« 急遽、田舎に行く事に。 | トップページ | 濯ぎは3回はして欲しいなあ。 »

その変化は本当におかしくなっているのか?

自分で服を洗う人が増える一方、直してくれませんか?と言う問い合わせがクリーニング屋さんにはやって来ます。


洗ってみたはいいけど、おかしくなっちゃった、という問い合わせ、結構あるんです。



先日もニットのセーターを伸ばして欲しい、と言う問い合わせをいただきました。


ニットの縮みは正直みてみないと何ともいえないんです。

というのも、縮み方に種類があって、1番最悪な場合は2度と元には戻りません。


繊維同士が絡み合ってぎゅーっと縮んでしまうので、生地が硬くなり全然別物の服になってしまいます。

大人サイズが子供サイズに縮んだ、というのは大抵このケース。


この場合、サイズだけなら何とか戻すことが可能なんですが、生地の表面、風合い、柔らかさなどはもう元には戻りません。


今回いただいたお問い合わせのケースはそういう縮み方ではなかったので、直すことが可能でした。



さて、その時に少しお話をしたんですが、こう仰っていたんですね。



洗濯表示で洗濯機で洗えるとマークがついていてもダメなんですね、と。



うーん、新しい洗濯表示が付いている場合、洗えるとなっていたら洗えなきゃいけません。

洗える、という事は、洗っておかしくならない、という事。


縮まない、色が出ない、風合いが変わらない、など変化が起きないで洗えることを指すんです。


では、変化が起きたら不良品か?と言われると簡単にそうとも断定出来ません。


なぜなら、本当に変化が起きているのか?見てみないとわからないから。



例えば、よくあるケースですが、洗い上がりのシワクチャな状態を見て、縮んだ、と思い込んでしまうケースもあるんですね。

本当に縮んだなら問題ですが、脱水の時間の影響だったりしてシワがついた状態、というのもよくある話。

この場合は、アイロンで整形をすれば元に戻ります。

縮んだわけではなくて、シワがついているだけなら、製品に問題があるとはいえません。


このように、本当におかしくなったのか、気のせいだったのか、きちんと見極める必要があるんです。



特に最近は、製品が安定していることもあり、本当の不良品に出会うことが少なくなって来ました。

そのため、どうしても言葉だけで知ってる事象も多く、初めてみたものに対して、過剰に反応してしまうケースもあります。


簡単に言うと、見たことないから慌てちゃうんですよ。


もし自宅で洗ってみて、おかしいな?と思ったら。

一度クリーニング屋さんに相談に行ってみてください。


出来るなら個人で営業されているクリーニング屋さんがいいです。

受付だけのお店ではなく、工場併設のお店の方がいい。


なぜなら、そこには国家資格のクリーニング師を持ってる人がいるので。


表示がおかしいのか、普通のことなのか。

教えてくれると思います。

そして、その後どうすればいいのか?もアドバイスしてくれると思います。

ぜひぜひ、クリーニング屋さんに相談してみましょう。

| |

« 急遽、田舎に行く事に。 | トップページ | 濯ぎは3回はして欲しいなあ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 急遽、田舎に行く事に。 | トップページ | 濯ぎは3回はして欲しいなあ。 »