« おしゃれとは。 | トップページ | とにかく暑い! »

やり方だけ聞いても洗えません。

洗濯の相談を受ける時に、とても気になることがあるんですよ。

自分も他のことなら同じような感覚で聞くよなあって思うんですけどね。


やり方だけ知りたがるんですね、みなさん。



しかも簡単に聞いてくるんです。

ニットなんですけどどうやって洗えばいいですか?

ここにシミがついてるんですけどどうすれば落ちますか?



気軽に聞いてくれる事は大歓迎です。

問題なのは、やり方だけ聞かれても困るよなあって事。

なぜなら、状況によって洗い方が変わるから。



ピンポイントで、この素材、この汚れならこのやり方!というのは言えます。

例えば、綿の白いTシャツで汗の汚れがついてる、これをどう落とせばいいか?と言うものを、現物を見せてもらった上ならピンポイントで答えられます。


でも、見せてもらえなかった時、状態を説明してもらったものが僕の想像と違ってたら、説明をするのが一気に難しくなるんですね。



先程の状況、こうだと洗い方が変わるんです。



綿の白いTシャツ、ひどい汗の汚れがついてる。


これだと洗い方が変わるんですよ。

素材も色も一緒、でも汚れのつき方がひどい状態。

これだと先ほどとは違う洗い方になる。


この差が難しいんですよね。



なので、僕らが説明をする時には幅を持たせるようにしているんです。

この状況の時にはこう言うふうにします、なぜならこう言う理由だから、と。

きちんとそれをする理由を説明するんです。


こうしておけば、多少の状況の変化にも対応できるかな、と思っていたんですよね。


でも、そんなに簡単でもなかった。

やはり、都合よく、やり方だけ聞きたいので、理由の所は聞いてなかったりするんですよ。


これね、何が怖いかって、汚れが落ちないだけでなく、場合によっては色が剥げたりする可能性もあるやり方の時もあるって事なんですよね。


洗い方に万能なものはないのですが、聞いてる方は割と簡単に聞いちゃいます。

すると、違いもわからないのに応用をしようとして失敗する。

僕らが下手に教えたばっかりに、です。


ねえ、悩むんですよ、これ。

説明の仕方が悪かったのか、わかりにくかったのか、聞きたいことと違ってたのか。

危険なケースも説明をすればよかったのか。


いろんなことが頭の中をよぎります。


消費者は基本的な服の情報や洗濯の情報など知りません。

なので、きちんと細かく説明をしないと間違った解釈をしてしまいがちです。



先日も、とある洗剤の使い方で、以前、倍入れたほうがいいですよ、とお話をしたことがあったんです。

これって特殊な例で、なぜ倍入れるか?と言うと、中の成分が足りないから。

縮ませないようにする成分が少し足りないので多めに入れてください、という意味でお話ししたんですね。



すると、数年後に、洗剤は倍入れたほうがいいと言われたからそうしている、と言われてしまって。

いやいや、あの話は特別な話で、普段の洗剤は適量じゃないとダメなんですよ、と説明。

洗剤は多く入れても効果がないので、水の量に合わせる必要があります、と説明をしたんだけど、多分聞いてくれてないなあ。


ねえ、こんな風に都合よく切り取られてしまって、必要な情報が伝わらないケースがよくあるんです。


伝えるのは難しい。



やり方だけ覚えようとしてもダメです。

洗濯においては、洗い方を決める際の条件が複数あるので、ひとつに絞って覚えてしまうととても危険。



服の素材、デザイン、色、汚れの程度、これらを加味して洗い方を決めていきます。

やり方だけ知りたいのもわかるんですけど、それだと失敗につながりかねないのでお勧めしません。


僕らクリーニング師っていう国家資格を持って仕事やってるんですから。

それだけでも大変な仕事だって思いません?

簡単に洗えるならそんな資格必要ないですからね。

わざわざ国家資格になってる事も含めて、洗うって簡単に済ませちゃダメなんですよ。


ご相談、質問はどんどんして来てくれて構いません。

その代わり、分かりづらいかもしれませんが、頑張って説明を聞いてみてください。 

きちんと聞いたら失敗なく洗えるようになりますよ。



| |

« おしゃれとは。 | トップページ | とにかく暑い! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おしゃれとは。 | トップページ | とにかく暑い! »