« きれいになって気づいた事。 | トップページ | 制服をアイロンかけて! »

ネクタイの明るさ。

卒業式に出た嫁さんから気になったことを教えてもらいました。


制服やワイシャツももちろん気になったらしいのですが、それよりも気になったことがあったそうで。


それが、ネクタイの明るさ。



府中八中のネクタイはエンジ色。

元から明るい色ではないのですが、それがとにかく気になった、と言うんですね。


学生の使うネクタイなんて、行事でもないとして行きません。

普段はしまってあるものだと思います。

そのため、汚れてないと思いがちなんでしょうね。


でもね、ネクタイってすごく汚れてるんですよ。

で、汚れると色が悪くなるんですよね。


嫁さんが明るくない、と言ったのは汚れていたからだと思います。



汚れの判別をする時に、明るさやくすみの有無で汚れているか?判断することがあります。

シミなどのように一部分が汚れていると比較的分かりやすいのですが、全体的に汚れていると判断がしづらくなってしまいます。

そこで色のくすみ具合、明るさで判断をするんですよ。


汚れるってことは表面に汚れがついているってことなので、元の色が違って見えるんですね。



ネクタイはねえ、普通の人でも汚れてるんですよ。

でも、洗わない人は全く洗わない。

ネクタイがなんで汚れるか?

簡単です、よく触るから。

だから、ネクタイで一番汚れるところは首元の所。

一番触れるでしょ?

あそこだけ黄色くなってしまってる人もいたりします。



嫁さんから話を聞いて、そういえば学生服のネクタイってほとんどないな、と思って。

みんな洗わないんだなあ、と改めて気づきました。


入学式は新しい制服だから気になりませんけど、卒業式は最後のイベントなので、きちんとしておかないと写真などの記録にも残ってしまいます。


制服とワイシャツだけ洗ってあればいい、ってわけじゃなさそうですね。

ネクタイも制服の一部だもんなあ。

洗うときはネクタイも一緒、ですね。

| |

« きれいになって気づいた事。 | トップページ | 制服をアイロンかけて! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きれいになって気づいた事。 | トップページ | 制服をアイロンかけて! »