« 服はバランスが大事。 | トップページ | やはり、クリーニングは楽しい。 »

服は洗うと欠陥が見えてくる。

服の品質の良し悪しを見るのなら、洗ってみるのが一番なんですよね。


生地ではなく、完成された服を洗ってみると色々なものが見えてきます。

簡単に言うと、洗っておかしくなる服ってのはおかしいんですよね。


なぜか?


洗浄に耐えられないから悪い、と言う簡単な話ではなく、きちんとした理由があるんですよね。


例えば、洗って縮んでしまう、と言うことは生地を作るときにきちんと湯のし、地のしをしてないんですよね。

生地は作った時って隙間が空いてるんです。

網戸を思い浮かべてください。

あんな感じで生地は隙間があるんですね。

そのまま何もしないで服を作ると、その隙間が詰まっていって縮んでしまいます。

これを防ぐために、服を作る前に一度洗って隙間を詰めて、縮みにくい生地にしてから服を作るんです。


ただ、これをしてしまうと生地が硬くなりがちなので、柔らかい風合いを出そうとするとしたくないんですよね。

買った時は柔らかい、肌触りのいい生地なんだけど、そのうち詰まっていってしまう。

狙って作ったんだとしたら欠陥品ですし、手抜きなら粗悪品です。


ウールは縮み方が少し独特なのでこれには当てはまりません。

ただ、ウールの場合は、ゆるく作りすぎてると毛玉ができやすくなるし形を維持してくれなかったりします。



接着芯を使っているものも、一度洗うと接着具合が良くわかります。

作りが良くないとすぐ剥がれますしね。


どんなにしっかり作っていても、隙間が空いたりするのはあるんですよね。

で、洗うと悪いところが浮き出てくるんです。


だから、クリーニング屋さんでのトラブルって多いと思いませんか?

一時期は、消費生活センターの相談が何年も一位でした。

いろいろ理由はありますが、その中の一つに、服の問題は洗った時に表面化する、と言うことがあるからなんですよね。


僕が、服は洗えなきゃいけない、と言うのはこれも理由の一つです。

洗えない服というのは、なんらかの問題を抱えている、という事、なんですよね。


洗浄テストをきちんとしている服はいい服ですよ。

そういうメーカーさんの商品を僕ならお勧めします。

| |

« 服はバランスが大事。 | トップページ | やはり、クリーニングは楽しい。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 服はバランスが大事。 | トップページ | やはり、クリーニングは楽しい。 »