« そのスーツ、自分で洗ったでしょ? | トップページ | スーツを洗っても本当に平気なんですか? »

シルエットが大事。

服って色々な意図が込められて作られています。

着心地やデザイン、使い勝手など、デザイナーさんやメーカーが色々な思いをのせて作っているんです。



なので、たまにクリーニングに対しての風当たりも強くなります。



ここはこういう仕上げではないんだ!

こう仕上げてほしい!

などなど、作る側が意図をしているのに、なんでクリーニングでは違う仕上げ方をするんだ!とお叱りを受けることもあります。


クリーニング屋の僕らからすると僕らなりの言い分もまたあるんですけどね。

まあ今回はそれは置いておいて。


服という概念も変わって来ていて、ファッション、おしゃれという要素がかなり強く入っているので、服の形やシルエットなど、ブランドの強い想いが反映されているんだと思います。


それを象徴する様な話が一つありまして。



洗濯表示です。



以前、ハイブランドにお勤めの方から聞いて驚いたんですが、ブランドの中の服によって洗える服と洗えない服がある、と。

その理由はシルエットの維持にあるんだそうです。

ブランドの中にもランクがあって、比較的リーズナブルな価格帯のものは洗えると表示をして、高級なものは洗えないと表示をつけることがあるんだそうです。


その理由は洗うことで形が崩れてしまうとこの服のイメージが壊れるので洗えるとは表示していない、と。


シルエットは洗えば多少は崩れるんですよ。

で、それは生地の問題や作りの問題で、そのシルエットを整えるのが仕上げなわけですね。


クリーニング屋の僕らからすると、なら洗っで崩れない様に作らばいいじゃない?と思うんだけど違うんですよね、彼らからすると。


そもそもです。

洗えるか、洗えないか、という話ならどれもこれも洗えるんですよ。

素材的にも作り的にも。

でも、高級なものはシルエットが崩れたらダメだから洗えない、という表示にして、リーズナブルなものは洗えると表示するのが意味がわからない。

だってどっちも洗えるんですもん。


別に縮むわけでもないし、色が出るわけでもない。

装飾品が壊れるわけでもない。


それなら、洗えるんですよ。


僕はここでよく書きますが、洗えると着れるは違うよ、と。

こういうし?えっもで着てほしい、というのはあるのかもしれませんけど、でも洗えるよね?それを洗えないという表示をするのはちょっとなあ、と思うんですよね。



洗うって汚れを落とすことじゃないですか。

なら、洗えるものは洗えると表示をつけなきゃ、と思うんですよね。



ここがハイブランドの考え方なをだろうなあ、と思います。

服、ファッションの面白いところで、そういうこだわりが服の魅力のひとつなんでしょうね。



さて、長くなりましたが実は今日の本題はこの話ではないんです。(笑)

本題は明日。(笑)

言いたいことの前の話が長すぎで翌日に書くって前代未聞だな。(笑)

| |

« そのスーツ、自分で洗ったでしょ? | トップページ | スーツを洗っても本当に平気なんですか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そのスーツ、自分で洗ったでしょ? | トップページ | スーツを洗っても本当に平気なんですか? »