« スーツを洗っても本当に平気なんですか? | トップページ | 連休中は服を入れ替えるチャンスです。 »

クリーニング屋さんって博識なんですね。

隔週でclubhouseでクリーニング屋さんの仲間と公開でお話をしています。


たわいもない話が多いのですが、その話を面白いといってくださる方がいらっしゃって。

20人くらい聞きに来てくれてますかね。



主に僕らの雑談めいた話なんですが、最後の方は質問とか受けたりもして。

クリーニングや洗濯って疑問が多いんですよね。

いろんなルームで質問をされます。


クリーニング屋さんってそう言う質問にほぼ全て答えられるんです。

なぜか?と言うと、服を洗うと言う事は、服に関する事を全て勉強をしているから。


クリーニング学校ってのがあって、そこでは一年をかけていろんなことを学んでいきます。


素材の知識はもちろん、洗剤の知識、薬品の知識、法令、服の作りなど。

服に関わる事を複合的に学んでいないと洗う事はできません。


主婦の皆さんは、洗っておかしくなるものとおかしくならないものがある、って思ってますよね。

似たような服なのにこちらは縮むのにこちらは縮まない。


僕らクリーニング屋が同じような話をしていると仕事にならないんですよね。

普通に洗えるかどうかがギャンブルみたいになってしまう。

失敗したら弁償になってしまいます。

それでは商売にならない。


縮むのには理由があって、その理屈をきちんと学んで縮まないように洗う。

だから、クリーニングという仕事が商売として成立する、と言うわけですね。



少し前にこんな事を言われました。



クリーニング屋さんがこんなに博識だとは思わなかった。



これ、すごく褒めてもらった話なんですよ。

クリーニングがそこまで深く考えられて洗っているとは思っていなかった、想像していなかったらしいんですね。

でも、僕らの話を聞いて、洗うだけではなく、洗剤や素材の知識が深い事に驚いたんだそうです。


クリーニング屋さん、表立ってそんな話はしませんからね。

お預かりするときに説明をしたりしますが、そこでもあまり深い話はしません。

だって、預かって洗って貰えばいいのに、いちいち細かい説明って鬱陶しいでしょ?

説明はいいから洗ってよ!と言うのが普通です。


するとうちらも軽く説明はしますけど、細かい話はしなくなる。

仕方がない部分かなあ、と思います。



もちろん、服に関してクリーニング屋さんが一番知っている、なんでおこがましいことも言いません。

服に関する知識はその仕事に特化しているのが普通。


だから僕らクリーニング屋さんは、ファッションやコーディネートは詳しくありません。

素材の知識は、作りからそれを洗うとどうなるか?と言うある意味特化された知識になります。

製造しているメーカーの方が詳しいこともありますが、事その素材を洗う事に関しては僕らの方が詳しかったりする。


切り口というか視点の違いなんでしょうね。



洗う、長持ちさせる、メンテナンスをする。

この点においては、クリーニング屋さんはとても詳しいです。

ぜひ、ご相談はクリーニング屋さんへ。

| |

« スーツを洗っても本当に平気なんですか? | トップページ | 連休中は服を入れ替えるチャンスです。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーツを洗っても本当に平気なんですか? | トップページ | 連休中は服を入れ替えるチャンスです。 »