« クリーニング屋さんの話は珍しいらしいです。 | トップページ | 洗濯表示の信用に関わる問題ですよ。 »

クリーニングで本当に伝える事とは?

クラブハウスに入って話をしていると、質問攻めにあうことがよくあります。

プロフィール欄にクリーニング屋をしている、と書いてあるんですが、それを読むと興味を持ってもらえるらしく、声をかけてもらって質問を良くされるんですね。



こうしていろいろ質問をされると、改めてクリーニングって知られてないんだなあ、と感じます。

本当にいろんな質問をされるんですよ。


例えば、襟の汚れは落ちるのか?とかから始まり、ドライクリーニングって何が洗えるの?とか。

基本的なことが知られてないってよくわかるんですよね。


そして、それらが伝わってないから、クリーニングって洗うだけでしょ?と簡単に思われている節があります。



洗うって難しいんだけどなあ、と思いつつ、その辺の説明もしていきます。



なぜ、洗うのが難しいのか?といえば、服が洗えるように作られていないから。

本来洗えるように作られているはずの服なんですが、色々な理由から洗うのが難しい衣類が増えています。


表示に洗えない、と書いてあったって、洗うんですよ。

なんとかして。

綺麗にするんです、なんとかして。



具体的には、洗濯表示を読み解くことから始めます。

なぜ洗えないのか?を全体を細かく見ながら検証して、洗えない理由を探ります。

そして、その洗濯表示の意味を確認するんです。


何度までなら耐えられるのか、どのくらいの強さまでなら耐えられるのか。

今の洗濯表示は上限表示、そこまでは洗えますよ、というある意味耐久性を表しています。

表示から限界値を読み取り、限界ギリギリの方法で洗う。

すると、問題なく洗えるようになります。



こう書くと簡単ですけど、洗濯表示から読み取るのはかなり難しいんですよ。

服全体を見て、理由を探さなければいけない。

それをする為には、繊維の知識、染色の知識、縫製の知識、プリントや装飾品の知識などたくさんの情報が必要になります。

それらを総合して判断する能力が求められるんです。


ただ洗うだけのことに、これだけの判断をしている、と話すとみなさん驚かれます。

そして、こうも言われるんですね。



今までクリーニングのせいにして来たけど、その話を聞いているとクリーニング屋さんに感謝するようになるなあ、と。

洗ってくれてありがとう、という気持ちになる、と言われます。


クリーニング屋さんの情報発信が偏ってたんですよね、今までは。


シミが落ちます、とか綺麗になります、とか。

早く仕上がります、安いです。

こんなのばかり。

本当に伝えるのはもっとあって、服をキレイにする為に、どこまで深く考えているか?注意を払っているか、をもっと伝えてくればよかったんではないかな、と思います。

それをしていたら、洗うだけでしょ?と言うふうには見られていませんよね。


今からでも遅くはないですね。

僕が質問を沢山受けるように、クリーニング屋さんから話を聞きたい人は沢山いると思います。

少しずつ、多くのクリーニング屋さんが伝えていけばいいと思います。

それが出来るだけの知識は既に持ってますしね。

クリーニングのことを知る人がどんどん増えていってくれるといいなあ。

| |

« クリーニング屋さんの話は珍しいらしいです。 | トップページ | 洗濯表示の信用に関わる問題ですよ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリーニング屋さんの話は珍しいらしいです。 | トップページ | 洗濯表示の信用に関わる問題ですよ。 »