« 服の強度は生地の厚さだけでは決まらないですよ。 | トップページ | クリーニングが利用されない理由。 »

服が売れない理由は?

服が売れない、とアパレルの方々が話をしているようです。

コロナの影響もあるんでしょう。

人に会わなくなると極端に服を購入しなくなります。

クリーニングも減りますからね、服って人に会うために着ている側面もあるんだなあ、と去年から随分と感じてきました。


反面、このコロナ禍で売り上げを上げているアパレルもあるんですね。

店舗での対面販売からネットを利用した通販に切り替えた所は好調だったとか。

また、ファストファッションも売れていると聞いています。


売れないのはデパートとかセレクトショップなのかなあと思いますね。


服が売れなくなった理由はなんでしょうか?



ここからはクリーニング屋として話させてもらいます。

僕らクリーニング屋から見ていると、アパレルの方は服のお手入れについてあまり知らないように見えます。

そもそも服が長持ちすると思って無いような節さえ見えるんですよね。


ファッションって、自分の気持ちが上がるおしゃれでもありますが、毎日着ている仕事着の面もあったりします。

人に会うときに恥ずかしくなければそこまでおしゃれでなくてもいい、と言う人たちもいますよね。

そう言う人たちにとって、着ていて恥ずかしくなく、長く着用できることがいいことだと思うんです。


逆を言えば、すぐダメになる服は困るわけです。

毎日着ていくスーツがすぐダメになったら困りますもんね。



服が売れない理由、それって服が長持ちをしなくなったからじゃ無いでしょうか?



これにはいくつか理由があります。

一つは、製品自体の品質が落ちた、と言うこと。

昔に比べて製品の品質は明らかに落ちています。

もちろんそれにも理由があって、ファストファッションの台頭により服の製造コストを下げなければならなくなってる。

きちんと作るとコストが掛かるので、段々とコストカットしていった結果、品質が落ちてしまった面は否めないと思います。


もう一つ、売る人が服のお手入れの仕方を伝えられてない、と言うこと。

服は、意図が込められています。

デザイナーさんがこう着て欲しい、と言うのがあるんですよ。

すると、お手入れの仕方も当然変わってきます。


例えば、形を維持しながら着て欲しい服だと、洗い方やメンテナンスの仕方も変わります。

洗いざらしでとにかくラフに着て欲しい服とは扱いが変わるのは想像できると思います。


服って面白いもので、きちんとメンテナンスをすると長くいい状態で着ることが出来るんですが、扱いを間違えると、途端におかしくなってしまうんですね。


売るときに適切なメンテナンスの仕方、自宅での洗濯でいいのか、クリーニングが必要なものなのか、そう言うアドバイスをするだけでも、商品の持ちは変わってきます。


つまり、長く着用できる扱い方をレクチャしきれてないというのも問題だと思うんですよね。



お客さんはいろんな意味で素人です。

でも、買うときにはその服のいいところを見つけ、それを楽しみたいと思っている。

その服が着れないと思う時は、その服のいいところがなくなった時です。


アパレルの方はファストファッションを気にされるんですが、何故ファストファッションにお客さんが集まるのか?もう一度考えた方がいいです。



安いから?



いやいや、それは理由の最初では無いです。

安くてもいい理由がそこにあるんですよ。



どうせ買っても、一年や二年で買い替えるんだから、安いのでいいんです。



これが理由。

売れない理由を考えれば、アパレルが取る道は決まってくるんでは無いでしょうか。


僕らクリーニング屋はアパレルさん達に、長持ちする服を作ったらどうですか?と言います。

すると、服が売れなくなるから困る、という人たちが一定数出てきます。


本当にそう思ってるんだとしたら大間違いですよ。

考え直した方がいい。


でも、実は売れないのはアパレルだけじゃ無いんですよねえ。

クリーニング屋も売れてない。

アパレルさんだけ責めるのはおかしいので、明日はクリーニングが売れない理由を書いてみましょう。

| |

« 服の強度は生地の厚さだけでは決まらないですよ。 | トップページ | クリーニングが利用されない理由。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 服の強度は生地の厚さだけでは決まらないですよ。 | トップページ | クリーニングが利用されない理由。 »