« 気温差にやられる。 | トップページ | 電話をかけまくる。 »

クリーニングか洗濯か、その基準は?

土曜の夜に、クラブハウスでデザイナーの島津さんとお話をさせていただきました。


今回のテーマはデザイナーさんとクリーニング屋さんが本音で明かす服のメンテ方法。



服は着れば必ず汚れます。

そして、その服を長く着るためにはメンテナンスは大事。

ドライクリーニングってどんな風に洗ってるの?という話から色々お話をさせていただきました。



クリーニングって知っているようでよく知らないと思うんです。

なにで洗っているのか?

油で洗って汚れが落ちるのか?

逆に黒くならないのか?

どんなものが洗えるのか?


いろんな質問をされて、こちらもすごく勉強になりました。

僕らにとっては当たり前のドライクリーニングでも、一般の方からすると謎だらけ。

油のイメージも相まって、不安につながっているんだなあと思います。



クリーニングやさんではほぼ全てのアイテムが洗えます。

なにが洗えるんですか?と言われると、全部と答えるんです。(笑)

でも、リアルな話、全部をクリーニングに出すわけではないですよね?

すると、どんなものをクリーニングしたらいいのか?という話になるわけです。


実はここが非常に難しくて、その服をクリーニングしたらいいか自分で洗った方がいいか、という質問の答えは、その服をどう着たいか?で決まってくるんですね。


素材ごとにドライクリーニングした方がいいというのは確かにあります。

でも、それもこれも洗った後の状態が買った時に近くなる、という話の時のことで、もし洗った後の状態にそこまで拘らなければ、家庭でほとんどのものが洗えるんです。


そう、洗えるんですよ、家庭でも。



でも、洗えるだけなんです。

洗えるのと着ることができるのは別の話。

洗えはしたけど、しわくちゃで着ていけない、なんとなく汚れがすっきりしない、これでも洗える、と言えるわけですね。


クリーニングは汚れも落としますし、なるべく買った時の状態を維持する、近づけるように洗います。

そこが家庭での選択との1番の違い。

物ですから普通に使っていれば劣化は避けられないわけですね。

それを出来るだけ丁寧に扱い、劣化を遅らせるか?が大事なんですよ。



こう考えると、クリーニングするか、自分で洗うか、分けるのって結局自分がどう考えるか?になると思いませんか?



ブランド品だからクリーニングって訳じゃないのは分かっていただけると思います。

ブランド品でも、自宅でしか着てないとかだと、誰に見せるわけでもないので洗いざらしで着ていける。

それをクリーニングに出しても全然いいんです。

でも、その服をクリーニングするか、自分で洗うかって服の劣化を抑えたいか、受け入れるか、で決まってくると思うんですよね。



また、仕事に来ていくスーツ。

これも洗おうと思えば自分で洗えます。

でも、ヨレヨレになったり綺麗にならないと困る。

さらに、劣化が早まるのも困る。

すると、必然的にクリーニングを選ぶ人が増えてくると思うんですね。



でも、中には洗えるスーツを買ってさっと洗って着ていきたい人もいるわけです。

洗えるスーツ、便利なんですよね、劣化も少なくて。 

でも、その代償は大きくて着心地が普通のウールと全然違います。

そりゃそうです、ポリエステルとウールでは雲泥の差がある。

ウールの吸湿発散性が服の中の快適性を保つのに対し、ポリエステルは吸湿すらしない。

これだけでもどちらが着心地がいいか?わかりますよね。



クリーニング屋をやっていると本当にいろんな服がクリーニングに来るんです。

そこには、高い服だからとかそういう分け方はされてなくて、その服をどう着たいか?が集約されていると思います。


服のお手入れをコストで考え始めたら洗わなくなるんですよ。

もったいないって。


服をお手入れするのって、その服をどう着たいか?になるんです。

どうせ服なんて着てればシワになるからという人もいます。

きちんとクリーニングすれば綺麗な服、整った服を着ることができると知っている人がいます。


ね、考え方の違い。

そして、この差は実はみんなよく見ている。

あの人、いつもスーツがしわくちゃだよね、とか、ワイシャツがしわくちゃだよね、とか。

襟が汚いとかも話が出るみたいですね。


こういうことを言われないように、身だしなみ、という言葉があったのかもしれませんね。

人の目を気にする前に、自分で整えるって事なのかな。


どういう服をクリーニングしたらいいのか?という質問は本当に難問ですね。

行き着くところは、みなさんの服をどう着たいか?という意識の問題。

ファストファッションとかにも繋がっていくんじゃないですかね。

もう一度この話をしてみたいなあ。


| |

« 気温差にやられる。 | トップページ | 電話をかけまくる。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気温差にやられる。 | トップページ | 電話をかけまくる。 »