、事故が多発したんでしょうね。

その後、出演した染み抜きの関係者の団体に問い合わせが増えた、という話を聞いてますが、その後どうなったかまでは聞いていません。

大変だったと思いますよ。


で、長々と書いてきましたが、今日僕が書きたかった事は、ネットの染み抜きの情報や洗濯の情報をパクって書いてる人たちは平気なのかな?という事なんです。


アフィリエイト目的で、他のサイトから情報をパクり、精査もせずにブログで載せているサイトが結構あります。

中にはとても危険なものも見受けられるんですよね。


クリーニング屋さんでテレビに出た人のところにそれだけクレームが入るのに、ネットで適当な記事をあげている人たちは平気なのかな?と思うんですよ。

それともクレームは無視してるのかな?

普通はクレームは嫌なので、きちんとした情報を載せるようにするものなわですけどね。


どうなんだろう?


たまに知り合いからメッセージで、これどうやって落とすの?と聞かれる事があります。

その時、向こうが戸惑うくらい細かい情報を求めます。

その段階で少しめんどくさそうにしているのがわかるんです。(笑)

で、最後に、このやり方はこれ限定だからね、それ以外ではやっちゃダメだよ、というと、じゃやめておく、とほとんどの方が言うんですよね。


人に教えるって責任がありますからね。

教えっぱなし、結果は知らない、ってわけにはいきませんから。


ネットで公開をしている人たち、少し安易すぎないかなあ、と思います。

そりゃ、生き死にには関係ないけど、大事な服が着れなくなったらショックですよ。

そこまで責任取るつもりなら後悔してもいいと思うけど、アクセス稼ぎでやるのはハイリスクですよね。

| |

« じーっとみる人。 | トップページ | 毛玉取り機。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じーっとみる人。 | トップページ | 毛玉取り機。 »