« 生乾き臭対策。 | トップページ | ドライマークしかない理由 その2 »

ドライマークしかない理由。

服についている洗濯表示。

これを見ればどんな風に洗えばいいのか?一発でわかるようになっています。


水洗いが出来るのか?

ドライクリーニングが出来るのか?

アイロンの温度は?

漂白剤は使えるのか?

色んなことが見るとわかるようになっているんですよね。


この表示をつけるのにはテストをしなければいけません。

とくに、数年前に改訂された新表示では、製品でのテストをすることになっているのでより正確な表示になっています。


なんですけどね。



服を買うときに、なるべく自分で洗えるようにとドライクリーニングしかできないものを買わないように見ているのに、ドライクリーニングは出来るのに水洗いはできない服って多いと思いませんか?


先日、アパレルの方とお話をする機会があって色々と聞くことができたんです。


なぜドライマークを付けるのか?



一つは、形を崩したくないから、なんですね。

ドライクリーニングってよく出来た洗い方で、形を維持したまま洗うことができるんです。


意味わかりませんよね?(笑)


ドライクリーニングの特徴を現したテストがあります。

折り紙で鶴を折るんです。

それをドライクリーニングの液体の入った瓶に入れて蓋を閉め、思いっきり振ります。

1分くらい振ってみましょうか、終わった後に蓋を開けて中から折り紙を取り出すと、鶴がそのままの形で出てくるんですよ。


これが特徴なんです。

原型のまま洗うことが出来る。


これにより、ドライクリーニングをすると型崩れを防ぎ洗うことが出来ます。


逆に水で洗うとどうなるか?というと、同じように水の入った瓶に折り紙のツルを入れて振ったら、言わなくても想像できますよね。

クシャクシャになってしまいます。

服も同じなんですよ、水で洗うと同じようになる。


型崩れとは言いませんが、クシャクシャの形から元に戻すのって至難の技です。

アパレルさんからすると、意志を持ったデザインをされてる服の形をなるべく維持したまま着てもらいたい、という思いがあり、ドライクリーニングを指定することがあるんだそうです。


そして、もう一つ、理由があると言います。

この理由はちょっと想像できなかったかな。

続きは明日。

| |

« 生乾き臭対策。 | トップページ | ドライマークしかない理由 その2 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。先日クラハのルームでいろいろお話しを聞かせていただきありがとうございました。ぜひ今度“今更聞けないクリーニングの基礎知識“についてルームをご一緒にできれば嬉しいです。消費者やアパレル同業者にもっとドライクリーニングについて正しい知識を得て、洋服を長く綺麗に着てもらいたいと思うのですがいかがでしょうか?
私のインスタかメールアドレスにメッセージいただけると幸いです!
Hiromi Shimazu

投稿: Hiromi Shimazu | 2021年5月31日 (月) 13時48分

島津さん、先日はクラハでお世話になりました。
とても楽しくお話ができて嬉しかったです。
メールの方にお返事出させていただきますね。


>Hiromi Shimazuさん
>
>こんにちは。先日クラハのルームでいろいろお話しを聞かせていただきありがとうございました。ぜひ今度“今更聞けないクリーニングの基礎知識“についてルームをご一緒にできれば嬉しいです。消費者やアパレル同業者にもっとドライクリーニングについて正しい知識を得て、洋服を長く綺麗に着てもらいたいと思うのですがいかがでしょうか?
>私のインスタかメールアドレスにメッセージいただけると幸いです!
>Hiromi Shimazu

投稿: boribori | 2021年5月31日 (月) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生乾き臭対策。 | トップページ | ドライマークしかない理由 その2 »