« 怒涛の月曜日。 | トップページ | 服の強度は生地の厚さだけでは決まらないですよ。 »

いい服を考えるときは悪い服は何か?を考える。

いい服ってなんだろう?

この会話は色んなところでされています。

ファッショナブルな服がいい服、素材のいい服がいい服、安い服がいい服、ブランド物がいい服。


いい服ってなかなか難しいと思うんですよね。

なぜなら、人の数だけあるから。

好みもあるし趣味趣向は人それぞれ。

わかりやすいのはユニクロなんかそうですよね。


ユニクロをいいと言う人もいるし、ファッション好きな人はユニクロを好きと言うのはちょっと、と言う人もいます。

その人たちからすると、ファッショナブルでなければ悪なんでしょうね。



いい服を考えるから難しくなるんですよね。

これ、逆に考えてみれば簡単なんです。



悪い服ってなんだろう?



自分が着てて、買って、嫌だなあって思う服ってなんだろう?と考えると答えが出てきます。


着心地が悪かったり、すぐ傷んだり、縮んだり、色が褪せたり。

要は、長く着ることができない服が悪い服なんですよ。


長く着れない服には必ず理由があります。


縮む、すぐ色があせる、伸びる、型が崩れる、着心地が悪い。

色んな理由からまた着たくないなあ、と思わせる。

そんな服が悪い服だと思うんですよね。

そして、長く切れない服にもう一つ共通するのが、洗えない事。


ここでは何度も書いていますが、服は、着て、洗って、また着る。

これが出来ないとダメなんです。

これが服のサイクルなんですね。


一度しか着られない服は既に工芸品。

芸術品とも言えるかもしれません。

それも服だと言えますが、例外中の例外ですよね。


日常生活で着る服、ファッションで着る服で、一度しか着れない服ってあり得ないと思います。

それこそ、礼服ですら何年も時を挟みますがまた着るじゃないですか。



デザインや色合いなどは好きにしていいと思うんですよ。

そこでいい服悪い服と決めるのはなんだか違う気がします。


好きなデザインで、好きな色で服を作ればいい。

だけど、その服が長く着れる、洗えると言うのはとても大事。

そこを守ればどんな服もいい服と言ってもらえるのではないかなあ、と思います。


アパレルさんたち、本職過ぎて悩むみたいですね。

色んな声が届くからなあ。

いいものの定義が人それぞれすぎてわからなくなっちゃうんでしょうねえ。

そんな時は基本に帰る事といいですよね。

悩んだらシンプルに、です。

| |

« 怒涛の月曜日。 | トップページ | 服の強度は生地の厚さだけでは決まらないですよ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怒涛の月曜日。 | トップページ | 服の強度は生地の厚さだけでは決まらないですよ。 »