« クリーニングは洗濯の上位互換ではないんだなあ。 | トップページ | 初心者マーク。 »

衣替えの時、クリーニングか?洗濯か?問題に結論が出ました。

今までの常識が急に覆ることってあると思います。

それまでは常識だったのに、新しい発見、気付き、流行など色んなことで変わってしまうんですよね。


最近、僕らの中で常識が変わる事が多くなってきています。

今までもそう言うのってあったのですが、今年の変化は少し異常です。

急に色んな事がわかるようになってきたんですよね。


原因は多分クラブハウス。


色んな人にお話を聞けるんですよね。

これまでもメールやLINEなどでお話を聞く機会はありましたが、やりとりに時間がかかったり、細かく聞けなかったりだったのが、クラブハウスでは直で話ができるので、聞きたい事が聞け、レスポンスも非常に早いので、さらに質問ができたりします。

その結果、今までの常識が覆る事がいくつか出てきたんですね。



その中の一つ。


衣替えの時にあらってしまう。

これについて少し考え方が変わってきました。

洗ってしまうのは間違いではないんです、問題はどう洗うか?と言う問題。


今までは、クリーニングをしてくれればいいけど、家庭で洗濯でも構わない、人によっては家で水洗いをする方が汗が落ちるので良い、と言う人もいました。


確かに一理あるので、家で洗いたい人にはそれでいいと思います、と話していました。

とにかく洗ってしまってくれれば、次のシーズンも着ることができる、と。



ところがです。

これに疑問符がついてしまったんですよね。

家庭の洗濯機がそもそも汚れを落とせてない、と言う問題が出てきたんです。

その原因もわかっていて、水の量の問題。


1990年代に家庭用の洗濯機が節水仕様に変化したんですね。

その影響で汚れ落ちが悪くなった、と言う報告が数年後に出ているんです。

汚れが落ちてない、洗剤が溶け残る、そもそも服が濡れてない箇所がある。

そんな話がで始めたのが90年代。


その後、日本初の部屋干し臭に対応した洗剤が売られるようになったんですね。


それまでは部屋干し臭なんてなかったんですよ。

洗濯機の節水が始まってからなんですね。

さらに、一回すすぎが増えてきて、自動で洗濯機が一回濯ぎを指定してたり。


ここ最近分かったのは、家庭の洗濯機は汚れが落ちてない、と言うこと。


根本的におかしいんです、汚れが落ちるようになってない。

洗剤が進化した、洗濯機が進化した、と言う人がいますが、逆です、進化はしてない。

そして、洗剤は洗濯機が足りないからいろいろ頑張っているんだけど、方向性が間違ってるから、匂いをつける方向にシフトしている。


香害で苦しむ人が出てしまってますもんね。



衣替えの洗濯って、結構重要なんですね。

なぜなら、半年ほどしまいっぱなしになるので、変化に気づけない。

汚れをきちんと落としておかないと、カビやむしくいの温床になる可能性が出てくるんですよ。



しまう前の洗いはとても重要。


家庭での洗濯機がきちんと汚れを落とせてないと分かった以上、しまう前のお手入れは家庭の洗濯は推奨できません。


クリーニングに出してください。

それが一番安全。


ね、これまでは家庭の洗濯機は最低限洗えてると思ってたんですけどね、その常識がかわりました。

洗えてたら、別に家庭で洗ってもらってもいいと思いますけど、洗えてないんならね、おすすめはしません。


自宅で着るだけならまだしも。

会社に着ていく、人に会う時に着ていく、そう言う服はクリーニングに出してしまいましょう。


てか、洗濯機メーカー、ちゃんとした洗濯機を作ってくれ。

それが先!

| |

« クリーニングは洗濯の上位互換ではないんだなあ。 | トップページ | 初心者マーク。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリーニングは洗濯の上位互換ではないんだなあ。 | トップページ | 初心者マーク。 »