« ちゃんとした服ってなんだろう? | トップページ | クリーニングの二極化について。 »

求められている仕上げの品質は?

昨日の話の続きです。


ちゃんとした服ってどんなのだろう?と言う疑問と同時にそこからもう一つの疑問が出てきます。



ちゃんとした仕上げってなんだろう?と。



と言うのも、昨日少し書きましたが、テーラーさん達はクリーニングの仕上げについて、スーツを壊している、と言う表現をしたりします。

意識的に作られたテーラーさん達のスーツは、色々なところに目的があって作り込まれています。

袖の角度や襟の形、肩周り。

人の動きや力の掛かり方、いろんなことを考慮して作り込まれているんです。


で、それに合わせてアイロンを掛けています。


テーラーさん達から見た、クリーニング屋さんの仕上げは、スーツに作り込まれた意図を組まずに仕上げていて、本来の形を壊している、と言うんですね。


クリーニング屋さんの中にもテーラードプレスを学び、そう言うスーツの仕上げをしているクリーニング屋さんもあります。


でも、結構なクリーニング代がかかるんですよ。

ぼくの知っている所でも、スーツ上下で10000円とかしますから。

テーラーさんでこのような仕上げをしていますが、それは仕立てたスーツが数十万円もしているものの仕上げだからしているとも言えます。

これをクリーニング屋さんでやろうとするとそのくらいのコストがかかる、と言うことなんですよね。


で、ですね、昨日の話に戻るわけです。

世の中にはテーラーさんの作ったスーツだけがあるわけじゃないんですね。

もっと言ってしまうと、テーラーさんの作ったスーツなんてほんのひと握りなんです。

大抵は、販売店でハンガーに掛かって売られている商品がほとんど。

簡易的に採寸をして作られているスーツもありますが、それもテーラーさんのスーツとは比べ物ならないほど簡易的に作られています。


そう言うのがほとんどのスーツを占めていて、果たしてテーラーの仕上げが必要なのかな?と言う問題があるわけです。

元々がそう言うふうに作られていないんですよ。

クリーニングは元の形に戻すのが仕事であるので、元の形と言われたら、テーラーの仕上げは違うことになります。

そして、もう一つ気になっているのがこれです。


お客さんはそこまでの仕上げを求めているのか?


と言うこと。

一回のクリーニングが10000円もするような仕上げを常に求めているのか?と思うんですよね。


実は今あるチェーン店のクリーニングはこれが発想の元になっているんです。

昔も同じように考えた人たちがいるんですよ。


お客さんはそこまでの仕上げを求めていないんじゃないか?

安い方がいいんじゃないか、と。

実際、ぼくの友達は、友人を店に招いて、仕上げの前のスーツを見せたら、これで十分だよ、と言われて、仕上げを簡易化させたクリーニング屋さんをオープンさせています。


お客さんが求めているものを提供するのがサービス業だとすると、これは一つの需要になるんですよ。


常にしっかりとしている必要はない、着れるレベルの仕上げがしてあったらいい、と言う人は結構いらっしゃるんじゃないか?と思うんですよね。


テーラーさんのスーツ、仕上げを求める人もいますけど、そこまで必要としてない人たちもいるわけです。


と思うと、テーラーさん達の、クリーニングはスーツを壊している、と言うのも、一理あるようで少し乱暴かな?と思ったりします。


最近、家庭での洗濯が増えていっています。

下着からニット、コートやスーツを洗う人まで出て来ました。

洗剤や洗濯機の進化を言う人がいますが、それ以外にもう一つの変化が大きいと思うんですよ。


それは、仕上がりへの認識が甘くなっている、と言うこと。


細かい皺がなければいい、とか、あらじわが取れてたらいいとか、このくらいなら着られる、とか。

シワや仕上がりへの意識が少し低くなったのも、家庭洗濯が増えていった理由の一つではないか、と思うんですよね。


世の中は常に変化していってます。

求められているものはなんだろう?と考えますよねえ。


僕らが思う仕上げの品質と、お客さんの求めている仕上げの品質、変わってきているような気がします。

| |

« ちゃんとした服ってなんだろう? | トップページ | クリーニングの二極化について。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちゃんとした服ってなんだろう? | トップページ | クリーニングの二極化について。 »