« デマを話してる瞬間。 | トップページ | なんで今年は布団類が多いんだろう? »

洗濯とクリーニングの見分け方。

今日は午後から洗濯王子の中村くんと見分け方についてクラブハウスで話をしていました。


見分け方って色々あります。

洗濯とクリーニングの見分け方、洗えるか洗えないかの見分け方、素材の見分け方、シミの見分け方。

いろんな見分け方があるわけです。


特に洗濯できるのか?クリーニングに出したほうがいいのか?の見分け方は結構難しいと思うんですよね。


高いものだからクリーニング、安いものだから洗濯、そういう分け方も確かにあります。

でも、必ずそうとは言い切れないのが素材による問題。

安くても水洗いに向いてない素材で作られているとクリーニングに出すほうがいい、という事になる訳ですね。


また、その服をどこに着ていくのか?と視点で見ると案外簡単に分けられたりします。


自宅で着る、人に会う時には着ない、そういう服なら家庭で洗濯でも十分です。

洗って多少おかしくなったとしても、誰に見せるわけでもない、着ることができればOK

これだと本来水洗いに向いてないものでも、家庭洗濯という方法をとっても良さそうです。


人に会う時に着る、外に出る時に着る、こういう服はクリーニングに、と考えることができます。

なぜなら、クリーニングなら仕上げもしてくれるから。

また、色や形が変化しないように洗ってくれるのがクリーニングなので、服が変な状態にならず、服を着るときのストレスも減りますね。


人に会うとき、外を歩く時に、洗ってあるから平気、というわけにはなかなか行きません。

たまに居ますよね、しわくちゃの服を着ている人。

それを見てモヤモヤする人はクリーニングをする方がいいと思います。

自分が同じような目で見られてると思うと嫌でしょう?



なんでも自分で洗いたい、といい気持ちはわからなくもないですが、家庭でできることは限られています。

道具もない、薬品も使えない、その中で汚れだけでなく洗った後の状態も考えるといいと思うんですよね。


そして、これを考え始めると実は服を買う時に選ぶようになるんですよ。


自宅で使うものは自分で洗えるものを選ぶようになる。

今でもやっていると思いますが、もっと細かく考えるようになります。


洗濯表示を見るし、作りを見るし、素材を見る。

自分で洗えないものって服のミスマッチが多いんですよね。

自宅で洗いたいのに洗えない素材で作られている。


服を買う時にそもそもそういうものを選ばなければ自宅でも洗いやすくなるわけですからね。


クラブハウスでお話を伺っている時にこんなお話も聞きました。


クリーニングに出していいものかどうか。

なんか自分で洗えるものをクリーニングに出して変な風に思われてないか心配だ、と。


クリーニングに出す事って手抜きみたいに思われているんですかね?

僕らクリーニング屋さんにはさまざまな衣類が出ますが、一度もこんなの自分で洗えば?なんて思ったことはありません。

逆に、丁寧な人なんだなあって思うんです。


Tシャツをクリーニングに出す人もいるし、作業着をクリーニングに出す人もいます。

洗おうと思えば自分で洗えるアイテムですが、クリーニングに出すことはなんら不思議ではありません。


クリーニングは家事の手抜きじゃないですよ。

服を丁寧に着ている証拠です。

安心して、洗濯とクリーニング、使い分けてくださいね。

| |

« デマを話してる瞬間。 | トップページ | なんで今年は布団類が多いんだろう? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デマを話してる瞬間。 | トップページ | なんで今年は布団類が多いんだろう? »