« ドライマークしかない理由 その2 | トップページ | 服が長持ちしない原因はなんでしょう? »

泡が立つのは汚れのせいじゃない。

洗濯の時に洗剤を入れますよね。

入れると泡が立ちますよね。


あの泡、汚れが落ちてるから立つわけじゃないんですよね。

先日、とある所でそんな話が出て、そうか普通の人は泡は汚れが落ちたから立つと思ってるんだ、と少々驚いたんです。


泡の説明をしようとすると、界面活性剤の説明をしなければなりません。


細かい説明をすると長くなるので簡単に説明しますね。


泡が立つ状態というのは、水分中に満遍なく界面活性剤が行き渡っている証拠なんですね。

水の中にも、水と空気の境目にも界面活性剤か行き渡っている証拠。

この状態が洗濯をするのに1番いい状態なんです。

この状態の時に泡が立ちます。

つまり、泡が立つ=洗剤が行き渡っている、という証拠なんです。


次に、界面活性剤って汚れを落とす仕事をします。

どうやって落としてるのか?と言うと、汚れを水に溶けやすくして落としています。

二つの物質の間を取り持つのが界面活性剤の仕事なんです。


さて、汚れは落ちました。

落ちた汚れは水の中に溶け出します。


今日の本題はここからです。(笑)


汚れが水の中にとけると、界面活性剤は次の仕事に移ります。

それは、汚れを囲む、と言う事。

水分中の汚れを界面活性剤が取り囲むんですよ。

これによって、落ちた汚れが服に戻らないようにしているんです。


ここです。

汚れが落ちると界面活性剤が一気に取り囲む。

この時に界面活性剤、いわゆる洗剤が、汚れを取り囲む事で満遍なく水分中に分散していたものが減っていきます。


すると、泡が立たなくなるんです。


これが、汚れが落ちると泡が立たなくなる理由。


落ちた汚れよりも洗剤の量が多ければ、汚れが落ちても泡は立っています。

泡って水分中の洗剤の量のバロメーターになっているんですよね。

泡が立っている状態、立ってない状態から現在の水の中に洗剤が足りているのか足りていないのか?判断できるようになっています。


多過ぎれば、洗剤が服に残留し洗剤焼けを起こすし、少なければ汚れが服に戻ってしまう。

洗剤を適正量使いましょう、と言うのはこう言う理由からなんです。


洗剤って面白いでしょ?

洗濯機の中でいろんな動きをして汚れを落としています。

で、洗剤の動きを知ると洗濯の時のいろんな不安が全てきれいに消えていく。

そんな心配しなくていいんだ、と分かるようになります。


洗剤の勉強というか、洗濯をきちんと学ぶ機会がないんですよ、日本って。

で、必要に迫られて学ぼうとするので、学ぶというよりは手順だけ手っ取り早く分かればいい、となりがちになる。

その結果、洗濯ってよくわからなくてなんとなく怖いもの、と思い出す。


きちんと学ぶ場が欲しいですね。





| |

« ドライマークしかない理由 その2 | トップページ | 服が長持ちしない原因はなんでしょう? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドライマークしかない理由 その2 | トップページ | 服が長持ちしない原因はなんでしょう? »